公開 更新

【日本 VS アメリカ看護師】仕事の満足度が『やばたん』な件

【日本 VS アメリカ看護師】仕事の満足度が『やばたん』な件

こんにちはカメナースです。

看護師の仕事への満足度は世界中で同じなのでしょうか?

今回はこんな疑問に答えます。

医療技術の進歩・高度化
高齢化社会
看護師の人手不足
私たち看護師を取り巻く環境は、ますます大変なことになるのかもしれません。

苦しい思いには個人差があるかと思います。
しかし苦しい、大変、辞めたいストレスが大きくなり過ぎないうちに、それを変えるのは当然のことです!

そこで、この記事では、
日本とアメリカの看護師の仕事へ満足度の違いから
私達が看護師を辞めたいと『思わせないような変化』がありそうかまとめてみました。

日本の看護師の仕事への満足度

日本の看護師の7割強の看護師が仕事を辞めたいと思いながら働いている

日本の看護師の仕事の満足度はかなり低いです。

看護師を取り巻く労働環境は、
看護の質の向上を妨げる状態になっています。

さらには、看護師がキャリアアップしたいと思える環境が整備しきれていない状態にあります。

看護師の仕事の達成感に対する調査

日本医療労働組合連合会が行った、看護師の仕事の達成感に対する調査では、
十分な看護ができていないが5割
7割強の看護師が仕事を辞めたいと思いながら働いている

看護の仕事を辞めたい理由

看護の仕事を辞めたい理由としては、
人手不足で仕事がきついが約5割
賃金が安い
休暇取れない
夜勤つらいが3割超え

看護師の訴え

  • 人や若い人が入職してもすぐに離職してしまう。育成に時間がかかるが、仕事は楽にならない。
  • 電通の過労死事件など、それを生かそうという動きが感じられない。
  • 夜勤は疲労回復に時間がかかる。公休とは別の休みが必要。
  • 残業申請を出せない。
  • 賃金が安すぎる、自分の命を削って他の命を守る看護という仕事に疑問を感ずる。
  • 賃金が低い、離職者が多い理由を分析すべき。
  • 重労働なのに賃金、手当が安い。中堅職員がやめてしまうため看護の知識、技術が不足し医療事故につながる。
  • 医療職(三)表(看護師)は昇給が低いので上げて欲しい。
  • 辞めたい。自分の力量と仕事量が伴わない。まわりに迷惑をかけている気がする。
  • 勤務当日、体調不良でも人数が少なく休めない。
  • ワーク、ライフ、バランスは子育て世代だけでなく、介護世代にもあてはまるのではないか、介護世代には何の対策もない。
  • 子育て中だが、家庭や職場に負担をかけてしまい辛い。
  • 事故をおこして免許をはく奪される前に早く退職したいと毎日考えている。
  • 携帯待機の回数の上限がないのはおかしい。
  • 精根尽き果ててしまってもう限界。自分が倒れそうです。辞めようと思う。

日本医療労働組合連合会・看護職員の労働実態調査4年毎実施参照・引用

日本の看護職の給料に関する課題

日本看護師協会では「看護職の賃金に関する課題」として下記の課題があるとされています。

① 看護師の賃金カーブは,他の医療職と比べて賃金上昇が穏やかになっている。

② 看護部門の人数規模に対するポスト数は少なく、また看護職の8割が同一の等級に含まれる医療職俸給(三)を参考としている病院も少ないため昇進や昇給の機会を得にくい

経験看護師を取り巻く労働環境の改善が必要。

超高齢化の社会が看護師不足に拍車をかけている

超高齢化・少子化の社会が看護師の人手不足に拍車をかけています。

厚生労働省によると、2019年度の看護学校の入学者が3年ぶりに減少しています。前の年より約1600人減っています。少子化なので、入学者が減っている可能性が考えられるようです。

同じ看護師の人手不足問題があるアメリカの現状はどうなのでしょうか?

看護師仕事満足度スケール

アメリカの看護師の場合の仕事への満足度

アメリカの多くの看護師がキャリアと仕事環境に満足!!

看護師になった自分の選択に満足

看護師になった自分の選択に満足 83%
看護師になると良いよ!と他の人にオススメする 66%
現在の仕事に満足 60%
仕事が自分の健康に影響を与えていることが心配 55%

患者さまへの看護提供は満足か?

