公開 更新

看護師にも働き方改革・副業(ダブルワーク)必要なのか?

看護師にも働き方改革・副業(ダブルワーク)必要なのか?

こんにちは、カメナースです。

最近、毎日のようにニュースやSNSで「働き方改革」や「副業(ダブルワーク)」に関することが話題になっていますね。

2019年4月1日より、働き方改革関連法案の一部が施行され、さらに新型コロナウイルスの影響で、これまでの働き方を見直すタイミングでもあるからです。

厚労省:「働き方改革」の実現に向けてのページリンク 

そこで今回は
私たち看護師も、働き方改革によって副業(ダブルワーク)をする時代なのか?
こんな疑問に答えます。

私は、看護師3年目から20代後半までの期間「ダブルワーク」をした看護師です。

副業(サイドビジネス)のような形ではなく、本業の看護師として複数の病院で仕事をしました。そう、日勤と夜勤を異なる病院でしたということです。

ダブルワークしたことでアメリカへ留学する費用(約900万円)も貯めることができ、ニューヨークに留学しました。

そして無事にアメリカ国際看護師になり、海外移住することができました。結果英語も上達し、大好な海外旅行も以前よりもっと楽しめるようになりました。

この記事は、そんな私カメナースが実際にダブルワークをして感じた経験についてのお話です。

看護師もダブルワークが必要な時代なのか?

日本政府の打ち出した「働き方改革」とは、今までの「正社員」でしか受けられなかった待遇を「フリーランス」で働く人たちにも広げていこう。こんな仕組みです。

1つの会社に留まることなく、複数の企業で働くことができる職業。一番に思いつくのが「IT系」です。「テレワーク」という出社する必要のない働き方は、今後もどんどん取り入れらることでしょう。

それでは私たち看護師はどうなのでしょうか?

そもそも看護師国家資格は、持っているだけで安定と信頼が確保されたようなもの。

そのため転職もしやすく、ダブルワークもしやすい職業とも言えるのです。

ダブルワークが良い結果に結びついた理由

「1日に2つの病院で働くなんかムリ!」そう思う方が大半かもしれません。でもダブルワークをしてみて私が良かったと思うことがあります。それが次です。

  • 心のゆとりができた
  • 働ける時期を逃さないですんだ
  • 人脈が増えた
  • 金銭的な余裕ができた
  • 経験値が上がった

ダブルワークして良かったこと【その1】心のゆとり

心のゆとりは何をしていても必要です。

2つ以上の職場があると、1つの職場で嫌なことが起きたとしても、他方の職場で発散できます。

私も1度だけ経験しましたが、
職場に嫌気がさしたときに、すんなり辞めることもできちゃいました。

病院のかけもちなんて、逆にストレスが溜まりそうと感じるかもしれませんが、職場を比べることで「自分の中に選択肢ができる」ため、意外に心のゆとりができたのです。

ブラックな職場があれば、あっさり切れる。こんなゆとりがあったからこそ、ダブルワークをこなせたのかもしれません。

だからと言って「はいサヨナラ〜」って職場を去るわけではありません。きちんと「引継ぎ」はしましたよ。

ダブルワークして良かったこと【その2】 ダブルワークできる時期を逃さないですむ

続いては「若いうちにできることをしておいて良かった」ということです。

看護師の仕事は、パートでも多くの職場を見つけられます。

そのため、若い時期から国家資格を武器にして、給料の良いダブルワークができるのです。

看護師って実際のところ体力仕事です。なのでどうしても20代後半になると体に影響がでる人が多くなります。

私も夜勤が身体に影響したのでしょうか。
自覚はなかったのですが、ストレスからくる突発性難聴になりました。

もちろん治療してよくなりましたが、

体力があるうちに行動すること。これは将来本当に役に立ちます。

貯めれるうちに貯めといて、未来に遭遇するチャンスを逃さない。絶対安定な職業「看護師」だからこそできることだと思います。

ダブルワークして良かったこと【その3】人脈が増える

職場を複数持つことで、色んな人と関わります。
距離をおいて付き合った方が良い人なのか?
自分と価値観が合う人なのか?
一生大切にしたい人なのか?

