公開 更新

看護師になるためには|どの方法が一番良いの?

看護師になるためには|どの方法が一番良いの?

こんにちは!
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師、1級ネイリストのカメナースです。

看護師になるには『どの方法が一番良いの?』

これは、私が中学生のころ、高校進路を決めるときに、疑問に思ったことでした。

あの頃は、世間をよく知らなかった...ばかりに。
私はかなり遠回りしてしまいました。

この記事は、これから看護師になりたいあなたが遠回りせずに国際看護師も目指し将来の進路選択のヒントになるように書いたつもりです。
(私の親戚も国際看護師を目指し・学費をそれほどかけず・看護師への進路模索&勉強中)

看護師になるには高校卒業後、どんな進路を選んだらいいの?

高校卒業後の看護師になるためには3つの方法があります

高校卒業後の進路3つ

  • 看護大学に行って看護師になる
    在学年数:4年間
  • 看護短期大学に行って看護師になる
    在学年数:3年間
  • 看護専門学校に行って看護師になる
    在学年数:3年間(定時制:4年間)

今の知識を持って看護師になりたいと思ったら、
私が選ぶのは『看護大学へ行く1択』です。

看護大学に入学を目指して、高校1年生のときから勉強がんばります。(私立大学でなく、公立を目指したい)

将来、海外でも看護をしたい希望がある、そんな希望はなくても『看護大学』へ、または海外の『大学』へ行く。
大学』しか考えたくないです。

ここまで読んで、おや?と思ったあなたは、
鋭い読解力&観察力の持ち主です。

なぜ、日本は『看護大学』で、海外は『大学』なの?

アメリカ、カナダ、オーストラリアなど海外の大学は、看護師になりたいと思って入学しても大学入学の時点で『看護学専攻です!』と決めていなくても大丈夫なのです。だから途中で気が変わったとしても安心です。

詳しくは、日本の看護大学|海外の看護大学【違い】海外大学が【断然】良い理由 をご覧ください。

これから看護師になりたいと思っているあなたが、私のように遠回りせず素敵な大卒看護師になって欲しいと思ってます。

なぜ、看護大学の選択しか考えられないの?

看護大学の1択しか考えられないのか?
その理由を並べてみました。

理由

  • 日本の看護大学へ入りやすくなっている(少子化の影響で受験倍率が下がっている)
  • 看護を学べる量、質、環境が良い
  • インターネット発達で『看護師の学歴の追求』が増している(学べる環境も良くなっている)
  • 看護師学歴の問題が日本でも海外でも議論されている(医療者はみんな大卒学歴に統一)
  • 看護大学卒業でないと、就職差別にあう危険が高まる(日本も海外も同じ、就職してしまってからは差別ほぼなし)
  • 同じ仕事内容でも、看護大学卒業の方が給料、ボーナスが良い(日本は、まだそれほど差が大きくないが、アメリカは差がすごく大きい)
  • 看護大学卒業の方が、海外で看護師をしたいと思ったときスムーズ

日本の看護師免許は海外で使えるの?は、
【国際看護師】海外で日本看護師免許は使える? 
こちらの記事をご覧ください。

看護師の学歴追求は今後さらに強くなる!

世界の看護師の学歴追求・看護大学の現状

日本の看護師現状|看護大学

看護大学の入学者だけは、ずっと増え続けているのです。

厚生労働省によると、2019年度の看護学校の入学者が3年ぶりに減少しています。
前の年より約1600人減っています。少子化なので、入学者が減っている可能性が考えられるようです。

看護rooさんがきれいな、みやすい表を作ってくれています。

看護大学(赤色)だけが増加し続けています。

出典:厚生労働省「看護師等学校養成所入学状況及び卒業生就業状況調査」を基に看護roo!編集部で作成

上の表をみて看護師になるには『5年一貫校』『2年過程』のなり方もあるの?高校生のあなたには遠回りな進路になってしまいますが、興味あれば【最年少で白衣の天使】一番・若い年で看護師になるには?をご覧ください。

これから日本は、今以上に少子化が進みます。その影響で看護師になりたい人の数はきっと減っていきます。看護専門学校や看護短大は閉校になる学校も増えるかもしれません。(増えています)

しかし看護大学へ行って看護師になりたい人の数は増え、一度、社会人になってから看護師を目指す人もいます。

理由には、いろいろあります。が、
1つには不況に強い安定職業でやりがいがあるからです。(辛いこともあります...が......)

アメリカの看護師の看護大学の現状

人気のある都市の看護師の求人募集は、看護大学の学位でないと就職できない病院が多くなっています。

2017年にアメリカのニューヨーク州で、看護大学卒業と同等の学位を取る法律が決まったこと、他の州でも議論中の影響からです。(BS in 10)

オーストラリアの看護師の現状

少し前までは日本の看護大学を卒業していれば、短いトレーニングコースと英語学力試験を受けて、オーストラリア看護師として働くことができていました。

現状は、看護大学卒業でさえ永住権ポイント数がアップになってきています。

日本の看護師制度は世界の看護の良いところをマネ

日本の看護師制度は世界の看護の良いところをマネをして発展してきました。そのため世界中で『看護師の学歴は4年制の大学卒業以上とする』議論はますますされると思います。

看護師資格の格差が更に広がる可能性もあるのかなと思っています。ちなみにアメリカ看護師には日本以上にいろいろな『看護資格の種類』があります。興味ありましたら 【完全版】こんなに違う!日本とアメリカの看護師を徹底比較! の記事をご覧ください。

看護大学に合格できないときは、どうしたら良いの?

