公開 更新

【国際看護師】アメリカ看護師免許、日本看護師免許を活かし取る方法|手続きの流れ

こんにちは、
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師+ネイリストのカメナースです。

【 YouTube フォローはこちらから 】 
【 note フォローはこちらから 】 
【 twitter フォローはこちらから 】 

『日本の看護師免許を活かして、国際看護師になれるの?』
どのような手続きすればよいのかな?
自分でできるのかな?
間違いなく準備できてるかな?
心配な気持ちよくわかります。
私がそうでしたから...

留学の手続きを代行してくれるエージェントさんの費用が高い。
看護に詳しくない人が代行している、代行料金支払いしたのにトラブル続きで、なかなか受験の許可が降りない。手続きを依頼して、留学してみたら、ものすごいことを発見してしまった。

留学したのに同期の学校の人は、
みんなライバルで詳細な情報を聞けない、話してくれない
『なんとか、自分で解決できる方法はないのでしょうか?』色々な、たくさんメッセージをいただきます。

そこで、この記事では、アメリカ看護師になる手順と手続きの詳細を理解して、諸事情がある方でも、自分で免許を取ることができるように記事にしました。国際看護師・アメリカ看護師免許を取る費用を先に知っておきたいときは、下の【国際看護師】日本の看護師免許活かして、約9万円でアメリカ看護師免許を取る詳細 をご覧ください。

【国際看護師】日本の看護師免許活かして、約9万円でアメリカ看護師免許を取る詳細

日本の看護師国家試験を受けて正看護師免許を持っている看護師は、その免許を活かして国際看護師(世界で給料も一番高い、アメリカナース免許)を取得できます。英語勉強の費用へ回して確実に免許を取りたい看護師さん必見です。免許を安く取得する費用・2パターンで紹介してます。

これからアメリカの国際看護師になっていく方、この記事を読んでいるあなたの手続きがスムーズに進み、『やりがいのある看護』ができますように

【国際看護師】アメリカ看護師免許が取りやすい、ニューヨーク州看護師免許の手続き【3ステップ】のみ見たいときは、目次をクリックすると内容へジャンプします。

国際看護師・アメリカ看護師には、日本の看護師免許を活かしてなることができるの?

あなたが、
日本の看護専門学校、看護短大、看護大学でした、
『看護の勉強』
『看護実習』
『看護師国家試験』
『日本での病院で働いた臨床経験』
これら、
国際看護師になるために、アメリカで活用することができます。

アメリカ看護師になる為の『受験資格』も手に入れているんです。

日本看護師になるために取った『単位』を『アメリカ看護師になるための単位』に、換算・審査するシステムが、アメリカと日本の間にあるんです。

受験、『東京』と『大阪』でも、受けることもできます。

アメリカ看護師免許|州によって受験資格・受験条件が厳しい州もある

日本の看護師の免許は、どこの県で働くにしても、同じ看護師免許で大丈夫です。

アメリカの場合は違うんです。

アメリカの看護師免許は、ニューヨーク州、ハワイ州、カリフォルニア州、ミシガン州など、各州から発行されます。アメリカには50の州があります。

州によっては試験受験の条件が厳しい州もあります。
反対に、わりと簡単な条件で試験を受けることができる州もあります。

アメリカ50州の中から、どこの州の看護師免許を取るのか?それにより、手続きの仕方が若干、違うことを知っておいてください。

パートナーが海外転勤になる可能性
アメリカの都会
アメリカの地方
人気のハワイ州
消費税がないオレゴン州
看護師の給料が世界一良いカリフォルニア州
など。
国際看護師・アメリカ看護師免許を取る前に、
各州の特徴を把握しておくと良いです。

そして、その州の試験を受ける”条件”をよくみてみましょう。https://www.cgfns.org/select-your-service-by-state|リンクから各州の条件を確認することができます。(英語)