こんなことが経験でわかるようになってきます。

人脈は増やすだけでは、『大変なだけ』ですからね。

私の場合は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、薬剤師、ネイリスト、ヘヤメイクアップアーチスト、エステシャン、マッサージ師、心理セラピスト、サイエンティスト、ITエンジニアなどのたくさん職業の人と一緒に仕事したおかげもあり、価値観の合う人と繋がっていられることに感謝してます。

ダブルワークして良かったこと【その4】金銭的な余裕

金銭的な余裕ができると、いろいろな投資ができるようになります。

投資をして、働かなくても入ってくる収入源を持っておかないと、退職になる年齢まで永遠に働き続けることになります。

もし私がダブルワークや投資をしていなかったら、学費や生活費の高いニューヨークに自力で留学して、アメリカ国際看護師になんてなれていなかったと思ってます。

大好きな旅行もできなかったでしょうし、
欲しいものもおしみなく買えなかったと思ってます。

ダブルワークして良かったこと【その5】経験値が上がった

ダブルワークによって経験値が上がるのは、いうまでもありませんね。

ダブルワークしてみると、
様々な気づきがでてきます。
「なんで今までこんな遠回りしてたのだろう」
「どうして気づかなかったのだろう」
「こうすればもっと楽だったのに」
などなど、とにかく視野が広がります。

アメリカナースのダブルワーク事情

アメリカの看護制度はダブルワークがしやすい環境が整っています

アメリカの病院では
1日12時間シフトで週3日勤務
週4日お休みの病院が多いんです。
それに残業がほとんどないので、ダブルワークしやすい環境です。

先日、10人ほどのアメリカナースでZoomによるオンライン近況報告会が行われました。(外出禁止になっていたので)

ある看護師さんのお話によると、新型コロナウイルスの影響でナース不足となり、3つの職場をかけもちしているナースもいるそうです。

家族、自分が感染したときには、2回検査を行い、どちらも陰性となるまで働けないので、ところによって深刻な人手不足となるのです。

アメリカでは、残業がほとんどありません。でも、このコロナの状況下で人手不足に陥り、ダブルシフトを提案されているのだそうです。

もともとコロナが流行する前から、週4日の休みを利用して、たくさんの若いナースがダブルシフトやダブルワークをしていましたが、今この時期にはかなり多くなっているとのことでした。その分給与もかなり高くなるそうです。

トラベルナースとして、ダブルワークするナースも

アメリカ・トラベルナースの制度

アメリカでは、1980年代のナース不足への対応のひとつとして「トラベルナース」という制度があります。

トラベルとあるのですが「旅行へ添乗するナース」ではありません。

1週間のトレーニング期間+12週間という短い期間の契約に基づいて働くナースのことをいいます。

今やトラベルナースは仕事ができるナースの代名詞ともなってます。

短いトレーニング期間で、即戦力として働けるスキルを持っているからです。

アメリカにも転職求人サイトがたくさんあり、スキルのあるトラベルナースは、かなり高い時給とトラベル費用が提示されます。

日本でも、アメリカ型のトラベルナースは、マイナビ看護師の求人サイトに特集が出ています。

興味ある方は、見てみてください。
下にリンクを貼っておきます。

ブログの読者さまから『残業が多くて』ダブルワークできる環境ではない、習い事にすらいけない。こんなことを伺います。

その時こんなツイートをしました。

もし、このブログを読んでいるあなたが、残業が多い職場で、無休で仕事をしている看護師さんなら、

あなたの行動は、
日本全体の看護師のためになっていますか?
患者さんのためになっていますか?
こんなことを考えて欲しいです。

では、今日はここまでにしておきます。

著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師、1級ネイリスト アメリカIT会社役員 カメナース

About Me

看護師ブログ
カメナース
運営者プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

私のnote

学位授与機構単位振り表 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

【一番人気】カメナースが実際にCGFNSに提出した単位振り分け表

【一番人気】カメナースが実際にCGFNSに提出した単位振り分け表

  1. 看護シラバス・カリキュラム・単位修得表(日本語&英翻訳)
  2. CGFNS単位振り分けブレークダウン用紙(英語)

以上2つが含まれます。提出した当時と今ではCGFNS側で書式が変わっていますが、重要ポイントは同じです。これからCGFNSに書類を提出する方はぜひご参考にされてください。

今なら39800円29800円
ご利用規約をご確認ください

【カメナースが答える】メンター相談チケット1回分

【カメナースが答える】メンター相談チケット1回分

  1. LINEで40分程度・アメリカ在住の方は携帯でもOK
  2. メールで相談500文字・回答500文字

以上2つの方法よりお選び頂けます。メンターとは、キャリア形成だけでなく、あなたが目指す一歩先を経験・実現した助言者・教育者のことです。アメリカ正看護師カメナースがあなたの疑問や悩みにメンターとして直接答えます。情報に惑わされて後悔しないための相談チケットです。

今なら半額6000円3000円
ご利用規約をご確認ください

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事

上へ