公開 更新

アメリカ看護師試験を受ける時に必要な受験番号:ATT

日本の看護師の免許を活かして、アメリカナース免許を取りたときは、CGFNS審査、その後、アメリカ看護師協会(Board of Registered Nursing)へ申請し受験番号ATTを取ります。この受験番号を取る手続きの詳しい記事です。

CGFNSの手続き方法の詳しい記事は下記

アメリカ看護師免許取るときの審査機関CGFNSの手続き詳しく解説

日本の看護師、誰でもが試験が受けられるアメリカ看護師免許試験。どのような手続きをして免許をとるのか?まず最初に【CGFNSの審査】を受けます。この記事はCGFNSの審査をかなり詳しく解説していますので、手続きする人に、是非、読んでもらいたい記事です。

CGFNS審査に合格した後、

THE NATIONAL COUNCIL LICENSURE EXAMINATION FOR REGISTERED NURSES NCLEX-RNと呼ばれる、アメリカ看護師免許試験を受けるために必要な受験番号 ATT(Authorization to Test)を取得する手続きを進めます。

受験番号 ATTは、アメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)へ申請します。

アメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)申請方法

アメリカは州ごとに看護師免許が異なるので、試験を受けたいアメリカの州のアメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)のホームページからオンラインで、受験番号ATTの取得申請をします。

私は、ニューヨーク州のアメリカ看護・看護師協会に申請しました。

National Council of State Boards of Nursing:Pearson VUE.

オンライン予約URL
電話予約
1.866.49NCLEX (1.866.496.2539) toll-free

問い合わせ先はPearson VUEでチャットでも問い合わせできるみたいなので活用するも良いかもしれないです。

チャットで問い合わせする先

アメリカその他州のBoard of Registered Nursingの情報ページリンク

自分の名前、生年月日、住所、Eメールアドレスをオンラインデータベースへ打ち込んで手続きを進め、申請費用を支払います。

2017年現在のニューヨーク州のアメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)の申請費用は$143です。

ニューヨーク州のアメリカ看護・看護師協会へ申請費用支払いを完了すると、CGFNSが審査した結果内容を自動的にアメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)へ通達してくれました。

ホームページに行き手続きするだけで難しい作業ではなかったです。

アメリカ看護・看護師協会(Board of Registered Nursing)へ申請費用支払いを完了後、約1か月半くらいで、受験番号ATTと呼ばれるAuthorization to Testの受験番号が自分のEメールと住所に郵送されてきました。

申請費用支払いを完了後、ATTナンバーは約1か月くらいで届くようですが、その時の受験申請者の込み具合などにより、3-4か月かかった人もいました。

アメリカ看護師試験に関することで、絶対に読んでおいたほうが良いページ(英語)

受験番号 ATTが届いた、その後の手続き

受験番号ATTナンバーの有効期限は90日間です。

受験番号ATTナンバーが発行されてから90日以内にアメリカ看護師免許試験日(NCLEX-RN)の予約をとります。

このことを言いかえると、ATTナンバーが手元に届いてから90日以内にアメリカ看護師免許取得試験を受験しなければATTナンバーが無効になるので、それまでには自分のNCLEX-RNの勉強を完璧な状態にする必要があると言うことになります。

自分の希望する試験開催場所、時間を選んで試験日予約をオンラインでとりましたが、電話でも試験日の予約はできるとのことでした。

日本の看護師国家試験のように決められた日が試験日でなく、自分の日時の都合と開催場所の空き状況により試験受験日の予約を入れることができるのでよかったです。

しかし、アメリカの看護大学や看護専門学校の卒業の時期に重なると試験会場がいっぱいで予約が入りづらくなるとのことです。

予約した試験日時を変更することも可能でした。
(テスト時間の24時間以上前なら日時変更が可能と書いてあります)

私は、ニューヨークでアメリカ看護師免許試験を受けました。

2017年現在のアメリカ看護師試験NCLEX-RNの試験の費用は$200

アメリカ看護師免許試験 | NCLEX-RN | 試験当日の持ち物 | 注意点 | 試験の様子 | 体験談

これからアメリカ看護師免許の取得を考えている看護師さんから、よく質問を受ける内容を、私、先輩、後輩、友人の当日の体験談も入れてまとめた記事です。試験当日の持ち物、持ち込んではいけない物、注意点、試験最中の様子など

カメナース Channel|YouTube

ニューヨーク州のBoard of Registered Nursingへのリンク

アメリカ看護師免許試験|東京&大阪で受験

ニューヨークで受ける費用にプラス$150の費用がかかるようですが、日本でも大阪と東京でアメリカ看護師免許試験を受けることができます。

しかし、大阪と東京での試験は、一定の試験を受けたい人数が集まらない場合は試験が延期されることがあるらしいです。

少し前に、東京会場でアメリカ看護師免許試験(NCLEX-RN試験)を受けて合格した看護師さんと会って話をする機会がありました。

試験当日の手続きなども、私が受けたニューヨークと同じだったみたいです。

その看護師さんは一度も海外留学することなく全て独学でアメリカ看護師免許試験(NCLEX-RN試験)に合格したんです、素敵ですよね。

日本の開催場所で試験を受けたい場合は問い合わせが必要とのことです。

東京での開催地住所は下記
Pearson Professional Centers-Tokyo, Japan
〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1−1 帝国ホテルタワー18F
Tokyo Chiyoda-ku The Imperial Tower 18F 1-1-1, Uchisaiwai-cho, Japan
Phone:+81-3-3504-1251

大阪での開催地住所下記
Pearson Professional Centers-Osaka, Japan
〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目8−17 12F
Osaka Osaka-shi 12F Osaka Dai-Ichi Seimei Bldg, 1-8-17 Umeda Kita-ku Japan
Phone: +81-661363680

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。