公開 更新

【国際看護師】アメリカ看護師免許を日本看護師免許を活かし取る方法|手続き・留学・疑問解決まとめ

【国際看護師】アメリカ看護師免許を日本看護師免許を活かし取る方法|手続き・留学・疑問解決まとめ

こんにちは、
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師のカメナースです。

日本の看護師免許を活かして、国際看護師になれるの?
なりたいけど自分にできるのかな?
英語得意でないし...
自分で準備や手続きできるのかな?
そんな心配よくわかります。
だって私がそうでしたから...

そこで、今回はそんな悩みを持つ方のための記事です。
一番大変なのは留学でもなく、勉強でもなく、就活です。
お金を使うタイミングを間違えないで...
こんな内容になってます。

『国際看護師になりたい』イコール『即・看護留学』?!

私カメナースが失敗したと思ったこと

あなたのゴールが『海外で看護がしたい』のでしたら、即・看護留学はゴールを遠ざけてしまうかもしれません。

カメナースや多くの留学体験者は、いつ留学したらいいのかを知らずに留学してたからです。

留学中にアメリカ看護師免許を取らなければ期間限定の『看護インターンシップ OPT 』すらできないのです。

留学するならアメリカ看護師免許を日本で取った後

あなたが日本の看護師免許を持っていて、『海外留学して国際看護師なろうかな〜』と考えているのなら、海外留学のタイミングは、日本でアメリカ看護師試験NCLEX-RNに合格した後が一番だと思うのです。

アメリカ看護師免許を取った後に留学すれば、就職先が早めに見つかれば留学期間を短くできますし、留学期間を最大限に使って看護師として就活することが可能です。

もし看護師として最初から仕事する自信ない、そんなときは看護助手や准看の求人も視野に入れて就活も可能です。

中には留学せずに就活に成功した後輩もいます。
留学のタイミングを見誤ると時間とお金を浪費してゴールが遠くになってしまうのです。アメリカ看護師の就活は日本と違うの記事もあわせてご覧ください。

留学もせずにアメリカ国際看護師になれるの?

国際看護師になるために最初に必要なこと

でも、『留学もせずにアメリカの看護師試験に合格なんて難しそう』って思う方。実は、NCLEX-RN試験に必要なのは『中学程度の文法で書かれた英語が読める』そして『看護がわかる』この2つがあれば大丈夫です。

日本の看護師国家試験を受けたあなたならわかると思いますが、NCLEX-RN試験も国試と同様、暗記(覚える事)が殆どです。英語が喋れる、喋れない、書ける、書けないは、NCLEX-RNを受験する段階では必要ありません。そもそも、『看護は世界共通』です。

アメリカ国際看護師になるゴールを達成できない人はどうしてなの?

アメリカ国際看護師になって、海外で仕事をするゴールを達成するには、『時間・勉強・お金』この3つを上手にマネージして実行するタイミングを間違えないことです。

これは看護計画と同じです。上手にマネージすれば、ゴールである「国際看護師として就職→海外移住」の近道になると強く感じました。

私、カメナース自身が、「これが分かってたら、そんなことしなかったのに!!」と思うことはたくさんあります。

私が通ったアメリカ看護師試験対策学校には、世界中から80人程の学生がいました。しかし、実際にアメリカで看護師として働くことができたのは、その中の10人以下です。「NCLEX試験の難易度が高いからでしょ?」そう思われるかもしれませんが、実はそれが理由ではありません。

最大の理由は、

  • 留学費用:生活費込みで1年半で約300万円〜
  • 移民弁護士費用:約100〜300万円

一番大変なのは留学でもなく、勉強でもなく、就活と移住』にあります。就活と移住に必要な費用を先に使い果たしてしまい挫折してしまうのです。

そこで、アメリカ国際看護師になるために必要な『全ての手順と手続き』何百万円、何千万円!!ものお金を使わずに!を記事にしています。この記事の一番下にリンクしています。是非、ご覧ください。

トラブルに巻き込まれないために

カメナースの読者さんからたくさんの相談を受けています。その中で特に多いのがお金に関することです。

  • 留学手続きの代行してくれるエージェントさんの費用が高い。
  • 費用が高いのに、看護に詳しくない人が代行している。
  • 代行料金を前払いしたのにトラブル続きで現地就職までたどりつけない。
  • 途中でサポートを中断された。
  • 支払った料金の中に一番サポートして欲しい部分の費用が含まれてなかった。
  • 留学したのに同期の学校の人は、みんなライバルで、詳細な情報を聞けない、話してくれない。

なんとか、解決できる方法はないのでしょうか?』 こんな感じのメッセージをたくさんいただきます。

留学って聞けば大半の人は憧れるイメージでポジティブな印象がありますよね。
でも留学した後に気づくことって、かなり現実的でネガティブなことも多いんです。読者さんからのご相談の中にも『信じられない!そんなことってあるの!?』って思うことが多々あります。

