公開

アメリカ看護師試験NCLEX-RNに合格して
アメリカで働けるようになるまでの手続きや経験談

アメリカ看護師試験NCLEX-RN試験に合格して、アメリカ看護師免許取得しただけでは、 アメリカで看護師として働くことはできないんです。アメリカで働くためには、必ず永住権か労働ビザを取得する必要があります。こアメリカで看護師として働くまでの手続きやステップを経験を元に書き出してみました。

看護学生・看護・看護師・アメリカ看護・海外生活などに関するVLOG動画配信中

↓↓↓↓↓

YouTube・カメナースチャンネル

アメリカで働くまでのステップ

アメリカ看護師試験NCLEX-RN試験に合格。

永住権(グリーンカード)申請のスポンサーになってくれる病院や施設、企業などを探す。

*看護師専用の優遇労働ビザであったH1Cビザが廃止になったので、アメリカで看護師として働く場合の申請は、H1Bビザで労働ビザを取得した友人もいますが永住権申請が一般的な感じになってます。

*アメリカ看護師も人手不足と言われているが、2008年のリーマンショック以降、アメリカ人も安定した賃金が収入になる看護師の職業の良さに気が付いてき、看護師になるための大学はアメリカ人にも人気になってきています。それにより、移民である私たち日本人をスポンサーして雇い入れたい病院の数が激減してきました。そのため永住権スポンサー探しが難しい状況が続いているかと思います。

*カメナースの行った看護留学のクラスには、20−25人くらいのクラスメートがいたが、自力で永住権スポンサーを探せたのは3人のみ、労働ビザスポンサーを探せたのも2人のみ。


【永住権申請スポンサー探す方法は3つ】

  • 働きたい病院や施設、企業にボランティアへ行き、自分の仕事ぶりを認められる
  • OPTやCPTなどの期間限定労働許可を利用して病院で働き、自分の仕事ぶりを認められる
  • 知り合いなどのコネクションを利用する
  • 永住権申請スポンサーまで探してくれる看護留学エージェントを探す
  • (看護留学エージェントを利用する場合、看護留学費用とは別料金になっている場合があるので、費用に要注意してね)


通常、労働ビザや永住権(グリーンカード)申請のスポンサーが見つかると移民弁護士を探す。

*信頼のおける移民弁護士を見つけるのも大変です。費用もわりと高い場合が多いです。

移民弁護士から永住権申請手続き方法が伝授される。

申請の役職に該当する平均給与額を労働局より取得して、その給与額の支払いをスポンサー側に保証してもらう。

申請の役職を求人募集にて公募。

*申請の役職に該当する能力と意志を持った看護師がアメリカ人が存在しない事を求人募集にて公募する。

求人募集にて申請の役職にあたいするアメリカ人がいなかった場合、移民弁護士さんがアメリカ人で役職が補えない証明を作成してくれる。

移民弁護士の指示に従って、永住権申請スポンサーに申請書類作成をお願いする。

*スポンサーのタックスID番号や過去の納税申告書 (Federal Tax Return) などの書類証明など移民弁護士さんが何の書類が必要か案内してくれる。

移民弁護士の指示に従って自分の申請用書類を集める。

*看護学校卒業証明書、単位証明書などCGFNSに提出した書類プラス日本での職歴などの提出が必要になることもある。これも移民弁護士さんが何の書類が必要か案内してくれる。

労働認定書申請(PERM/Labor Certification)。雇用ベース永住権申請がやっと開始できる。

*労働認定書の申請日がPriority Dateと呼ばれる日になって、どのくらいで次のステップへ行けるか確認できるようになる。

労働認定書の許可を元に、移民局へ雇用ベース移民ペティション (I-140 Petition for Immigrant Worker)申請。

*次のステップのアジャストメント(I-485 Adjustment of Status)申請 が可能となるまでの間、数年の待ち時間が生じる場合がある。申請の時期によって、どのくらいの待ち時間平均になっているのか見ることができる。

*移民局が申請書類を受理した時点で、受理書(Receipt Notice)がもらえる。発送から約1、2週間。受理番号が入手できるので、移民局のウェブサイトにて申請状況の確認ができるようになる。

*移民局から追加書類を要求されることもある。

アジャストメント申請 (I-485 Adjustment of Status)

*アジャストメントが完了したら、就労許可証(EADカード)がもらえるので、この時点でやっと看護師として働けるようになる。

*アメリカにいる場合、日本に一時帰国したいなどの、一時渡航許可証(Advance Parole)の申請もでいるようになる。

米国大使館での移民ビザ申請 (Consular Process)

永住権(グリーンカード)がもらえる

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。