自分達の提供する看護ケアの質に満足 73%
患者さんともっと一緒に過ごす時間が必要だと思っている 44%

看護師になった自分の選択に不満

看護師になった選択を後悔してる 9%
仕事を辞めたくなることがよくある 38%

CAREER & WORK ENVIRONMENT

  • 83% of nurses say they are satisfied with their choice of nursing as a career; only 9% disagree
  • 73% of nurses say they are satisfied with the quality of care they provide
  • 66% of nurses say they would encourage others to become nurses
  • 60% of nurses say they are satisfied with their current jobs
  • 55% of nurses worry that their jobs are affecting their health
  • 44% of nurses say they usually do not have the time they need to spend with their patients
  • 38% of nurses say they often feel like quitting their jobs
  • 35% of nurses say they hope they will not be working in their current job in a year.
引用元:AMN Healthcare. 2017

アメリカの看護師の仕事への満足度が高い理由

日本とアメリカ両国の看護師の体験を元に考えてみました。

満足度が高い理由

  • 看護助手、准看護師、看護師、ナースプラクティショナー、麻酔科看護師、専門看護師、外科技術者(オペ直接介助専門)、瀉血専門士(フレボトミスト)など仕事内容がしっかり分業化されている。
  • 社会から地位が高い職種として扱われている。
  • 看護師キャリアアップがしっかり賃金に反映されている
  • 法令が厳しくサービス残業がない
  • 日勤看護師は日勤のみ、夜勤看護師は夜勤のみの勤務形態
  • 1日12時間シフトで休み週4日。

上記が、日本とアメリカの看護師・仕事への満足度を相反させている要因と感じています。

アメリカ看護師の働き方

アメリカ看護師の働き方

アメリカ看護師(RN:Registered Nurse)はケアプランを計画したり薬の管理、他の職種管理が主な仕事の内容になっています。

アメリカ看護師を取り巻くチーム医療・分業の働き方

看護助手、准看護師

私が日本で正看護師のときにしていた清拭、入浴介助、食事の世話、検査出し、ベット移動などはアメリカでは看護助手、准看護師が行います。

ER、ICU、オンコロジー専門薬剤師

救命ER、集中治療室ICUなど、まるでシャンデリアのように点滴薬剤がぶら下がる分野では、特にERやICU専門薬剤師が点滴ミキシングを担当しています。これ日本では私看護師が行っていました。オンコロジー(腫瘍学)も特殊な薬剤を多く使用するため、薬剤師がしっかり管理しています。

フレボトミスト

採血は日本では医師または看護師が行いますが、アメリカにはフレボトミスト、採血を専門にする資格職が存在し、医療系の専門職が多く分業されています。

スクラブテック

手術室の場合は、手術の直接介助のみを仕事としている外科技術者(Surgical Technologist)がいます。

この職業の人は、通称スクラブ(Scrub) 、スクラブテック(Scrub tech)と呼ばれていて、手術の直接介助のみを行います。

日本にはこのような外科技術者は存在しておらず、通常、外科技術者が行う仕事も准看護師、看護師が行います。

日本の看護師の未来はどうかな?

貴重な存在になる看護師

1人の若い人が3人の高齢者を支える2025年頃、若い日本の看護師は、貴重な存在となって社会的地位は高くなります。ロボテックの進歩が看護業務をもっと楽にしてくれます。

貴重になることにフォーカスすると、現在コロナの影響でさらに看護師不足が問題になっています。不足を補うためにニューヨークでは、看護師の時給が1万円にアップされている求人が。日給にして12万円は、日本の医師を超えています。

それでも人が足りず、応募が少ないのが現状なのです。

個人交渉できる看護師

日本の看護師も2025年頃、あなたが貴重な存在になっていることで優先的に処遇改善される可能性ある、と私は思います。

看護師個人個人が、働くスタイルを病院との交渉によって決める。将来私はそうなると思っています。あなたはどう思いますか?

この記事のまとめ

日本 vs アメリカ、看護師の仕事への満足度の違いが『やばたん』でしたね。

辛い、辞めたい。こんな度を超えたストレスは心身に良くない影響しかないですからね。

もし、日本で看護師をすることに疲れて強いストレスを感じているのなら、気分転換で世界の看護を見学してみるのも良い経験になりますよ。

違う世界をのぞいてみると、今までの考えや世界観も大きく変わると思います。

その世界観や価値観が、あなたの未来を、そして日本を変えることができると思います

次の記事はこれぞアメリカ、看護師が起こすストライキについて紹介します。なんだかちょっと考えさせる内容です。気になる方はぜひどうぞ。

著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師、1級ネイリスト カメナース

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事