公開 更新

なぜ今、日本の看護師がアメリカや国際ナースを目指しているのか?

こんにちは、
日本とアメリカ看護師、カメナースです。

日本の看護師であれば誰でも受験できるアメリカ看護師。今、なぜ、密かに日本の多くの看護師がアメリカ看護師試験の合格を目指しているのでしょうか?

アメリカ国民の医療者に対する尊敬

アメリカ看護の魅力といえば、何といっても、医療者の社会的地位が高いことです。

日本は、国民の誰もが保険を使うことができる国民皆保険制度です。整った保険制度のもと、気軽に病院を受診することができます。

その日本と比べ、アメリカでは、ほんの少し前まで保険が無い国民もたくさん、病院へ行くのは、とっても大変なことでした。そのため病院で働いている医師や看護師は、国民から尊敬されいて社会的地位が高いです。

反対に日本では、看護師、准看護師、看護助手、介護士などの業務の分担がたてまえではされているにも関わらず、全くできていない病院が多く存在しています。

そのため、看護師がベットメーキング、おむつ交換、食事介助など、アメリカでは看護助手さん担当の業務を日本の看護師がする頻度が昨今がすごく高いと、日本の若い看護師さんからメッセージをもらいます。

アメリカ看護師の職場環境は快適に整備されている

アメリカの看護師は受け持つ患者さんの数が日本よりも少ないです。受け持ち数は法律で規定されていて、看護師ひとりに過度な負担がかからないように環境が整えられます

その他には、
アメリカのほとんどの州では、日本のように、看護師の数が足りないからと、サービス残業はありません
もしも1週間に40時間以上働くことになった場合、1.5倍以上の賃金保証がFair Labor Standard Overtime Laws (FLSA)と呼ばれる法律で決められています。

さらに、雇用主が残業を拒否する看護師を罰することを禁止している法律がある州もあります。

ちょったしたもめごとでも、裁判で闘う国アメリカだからこそ、雇用者と看護師の間の決め事がきちんとされています。

世界的に活躍できる英語での看護スキルが身に付く

日本の看護師であれば誰でも受験できるアメリカ看護師の免許とはいえ、かなり努力をして試験に合格します。英語での手続きも自分でやっている看護師ほど、早くに成果を達成しています。

その中には、合格までに身に付けた英語スキルと看護知識を生かして、国際的に活躍している看護師もいます。

日赤の国際医療救援、先日は、カリフォルニアで活躍しているアルツハイマーの研究者の日本語ネーティブの第一助手をFBで探していたり、医療関係者を取り巻く世界は、ますます近い距離になっていると思います。

海外での生活を通して日本を再認識することができる

海外で生活した看護師のほぼ100%
近くの看護師から聞くこと、私も感じること。

それは、海外での生活を通じて、日本の良さや改善した方が良いのかもしれないを、強く再認識できることです。日本を客観的に見ることができるのです!

日本国内では報道されていない情報も海外にいると聞けたり、目にしたり、客観的に判断するスキルも身につきます。

2025年、日本はどのような状態になるのか?
想像力たくましく、情報源の多い、賢い若い看護師さん達は、自分の身を守る行動計画を密かに淡々と立てている様子です。

なぜ密かに?アメリカ看護師の場合、スポンサーを探すのに大変などの現状があるため、ライバルを少しでも増やしたく無いから...?

国際的な変化に敏感なエリート看護師さんの海外脱出計画は着々と密かに進んでいます。取り残されないように頑張っていきましょう!

アメリカ看護師免試験NCLEX-RN一発合格に使った対策の本

アメリカ看護師免許取得試験NCLEX-RNに合格を確実にするためにも、自分に合った方法で良い本&問題集、勉強方法を見つけることが大切!この記事では、役に立った本・問題集&オンラインの詳細と、その購入先を記事にまとめています。

もっと詳しく

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。