高校卒業後に看護大学へ入学できなくても大丈夫

看護師になりたいのに高校を卒業後に看護大学へ入学できないこともあるかと思います。そんなときでも大丈夫です。

編入学できる大学があります。

編入学には、『通学制』と『通信制』があります。
私は大卒看護師でなかったのでアメリカ国際看護師になってから日本の『通信制』へ編入学して全ての授業をオンラインで卒業できました。

看護専門学校や短大を卒業して、看護の仕事を始めてから、4年制の大学へ行っておけば良かったと思ったときは、『大学へ編入学』することもできます。
もちろん給料も安定しているので貯金して海外留学だって出来ます。

しかし、この編入学、3年間の看護専門学校+2年間の大学へ行くことになるので合計5年間の時間が必要になります。
4年制大卒看護師(看護学士)の学位を取るのに、高校卒業後すぐに看護大学へ行くより時間がかかります。私のように遠回りになることは知っていてください。

それから日本の一部の病院では、通信大学を利用して看護学士を取得しても給料に反映しない病院もあることも知っていてください。(アメリカは編入学や通信大学が当たり前なので大丈夫です。)

通信大学へ編入については、学位授与機構&通信大学で看護学士とは?【おすすめ!メリット】の記事へ!

看護大学卒業の看護師でなくても

看護師の資格は、国から認められている『『最強』の国家資格です。

看護専門学校へ行き、『看護師国家試験』に合格すると、たくさんのいろんな場所で看護師として働くことがきます。

病院看護師、クリニック看護師、企業看護師(大企業やディズニランドなど)、美容看護師(まゆげアートメーク、美容外科、美肌美容など)訪問看護師、テレワーク看護師など、まだまだたくさんあります。
他の医療者と比べても看護師の職場はめちゃたくさん、求人募集の数もたくさんあります。

こんなにたくさんの種類の仕事が選べる、募集もたくさんの『国家資格あり』の看護師は、日本でもアメリカでも最強だと私は思ってます。

『看護師になるためには』に関連したよくある質問

質問:看護師になるために高校のときにしておいた方が良いことありますか?
答え:看護師は医師、薬剤師、その他たくさんんの医療者、患者さんも含めてさまざまな人と出会って仕事をします。高校生として勉強以外にも学校生活、部活動、アルバイトなどを通してコミュニケーション能力をつけることはとても重要です。看護師はどんなときも『人に寄りそう』ことが看護の基本だからです。
質問:看護大学へ行くのに高校ときにしておいたほうが良いことはありますか?
答え:生物、化学、国語、英語、数学など入試科目は行きたい看護大学により違います。進路担当の先生に相談して早いうちに行きたい大学の候補を探すのは良いことです。看護大学では大学の魅力を見たり質問できるオープンキャンパスが年に1〜2回開催されます。オープンキャンパス参加が入学条件となっている大学もあるので志望校の早め情報は大切です。
質問:看護大学卒業して看護師免許が取れた後にアメリカ国際看護師になりたいときは、高校のときにしておいた方が良いことありますか?
答え:看護師免許があれば英語で看護の勉強をするだけでアメリカ国際看護師免許が取れます。生物、化学、国語、数学の勉強をしつつ、英語の勉強をがんばってください。英語力を見極めるテストはTOEFLやIELTSを受けて見るのが良いです。
質問:看護師の資格は通信大学のみで取れますか?
答え:残念ながら看護師の資格を取るには、学校内で看護実習、病院実習と実際に体を動かし勉強をする必要があるので『通信大学』のみ看護師の資格をとることはできません。

この記事のまとめ

私は自分の経験を通して看護師になるためには、看護大学へ行くのが一番だと思っていること。その理由を記事にしてみました。

大卒の看護師になることはメリットのみで、あまりデメリットがあるように思えませんでした。私のように遠回りしても私自身は看護師になり国際看護師になり本当によかったと思ってます。

これから看護師になりたいあなたが遠回りせずに国際看護師も目指し、将来の進路選択のヒントなれば幸いです。

海外の看護師になりたいと思っているあなたは、奨学金が受けられないと学費が高い、英語力が必要ですが、大丈夫そうなら『行きたい海外』へ進学や編入を考えてみるのもありかと思います。

なぜ今、看護師が国際看護師になり海外を目指しているのか?

著者・動画制作:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師 カメナース

【日本の看護師さん必見!】常夏の島ハワイで看護師になる方法

【日本の看護師さん必見!】常夏の島ハワイで看護師になる方法

日本で看護師の方やこれから看護師を目指している方が「将来ハワイで看護師として働くためにはどうすれば?」こんな疑問に答えます。NCLEX-RNとビザスポンサー、SSN、アメリカの看護師になるためのステップを順を追って解説しています。読者様からのご質問への回答とハワイ州の看護師に関する法律が変更になったことも付け加えています。

About Me

看護師ブログ
カメナース
運営者プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

私のnote

学位授与機構単位振り表 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事

上へ