公開

【海外大学が良い理由 】日本看護大学と海外看護大学の違い・メリット・デメリット

こんにちは
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師+ネイリストのカメナースです。

フォローはこちらから
YouTube  
note   twitter @KameNurseDIARY  

今、中学生、高校生、大学生で将来、看護師になりたい人の中にも日本の看護大学へ行こうか?
それとも留学して海外の大学へ行こうか?

この記事は海外の大学のメリット、デメリットを紹介しています。

海外看護大学が断然!良い理由

海外の大学のメリット

学びたいもの決まっていなくてOK!将来の選択肢が広い!

自分が決めた大学の専攻、、、看護で大丈夫なのかな?
途中で気が変わったりしたら...どうしよう。

そんなときでも、海外の大学だったら大丈夫です。
大学に入学するとき看護学など、学びたいものが決定されてなくてOKだからです。

アメリカの大学では、最初の1、2年は一般教養科目(数学、化学、生理学、心理学、文学、解剖学など)を勉強します。看護実習も始まりません。解剖学も看護学生向けの授業ではなく、他の専攻の生徒と一緒に学びます。

一般的な勉強している間に『看護学』にしようか、それとも『医学』にしようか、『薬学』にしようか、『化粧科学』にしようか決めれば大丈夫です。

医療系にこだわらず、美術、機械工学、コンピューターサイエンスなど、ものすごい数の学位を取れるので、将来の選択肢が広いのも良い特徴です。

日本のほとんどの大学では、入学願書をだすときに『看護学部』と決めていなくてはいけません。
ので、学びたいもの決まっていなくてOK!将来の選択肢が広いことは海外大学を選んだときのメリットの1つです。

(東京大学の健康総合科学科から看護科学へ進む進路はアメリカ式の受講スタイルが取り入れられています)

大学数が違う、選択肢がたくさんある

日本の看護大学の数272校
アメリカの大学の数5,300 校
アメリカ看護学部ある大学の数3000校

アメリカは大学数は、広い国ですから日本より圧倒的に多いです。
一般教養を学んだ後の看護学部の数も圧倒的に多いので選択できる規模が違います。

【厳選79校】アメリカ看護留学・大学・短大・コミカレ!人気都市 NY・CA・Hawaii

【厳選79校】アメリカ看護留学・大学・短大・コミカレ!人気都市 NY・CA・Hawaii

海外に移住できるビザ取得、現状もまだ難しい状況が続いています。可能性ゼロではないので海外で看護の仕事がしたいと希望の方が多くいらっしゃいます。そこでこの記事では人気都市3都市、ニューヨーク、ハワイ、カリフォルニアの看護大学・短大・コミカレを厳選!79校の詳細が見れる【完全ガイド】です。

海外看護大学は編入制度が充実している

海外では、大学4年間のあいだに数回大学を変える人が多いのです。

なんか「この大学、私に合ってない」「OO大学で勉強してみたくなった」勉強した単位を移動して、他の大学へ編入学することができます。

例えば、アメリカにある『短大で一般教養科目を勉強した後に4年制の大学へ編入』して看護大学で看護を学ぶ。この方法は学費を安くするためにすごく一般的です。短大の中でもコミニティーカレッジ(通称コミカレ)の学費は良心的な値段です。

短大やコミカレ留学を扱っている留学エージェントは多いので、価格を比べたり相談できる幅が広がるのもメリットです。できることなら留学エージェントにお世話にならない方が将来のためになります。

インタネットで世界中の情報をあなた自身で調べることができます。留学を考えている場合は、英語勉強をかねて行きたい学校のホームページを理解して自分で手続きしてみるのがおすすめです。

日本の大学へ途中まで行き、英語力次第で日本の大学で学んだ単位を移行してアメリカ看護大学へ編入することもできます。

あなたの高校や大学での成績次第で返済なしの奨学金、世界中の人が憧れの有名大学へ編入も可能になるのもメリットの1つです。

いろいろな国と学生と一緒に勉強できる

特にアメリカの大学は、多種多様で、
いろんな国からの留学生がアメリカの大学へ勉強しにきています。

英語を話せる人は、日本語を話す人の約15倍。
さらに今後は多くなります。
海外の大学を卒業し英語が話せることによって自分と気が合う友人、彼氏&彼女候補も必然的に15倍にアップします。

