カテゴリー記事

公開 更新

看護師目線で!アップルウォッチを深掘りしてみた!不整脈感知

看護師も健康的にスポーツジムへ通うナースはアップルウォッチ3が発売された頃からスマートウォッチへの関心が強くなっているなと感じていた。さらにアップルウォッチ4へのアップグレード、そして遂に新型Apple Watch 5でナースやナースマンの心を...

公開 更新

看護師|石田まさひろ議員、第25回参議院議員選挙当選

看護師として聖路加国際病院で勤務され、日本看護協会でも活躍され、日本看護連盟の幹事長もされ、尊敬の看護師で参議院議員の石田まさひろ先生が第25回参議院議員通常選挙に当選されました。おめでとうございます。

公開 更新

怖い夜勤に看護師はこんな物を持って行く

突然ですが、みなさんは病院での夜勤勤務と聞いてどう思いますか?何か怖いイメージを持ってしまう人も多いかも知れないですね。そうなんです、いろいろな意味で怖いです。身体に良くない夜勤勤務と知りつつ、怖い夜勤勤務を乗り切る為に私が病院に持って行く物を書いてみました。

公開

知らないと大変な目にあう可能性!看護師が働くぞれぞれの診療科の特徴

看護学校で勉強しただけでは、それぞれの診療科にはどんな特徴があってどんなところが良くて、どんなことが大変のか、そこに入院している患者さんはどんな感じ?など知らないと、病院へ就職して1年も経たずに仕事を辞めるなど大変な目にあう可能性もあります。看護師が働く場所はたくさんありますので、看護師が働くぞれぞれの診療科の特徴、自分の看護師経験目線や友人看護師から聞き取った情報で各診療科の特徴をまとめてみました。

公開 更新

コンピュータネットワークを活用した看護師の働き方

看護師の働き方は、以前にくらべて更にたくさんある昨今。コンピュータネットワークを活用して看護師が活躍できるようになっていますね。例えば、自分の得意な絵を書く技術にプラスして医療現場での経験を漫画やイラストにして仕事している看護師クリエイター

公開 更新

3K仕事と言われてても看護師になって良かったと思うこと

看護師になってから、早くも10年以上になりました。看護師になって良かったと思うことは何?と、よく聞かれることがあります。汚い、きつい、危険な仕事として3Kいや6Kと言われることもある看護師の仕事。私が個人的に看護師になって良かったと思うことを書いています。

公開 更新

DMATナースが地震や災害後の現場に持って行く緊急バックの中身

DMATナースが地震後の現場に持って行く緊急バックの中身は、患者さまの容態が急変してしまった時に使う救急カートの中と類似しています。この記事では、『緊急DMAT赤バック』の中身と、気管挿管の手順を書き出しています。

公開 更新

看護師がこれは持っておく役に立つと思われるプラス資格&スキル

Internet of Things(IoT)、Artificial intelligence (AI)やAugmented reality (AR)に多くの職業が仕事を奪われるのではないか?更に日本には容易には避けられない、地震や人口減少などの問題があるが、社会人の大人としては、先の予測や気持ちの準備や整理、備えをすることが一番。

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。