私の後輩にも、留学せずに就職した看護師もいます。頑張りしだいでカメナースブログの読者のみなさんにもできるはずです。

大事なのは「就職のとき」です。そのときに必要な「ビザスクリーン」というステップの際に、あなた自身が手続きを把握していないと、トラブルに巻き込まれることがあるので、もし代行業者さんに頼む方も、「手続きの詳細くらいはきちんと把握しておくのが懸命」です。

これからアメリカの国際看護師になっていくあなたが目標を達成して、『やりがいのある看護』ができますように

アメリカ看護師には、日本の看護師免許を活かしてなることができるの?

日本の看護師免許を持っているあなたは、アメリカ看護師になる為の『NCLEX-RNの受験資格』も同時に手に入れているんです。

日本看護師になるために取った『単位』を『アメリカ看護師になるための単位』に、換算・審査するシステムが、アメリカと日本の間にあるんです。

アメリカ看護師試験「NCLEX-RN」は、『東京』と『大阪』でも受験することができます。

あなたが「日本の看護師国家試験に合格した直後の学生の方」であれば、すぐにでも勉強するのがベストタイミングだと思います。

「やっと勉強が終わったところでまた勉強!?」って思う方もいるかもしれませんが、将来国際看護師を目指すのであれば、記憶の新しいうちに勉強した方が効率がいいです。

アメリカ国際看護師免許|受験条件が厳しい州もある

日本の看護師の免許は、どこの県で働くにしても、同じ看護師免許で大丈夫です。

アメリカの場合は違うんです。

アメリカの看護師免許は、ニューヨーク州、ハワイ州、カリフォルニア州、ミシガン州など、各州から発行されます。アメリカには50の州があります。

州によっては試験受験の条件が厳しい州もあります。
反対に、わりと簡単な条件で試験を受けることができる州もあります。

アメリカ50州の中から、どこの州の看護師免許を取るのか?それにより、手続きの仕方が若干違うことを知っておいてください。

  • パートナーが海外転勤になる可能性あるとすればどこの州?
  • 都会がいいのか?地方がいいのか?
  • 人気の州はハワイ州とニューヨーク州
  • 消費税がないのはオレゴン州
  • 看護師の給料が世界一良いはカリフォルニア州

人によって選ぶ基準は様々ですが、アメリカ看護師の免許を取る前に、各州の特徴を把握しておくと良いです。

カリフォルニア州の受験条件は厳しい!ハードル高い!

私が免許を持っているカリフォルニア州は、看護師免許をとるのに厳しい州です。
ロサンゼルス、ビバリーヒルズ、ハリウッド、サンタモニカ、マリブ、ディズニー、ユニバーサルスタジオなど、日本人にも良く知られ、観光客も多い人気の州です。なぜ、カリフォルニア州は厳しいの?

厳しい・カリフォルニア州

  • ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)が必要
  • 英語テストスコアが必要(TOEFL iBT 83 程度、スピーキング 26 または、IELTSオーバオール点数 6.5 スピーキング7.0 程度)

この【2つの条件】を受験の前にクリアしていないと、アメリカ看護師NCLEX-RN試験を受けることができないからです。

ニューヨーク州・受験しやすい

  • ソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSN)不要
  • 英語テストスコアが必要なし

受験条件の厳しい州のカリフォルニア州と比べ、ニューヨーク州の受験に必要な条件は『日本の看護師免許があることだけ』です。

ソーシャルセキュリテーナンバー(SSN)とは

アメリカ社会保障番号のことで、日本のマイナンバーのようなものです。数字が9桁並んでいます。アメリカに留学しても、すぐには取れない番号です。

英語テストスコア

TOEFLスコアについては、TOEFL公式ページをご覧ください。
IELTSに関しては、CGFNSビザスクリーンでは何故TOEFLでなくIELTSスコアがいいのか?をご覧ください。

厳しい条件でもあきらめる必要はない

免許取るのに厳しい条件のカリフォルニア州、ハワイ州だからと、あきらめる必要はないです。

例えば、ニューヨーク州看護師免許を取って、その免許を他の州に、『NCLEX-RN試験なし、手続きのみ』で、移動することができる州もあります。私もニューヨーク州からカリフォルニア州へ引っ越ししたので免許移動しました。

また、いろいろな州をまたいで仕事ができる『アメリカ看護師免許提携のシステム:NLC』もあります。
トラベルナースは、このシステムを利用して、いろいろな州で仕事をします。
詳しくは、下記の記事にまとめています。