超人気!有名なアメリカ看護大学・大学院

アメリカにある超人気の3校を紹介。

コロンビア大学看護学部 Columbia University

アメリカ看護師試験NCLEX合格率 92.7%

米国ニューヨーク州にある難関校として名高い私立総合大学でアイビー・リーグの一つ。 コロンビア大学医療センターの一部で、看護学士 を卒業後、麻酔科看護師プログラムでさらなるキャリアアップを手にできる。

ペンシルバニア大学看護学部 University of Pennsylvania

米国ペンシルベニア州・フィラデルフィアに所在する私立大学。米国屈指の名門私立大学連合であるアイビー・リーグの1校で大規模大学。USニュース&ワールドレポートで国内のトッププログラムの1つ。2009年以来NCLEX試験合格率92%

スタンフォード大学 Stanford University

米国カリフォルニア州にある、海外の難関校として名高い私立大学。現役の学生がキャンパスを案内するキャンパスツアーもあります。看護学士を卒業後、ナースレジデンシープログラム でさらなるキャリアアップを手にできるスタンフォード大学。

海外の大学へ行くデメリットはある?

学費が高いデメリット

留学生はアメリカ人と異なる高い学費が必要です。
経済的な余裕がない。
頭が悪るいから返済不要な奨学金をもらうことができない。

そのような状況の場合、日本の大学に比べ約2〜10倍の学費が必要なので学費借金苦になります。学費借金は返済必要ありの奨学金と呼ばれることもあります。

脳細胞は使えば使うほど良くなる!は科学的に証明されているので「頭が悪るい」は表現がよろしくなかったですね www

アメリカ看護師は4〜5人に1人は経験年数10年目あたりで1100万以上の年収になって行くので、学費借金を早く返済し終わることは可能です。日本では35才の看護師の平均給料は650万円ほどですので、学費借金した金額によりますが支払いが終わるのに時間がかかります。

海外でホームシックになる人もいる

親や友達が近くにいない。留学生が経験しやすいことはホームシックです。しかし留学生いろいろな国からみんな1人できているので新しい友達を作るのも意外に簡単です。

でも、我慢しすぎは体に良くありません。夏休み、冬休みなどは、迷わず行きたいとこへ行き、会いたい人に会いましょう。

海外留学、両親に反対されているという人もいます。そのような人は自分の貯金で留学を実現しています。

海外に移住ビザ、永住する権利がもらえないこともある

海外大学へ留学すると卒業間近にオプティカルトレーニング(OPT)と呼ばれる自分の勉強したことに関係したインターンシップを1年間限定ですることができます。

しかし、OPT1年間が終了後に海外に住む権利(永住権)がもらえないことがあります。トランプ大統領がアメリカに住んで仕事する条件を厳しくしています....

そのような場合、アメリカ続けて住んで仕事したくても帰国することになります。その時、アメリカでとったアメリカ看護師免許は日本で看護師として使うことができません。このことは理解して日本の看護大学にするか、アメリカ大学にするか選ぶと良いと思います。

私が国際看護師になって後悔していること

もっと中学生、高校生のうちに英語を勉強しておけばよかったと後悔しました。
勉強していなかったのでだいぶ遠回りしたな...と後悔してます。

その他のことは、今のところ後悔なしです。
満足しています。

この記事、海外大学のまとめ

いかがでしたか。

海外の大学、
いろいろなメリットがあります。

  • 学びたいもの決まっていなくてOK!将来の選択肢が広い!
  • 大学数が違う、選択肢がたくさんある
  • 海外看護大学は編入制度が充実している
  • いろいろな国と学生と一緒に勉強できる

もちろん、デメリットもあります。

  • 学費が高いデメリット
  • 海外でホームシックになる人もいる
  • 海外に移住ビザ、永住する権利がもらえないこともある

日本の看護大学と海外の看護大学の違いを知ると日本の大学、海外の大学を選ぶか選択肢が広がります。

看護師は、人の一生の最後の瞬間までケアする職業です。
学ぶことも心理学、社会学、解剖生理学などたくさんあります。
広い世界で自分が経験したことがケアに役に立つこともあります。

一度きりの大切な人生です。
自分を信じて行動していけるとよいですね。

著者・動画制作:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師 カメナース

看護師になるためには|どの方法が一番良いの?

看護師になるためには|どの方法が一番良いの?

看護師になるには、どの方法が一番良いの?あの頃、世間をよく知らなかったばがりに遠回り。これから看護師になりたいあなたが遠回りせずに国際看護師も目指して将来の進路選択のヒントになるように書いたつもりです。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事