ナース目線でアメリカ50州の特徴まとめ

漠然とアメリカ看護師になりたい、どこの州で働きたいか考えてみたことはありますか?アメリカの看護師免許は州ごとに発行されるので今日は州の特徴をまとめてみました。

国際看護師・アメリカ看護師免許をとるのに厳しい州の例えは、
カリフォルニア州です。
ビバリーヒルズ、ハリウッド、サンタモニカ、マリブ、ディズニー、ユニバーサルスタジオなど、日本人にも良く知られる、観光客も多い人気の州です。

厳しい・カリフォルニア州

  • ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)が必要
  • 英語テストスコアが必要(TOEFL iBT 75 程度または、IELTS Overall 6.5 Spoken 7.0 程度)

この【2つの条件】を受験の前にクリアしていないと、 試験を受けることができないからです。

ニューヨーク州・受験しやすい

  • ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)不要
  • 英語テストスコアが必要なし

厳しい州のカリフォルニア州と比べ、ニューヨーク州の受験に必要なことは、日本の看護師免許があることだけです。

各州の情報を体験談やYahoo知恵袋で調べて、
免許取るのに厳しいカリフォルニア州、ハワイ州だからと、
あきらめる必要はないです。

例えば、ニューヨーク州看護師免許を取って、
その免許を他の州に、『試験なし、手続きのみ』で、移動することができる州もあります。

また、いろいろな州をまたいで仕事ができる『アメリカ看護師免許提携のシステム:NLC』もあります。
トラベルナースは、このシステムを利用して、いろいろな州で仕事をします。
詳しくは、下記の記事にまとめています。

この先は、私も取得した、アメリカ、ニューヨーク州の看護師免許をとる、手続きの流れを体験付きで、解説していきます。

下のYoutube、カメナースチャンネルでは、噛み噛みで恥ずかしい限りですが、『看護師免許活用してアメリカ看護師免許が取る流れ』をお話してます。
よろしかったら、ご視聴ください。

チャンネル登録、いいね、最新の動画投稿お知らせ通知ベルマークをオンにしていただけると、動画制作のモチベーションがアップするので、よろしくお願いします^^

看護師免許活用して国際看護師・アメリカ看護師免許が取れる

このカメナース・日本&アメリカ国際看護師ブログの記事、Youtube動画に出現する、英語や略語の意味がわからないときは、下記の『オンライン辞書』で調べることができます。

アメリカ看護師免許が取りやすいニューヨーク州の手続き3ステップ

ニューヨーク州看護師免許を取る手順3ステップ

1. 日本で取得した単位の審査を受ける

日本の高等学校と看護の学校で取得した単位と日本の看護師免許を『CGFNS審査機関に提出して』 審査を受けました。

私は看護専攻科(看護科の中で一番少ない単位で看護師になれるコース)卒業ですが、不足な単位もなく、私の不注意で、審査に時間がかかってしまいましたが、アメリカの看護専門学習課程で追加の修学をする必要も無く審査に合格できました。

この日本で取得した単位の審査『手続き』と『提出書類準備』が最大の難関の1つです。
その理由は、日本の看護学校では英語での提出書類作成に不慣れな学校が多く、履修している科目の表現方法によっては、受験要件を満たしていないと見なされてしまい、受験許可がなかなかおりないこともあります。
不備があると受験条件の審査に時間がかかるので、どのような物を提出したか、手続きの方法、注意点など、note記事に詳しく書いています。
(めちゃ長い記事です)

【2020年版】看護師留学する前に絶対知って欲しい危険・体験談

国際看護師になって、海外で就職を目指すなら、自分が働きたい州の資格を取るに、こだわる必要はないと。いかに目指すゴールに『早く』『安く』たどりつくかです。最新2020年版、体験したからわかる国際看護師へ最短で損せずになる方法を知ることができる記事。

2. ニューヨーク州の試験を受ける受験番号を発行してもらう

CGFNS審査に合格後、ニューヨーク州の試験を受ける受験番号を発行の手続きを進めました。
自分のオンラインアカウントを作り、料金を支払いました。(2019年現在の申請料金$200です、クレジットカード支払い可能です)

CGFNSが自動的に、審査合格の結果を転送してくれたので、費用さえ支払えば、受験番号(ATT:Authorization to Test)が発行されて、届くのを待つだけでした。