下の記事は、私が調べた他の州の受験に必要な条件です。

人気の高い、ハワイ州国際看護師になる方法は、下記の記事を参照してください。

この先は、私も取得した、アメリカ、ニューヨーク州の看護師免許をとる、手続きの流れを体験付きで、解説していきます。

看護師免許活用して国際看護師・アメリカ看護師免許が取れる

アメリカ国際看護師免許が取りやすいニューヨーク州の手続き3ステップ

ステップ1 - CGFNSで日本で取得した単位の審査を受ける

CGFNSとは、「Commission on Graduates of Foreign Nursing Schools」の頭文字をとった組織の名前です。日本語では「外国看護学校卒業者審議会」と訳します。まず最初にこの機関に書類を提出します。

アメリカの看護師になるにあたって、大きな難関の1つです。

理由は、「日本の看護学校では英語での提出書類作成に不慣れな学校が多く、履修した科目の翻訳によっては、受験要件を満たしていないと見なされてしまい、受験許可が「なかなか」おりないこともあるからです。

ですが、審査手続きは、『必要書類の準備に時間がかかることはあっても、看護過程を卒業した私達にとっては難しいことではない』んです。

なぜなら私たちは看護師ですもの

心配なのは、『看護のことを知らない、看護過程を修了していない留学業者の人や翻訳会社の人が手続きを代行すること』で、通常は半年〜1年で結果がくるあなたの審査結果の到着が遅れたり、不合格になることです。

私が卒業した看護学校は、専攻科2年制の学校で看護科の中で一番少ない単位で看護師になれるコースでした。ネイリストの学校の経験も加えてしまったため審査に時間がかかってしまいました(汗。

が、これと言って追加の修学をする必要も無く、『CGFNS審査』合格できました。

試験を受ける前の審査手続きを業者さんに代行してもらった方、少なくともカメナースに相談してきた方の中では「高い確率で、ビザスクリーンという就職・永住権を申請する最後の段階になってトラブルが発生」してます。

CGFNSの手続きは「アメリカ国際看護師をゴールに目指している全ての人が必ず把握、そして自分で行うべきこと」です。

そこで、履修した科目の表現方法に不備があると審査に時間がかかるので、
私カメナースが実際に提出した実物の必要書類
単位履修証明書
シラバス&カリキュラム日本語&英語翻訳
英語翻訳公認証明書
CGFNS専用の取得単位振り分け表
を「note.mu」にアップしています。

お手本として、参考として、あなた自身で手続きを進めて頂けるように作ったつもりです。
CGFNSのアカウントの作り方
手続きの方法
卒業校への書類の依頼の仕方
審査を長引かせないようにする注意点
も解説しながら、ステップバイステップで書いています。

アメリカ看護師になるためのCGFNSの手続きで少しでも不安に思ったらこちらのカメナースnoteをはじめるをご覧ください。

2. ニューヨーク州の試験を受ける受験番号を発行してもらう

CGFNS審査に合格後、ニューヨーク州看護師試験を受ける『受験番号発行』の手続きを進めました。

ニューヨーク州看護委員会のホームページで、自分のオンラインアカウントを作り、料金を支払いました。(2019年現在の申請料金$200です、クレジットカード支払い可能です)

CGFNSが自動的に、審査合格の結果をニューヨーク州看護委員会に転送してくれたので、費用さえ支払えば、受験番号(ATT:Authorization to Test)が発行されて届くのを待つだけでした。

ATTが届いたら、オンラインで試験日の予約を入れました。

自分の好きな日、好きな時間に試験を受けることができるアメリカ看護師試験、これは日本の看護師国家試験とは大きく違っていて、うれしかったです。

ステップ2の手続き方法は簡単ですが、オンラインアカウント作成先など、下記の記事にまとめています。

3. アメリカ看護師試験( NCLEX-RN )を受ける

先ほどから何回も登場のアメリカ看護師になるための試験の名前はNCLEX-RN(エヌクレックス・アールエヌ)と呼ばれています。

RNはRegistered Nurseの略語で看護師ことになります。
このNCLEX-RN試験に合格できればアメリカ看護師免許が取れます。
アメリカにも2-3年の修学で取れる准看護師の資格もあります。この准看護師試験はNCLEX-PNと呼ばれています。准看護師の資格のこと は、こちらの記事に書いていますので興味あればご覧ください。

アメリカ看護師試験(NCLEX-RN)は、CAT(Computer adaptive test)と呼ばれるテスト形式で、パソコンを使う試験です。日本の手書きマークシート形式の看護師国家試験とは大違いです。

パソコンのスキルは、マウスの操作ができれば良いくらいな感じです。

アメリカ看護師資格試験 NCLEX-RNについて、もっと詳しくまとめた記事。

下の記事は、『日本の看護師国家試験とアメリカ看護師試験(NCLEX-RN)の違い』をまとめた記事です。よろしかったらご覧ください。ここをタップするとYoutube動画を見ることができます。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事