公開 更新

アメリカ看護師試験NCLEX-RNにめちゃ役に立った本・問題集&オンライン

アメリカで看護の仕事がしたい。
アメリカ看護師免許取得試験NCLEX-RNに一発で合格したい。
費用も少なく、なるべく早く合格を確実にするために何をするか。

自分に合った良い本&問題集、良い勉強方法を見つけだすことが一番かと思います。

この記事では、
よかったなと思った本&問題集の詳細を書いています。 その後、オンライン勉強についてと、少し盛り沢山になります。

まずはじめは、この本からアメリカ看護師免許取得試験NCLEX-RNの勉強を始めました

サンダースコンプリハンシブレビューという本です。本の表紙にはSaunders Comprehensive Review for the NCLEX-RN Examinationby Linda Anne Silvestri PhD RN (Author)と書いてあります。本の厚さは約3cmくらいの本です。古いバージョンもありますが、新しいエディションを手に入れて勉強するのが良いのかな、と私は思います。本のお値段は約$60くらい。

このサンダース(Saunders)の本はカメナースが約150-180万を投資して行ったアメリカ看護師になる為の試験対策コース(NCLEX-RN試験対策学校)でも使用されていた本です。
NCLEX-RN試験対策本は様々な出版社から色々な種類がたくさん出回っています。しかしこのサンダース(Saunders)の本は、アメリカの大学の先生やアメリカ人のアメリカ看護師になった友人も薦める本でNCLEX-RN試験対策用の本の中ではベストセラーになっている本みたいです。エディションもよく新しいバージョンへアップデートされている本なので最新バージョンが手に入れやすい本です。

Saunders Comprehensive Review for the NCLEX-RN Examination, 8e

前までは、アメリカのアマゾンからしか買うことができなかったのですが、いつのひからか、日本のアマゾンでも買うことができるようになってます。

Amazon

NCLEX-RN試験勉強をこの本から始めるのが良いなと思った理由には、 まず始めに知っておいたほうが良いNCLEX-RN試験とはどういったものなのかの説明があるところです。NCLEX-RN試験は大きく分けると4つのカテゴリーから問題が出題されます。

NCLEX-RN試験の4つのカテゴリー

  1. 安全で効果的なケア環境
    (Safe and Effective Care Environment)
  2. 健康増進とメンテナンス
    (Health Promotion and Maintenance)
  3. 心理社会的統合性
    (Psychosocial Integrity)
  4. 生理的統合性
    (Physiological Integrity)

上記のカテゴリーから、何パーセントの割合で問題が出題されるか情報が書かれています。さらに、問題形式にはどのようなタイプのものがあるのか、試験を受けるにあたってどのように勉強を進めていくのが良いのかの戦略も親切に書かれています。各カテゴリーはフルカラーでイラストもあり、表も掲載されていて見やすくまとめられています。カテゴリー内には解説的な説明があり、そのカテゴリーに関連したNCLEX-RN試験問題と解答、なぜその回答になるのかの説明文があります。

このことが書かれていることで、看護学校へ行くことなく、看護学校で座学修学するのと同じように看護講義=解説→試験対策問題の実践→復習と勉強が進められることになります。

サンダース(Saunders)には、テキストとオンライン合わせてNCLEX試験問題も5,200包括されていました。オンライン問題はNCLEX試験と同様に各カテゴリーから何パーセントの割合で出題されているかの情報が組み込まれているようで、PCコンピューターを使用してNCLEX試験問題を解けるのでテスト練習のためにすごく!良いと感じました。

YouTube|カメナースChannel
【看護師】NCLEX-RN試験合格に役だった本と問題集の紹介

次に良かったのが、有名なアメリカ試験対策学校が発行の本

第二言語としての英語学習(ESL: English as a Second Language)やNCLEX-RN 対策の学校で有名なカプラン(Kaplan)から出版の問題集になります。

新しいエディションが毎年発行になる本です。新しいものを使用した方が良いかなと思います。2019年バージョンはだいぶ表紙の見た目が変わってる!

