公開 更新

【一番人気】カメナースが実際にCGFNSに提出した単位振り分け表

【一番人気】カメナースが実際にCGFNSに提出した単位振り分け表

CGFNSへの申請は「アカウント登録」や「単位の振り分け」などを全て英語で行いますが、これらは英語が不慣れな申請者さまや卒業校さまにとっては大変な作業です。

この資料は、カメナースがCGFNSの審査を合格したときに「実際にCGFNSに提出した書類の実物」です。あなた自身とあなたの卒業校で、単位の振り分けをする際の「お手本として」「参考として」お役立ていただく資料です。

こんな方向けです。

  • 申請者さまと卒業校さまご自身で申請を行いたい
  • CGFNS申請パスした「実際の提出書類」を見て、自身の提出書類と比べたい
  • 単位の振り分けで迷っている
  • エージェントに見積もりしてもらったが費用が高すぎる
  • CGFNSの単位振り分け表で、単位不足にならないか不安
  • 最初の一歩で、失敗したくない
  • 卒業した看護学校に極力迷惑をかけたくない

資料の内容

  1. 看護シラバス・カリキュラム(日本語&英翻訳)
  2. 単位修得表(日本語&英翻訳)
  3. CGFNS単位振り分けブレークダウン用紙(英語)

情報保護法に基づき学校レターベッドは除いております、ご了承ください。

こちらの書類は全て「ATA(アメリカ翻訳協会)公認の翻訳者の方にお見せして、翻訳に間違いがないという証明された」書類です。

翻訳業者やエージェントに依頼すると、「単位の振り分けのみで、軽自動車1台分くらいの費用」を請求されることもあります。

CGFNS申請は「アメリカ看護師になるための第一歩」です。
アメリカで就職するまで長くお世話になる機関です。

不安なまま手続きをしてしまい、単位不足と勘違いされ、何度もCGFNSへ連絡が必要なることも十分に起こりえます。

CGFNS審査は早い人で6ヶ月、通常1年くらいで審査が終了します。提出必要書類に何らかのトラブルが発生した場合は、もっと時間がかかる場合があります。

細心の注意を払って、「CGFNSへ提出する書類作成」の「補助資料」としてお役立てください。

カメナースの基本ポリシー

カメナースは、申請者さまご自身でCGFNSの申請を行っていただくことをオススメしています。その理由は下記の通りです。

  • 極力費用をかけない(費用をかけるのはCGFNSでなく「移民弁護士費用」です
  • 情報弱者にならない
  • 英語力やアメリカでやっていく「力やスキル」を養う(←ここが重要)
  • アメリカ看護師になるために必要な「モチベーションアップ」
  • ご自身で申請することで、代行エージェントを通しての費用を大幅に削減できる

最初は大変なことが続くかも知れません。
日本のように「やってくれて当たり前な文化が通用しないのがアメリカ」です。エージェントに代行しても結局は自分でやることになります。

それでもやっぱり不安」という方には「カメナースメンター | 日米看護に挑戦する人を応援するサービス」もご利用いただけます。

ご購入の前にご利用規約をご確認ください

上へ