ATTが届いたら、オンラインにてアメリカ看護師試験(NCLEX-RN)を自分の好きな日で予約を入れました。

自分の好きな日、好きな時間に試験を受けることができるアメリカ看護師試験、これは日本の看護師国家試験とは大きく違っていて、うれしかったです。

このステップ2の手続き方法は簡単ですが、どこからオンラインアカウントを作るのかなど、下記の記事にまとめています。

アメリカ看護師試験を受ける時に必要な受験番号:ATT

日本の看護師の免許を活かして、アメリカナース免許を取りたときは、CGFNS審査、その後、アメリカ看護師協会(Board of Registered Nursing)へ申請し受験番号ATTを取ります。この受験番号を取る手続きの詳しい記事です。

3. アメリカ看護師試験( NCLEX-RN )を受ける

アメリカで看護師になるための試験の名前はNCLEX-RN(エヌクレックス_アールエヌ)と呼ばれています。

RNはRegistered Nurseの略語で看護師ことになります。
このNCLEX-RN試験に合格できればアメリカ看護師免許が取れます。

アメリカにも2-3年で取れる准看護師の資格もあります。この試験はNCLEX-PNと呼ばれています。

アメリカ看護師試験(NCLEX-RN)は、CAT(Computer adaptive test)と呼ばれるテスト形式で、パソコンを使う試験です。
日本の手書きマークシート形式の看護師国家試験とは大違いです。


パソコンのスキルは、マウスの操作ができれば良いくらいな感じですが、日頃からパソコンに慣れていたほうが断然良いかも...

試験の問題は、受験者全員、違った問題です。

受験者それぞれ、 違った問題内容、
違った問題数
の試験になります。

回答が全問正解の人は、一番少ない75問の出題です。
反対にできが悪るすぎる人も、75問で試験が終了になります。

いつまで問題を解いても、合格、不合格の判定がつかない人の場合は、 最高で、265問まで問題が出されます。

試験の制限時間は、6時間以内です。試験が終わった時点で退室します。

問題は、約3000問の問題の中から、受験者の回答した答えによって、次の問題の内容が人それぞれ違うので、AIが組み込まれている最新な印象に感じたのは、私だけではないと思います。

アメリカ看護師資格試験 NCLEX-RNについて、もっと詳しくまとめた記事があります、こちらをタップしてください。

下の記事は、『日本の看護師国家試験とアメリカ看護師試験(NCLEX-RN)の違い』をまとめた記事です。よろしかったらご覧ください。ここをタップするとYoutube動画を見ることができます。

アメリカ看護師試験( NCLEX-RN )に合格して感じたこと

私は、なんて、お金と時間を無駄遣いしてしまったんだろう。

私は、アメリカ看護について、情報が少なかったこともあり、あまりできていない状態でした。

アメリカの看護師の給料は高いのも有名、学校も学費が高いことでも有名です。

しかし、アメリカで看護師として仕事をする中、後輩が試験を受けたいことで、自分のアメリカ看護師試験を振り返る機会を得ることができました。

知り合いのアメリカ看護師からの話を聞いたり、ある程度英語がまともに読めるようになり、

  • 高額な費用を使わず
  • 時間も効率的に
アメリカ看護師免許を取ることができ、アメリカ看護師として働く方法を知ることができました。

特に、日本の看護師免許を持っている看場合は、お金もそれほどかけず、州によっては難しくなくアメリカ看護師の免許を取得でき、アメリカで働くことができるのですから...

アメリカの学費は日本のおおよそ10倍、
看護師の給料も徐々に日本の10倍になるアメリカ。
カリフォルニア、ニューヨーク、ハワイなど、魅力的な都市で、やりがいのある看護師として、お金の心配せずに生活していける。

そんな環境を手に入れるためには、行動とあきらめない根性、努力が必要です。

まずは、
インターネットを介して、経験者から直接、情報を調べることができるので、情報収集してみることから始めると良いと思います。
インターネット上には、良い情報しか掲載してない、間違った情報も掲載されているので、情報は厳選しないとダメが事実です...

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。