NCLEX-RN Prep Plus 2019: 2 Practice Tests + Proven Strategies + Online + Video (Kaplan Test Prep)

こちらも、前までは、アメリカのアマゾンからのみしか買うことができなかったのですが、いつの日からか、日本のアマゾンでも買うことができるようになってます。しかも2019年新バージョンが出ました!

Amazon

カプラン(Kaplan)の本は問題の数が比較的少ないので負担にならない問題集でした。しかし、問題数が少ないため、このカプランの問題集1冊だけでアメリカ看護師試験NCLEX-RNに1発合格をめざすのは少し難しいのではないかといった感想です。

このカプランの問題をやる中で、サンダースコンプリハンシブレビュー(Saunders Comprehensive Review) では出てなかった問題や関連アドバイスがありました。その内容は自分専用インデックス・スラッシュカードに追加していき隙間時間にみて、読んで、聴いて記憶しました。自分専用インデックス・スラッシュカードは常にアップグレードが必要でした!

このNCLEX-RN カプラン(Kaplan)のオンライン問題は何問の質問数だったか記憶していないのですが.....確か95問だったような?その決まった問題数を制限時間内に回答し、その回答が合格基準に達する程度の回答率だったのか、どの分野がどのくらいの正解率だったか計測してくれる。

しかし、NCLEX-RN 試験本番はご承知のとうり、最小75問、最大265問の問題がCAT形式で出題になるんです。

オンラインは1回やっても、また繰り返しもできるので、もし合格基準にあまりに達してない場合は再度オンライン問題にチャレンジできる。しかし、問題の内容は同じなので以前にやった問題を復習していれば全問正解できるといった感じになってしまうので、そこがこのNCLEX-RN Kaplanの改善して欲しいなと思ったことでした。

しかし、アメリカ看護師試験を受けたことがある多くの人は、本番の試験形式、カプランが一番似ていると感じるようです。私は、試験当日、何の問題について出題されたかは覚えています。形式まで判断できる余裕がありませんでした。

アメリカ看護師試験NCLEX-RN 対策、自分の弱点を克服した本

カメナースの場合は、このリッピンコットの問題集は図書館にあった古いエディションを使用して勉強しました。新しいエデションも次々に発刊されるので、新しいエディションを使うのが一番良いと思います。しかし古いエディションでも問題数が多いので、試験合格のためにだいぶ約にたったなと思っています。

何故かと言うと、リッピンコット(Lippincott )は特に産科、小児科、医療外科、精神保健看護を特に重点的にサポートするように設計されていたからです。カメナースは日本の看護学校、日本の看護師国家試験以来、産科、小児科、精神保健看護の分野は看護師になってから全く触れていなかった分野だったので役に立ちました。

産科の分野は特に問題と正解回答、どうしてその回答になるのかの説明かなりわかりやすく解説されていました。

サンダース(Saunders)の本でも、もちろん同じ分野は勉強できました。
しかし、リッピンコット(Lippincott ) のほうが、産科、小児科、精神保健看護の分野が詳しく図や表などが組み込まれていて、サンダース(Saunders)にはない情報もたくさんありました。リッピンコットのおかげで、産科、小児科、精神保健看護の分野の模擬テスト点数かアップした感じがします。

Lippincott's Q&A Review for NCLEX-RN (Lippincott's Review for Nclex-Rn) 10th (tenth) edition

リッピンコット、日本のアマゾンでも売られています。でも日本アマゾンで購入すると高いです。この記事を書いている時点で、¥23,141。中古なら¥4,684。

Amazon

Lippincott's Q&A Review for NCLEX-RN (Lippincott's Review for Nclex-Rn) 10th (tenth) edition

リッピンコット新しいエディションはアメリカアマゾンで、お値段、約$60です。アメリカアマゾンで買って転送サービスを使った方が安くて、新しいエディションが買えます。

USA Amazon

テスト勉強の不安を軽くしてくれた本

モスビー(Mosby's) の本の表紙にはMosby's Comprehensive Review of Nursing for the NCLEX-RN Examination, 20e (Mosby's Comprehensive Review of Nursing for Nclex-Rn) 20th Editionと書かれれます。

この問題集もカメナースの場合、図書館にあった古いエディションを使用して勉強しましたが、新しいエデションも次々に発刊されるので、新しいエディションを使うのが一番良いと思います。このモスビー(Mosby's)のNCLEX-RNの対策問題の総数はエディションによって異なると思いますが、 20th Editionでは、4,200問あるので、これをやるとかなりの実力がつきます。やはり、問題集をやるうちにサンダース(Saunders)やリッピンコット(Lippincott)、カプラン(Kaplan)ではこんな説明やこんな問題なかったけど!と思うような問題や問題に対する説明解説がでてきました。もちろん、そんな情報は自分専用インデックス・スラッシュカードにまとめました、自分専用インデックス・スラッシュカード・アップグレード!

Mosby's Comprehensive Review of Nursing for the NCLEX-RN Examination

モスビーは日本のアマゾンからは、まだ買えないようです。

USA Amazon

アメリカ看護師試験NCLEX-RNは、受ける受験者、一人一人、異なった形式で問題が出題されます。自分の弱点を克服するには、何冊かの本&問題集、オンラインを使用して自分の弱点を無くす勉強法を取り入れない限り、1回の試験、最小問題数の75問では合格できないと思います。

以上が、NCLEX-RN試験問題数最小の75問で1発合格に役に立った本&問題集達になります。次は利用したオンラインについてです。

コンピューター試験に慣れる&模擬テストとして絶対活用!アメリカ看護師試験NCLEX-RN対策オンラインサイト

私個人は、紙媒体の本がオンラインよりも好きです。しかし、アメリカ看護師試験NCLEX-RNは日本の看護師国家試験とは異なり、パソコンで行われる試験です。

オンライン操作にも慣れておく必要があると感じてました。
それからサンダース(Saunders)、そしてカプラン(Kaplan)と本&問題集を進めた中で、カプランのオンライン模擬試験採点をやってしまっていたので、他のアメリカ看護師試験NCLEX-RN本番形式に近いオンラインオンライン模擬試験問題をやって、自分のテストスコアを知りたかったと言う理由で、一緒にアメリカ看護師試験NCLEX-RN勉強をしていた友達も私も、このUworld Q-バンクの一番短いコースを利用しました。

Uworld Q-バンク

Uworld Q-バンクは問題解説や図表が充実しており、自分の成績スコアのデータに応じて対策を考えながら勉強できると良い評価のオンライン。
勉強する期間を選ぶことができ、自分に合った利用期間により購入金額を選ぶことができるのもこのUworld Q-バンクの良いところでした。

Uworld オンラインQーバンクサイトへのリンク

Mosby's Comprehensive Review of Nursing for the NCLEX-RN Examination

Uworld Q-バンク、いつからか、アマゾンでアプリがダウンロードできるようになってます。私はアプリは利用していません。しかし電車通勤中や隙間時間にスマホ1つでNCLEXの勉強できるの良さそう!なんせ、Uworld開発のアプリですからね。

Amazon

NCLEX試験対策コースで有名なカプランのQ-バンク

こっちも、勉強する期間を選ぶことができ、自分に合った利用期間により購入金額を選ベるQ-バンクです。

こちらは私、利用してません。しかし同じ180万投資して行ったが学校で知り合った同級生が、Uworld Q-バンクもこちらも両方、利用して1発合格したオンラインQ-バンクです。その同級生が利用したときは、下のリンクから見れるインターフェースではありませんでした。カプランは毎年、新刊のNCLEX対策本を発刊している会社なので、オンラインも常にアップグレードしているのかもしれません。

カプランのQ-バンクサイトへのリンク

あまりに長くなったので、次の記事にて、

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。