公開 更新

看護師資格を取りたい!医療用の電子辞書、買ったほうが良いですか?

看護師資格を取りたい!医療用の電子辞書、買ったほうが良いですか?

こんにちは!
カメナースです。

看護師資格を取りたいと思っています。何を勉強すれば良いのかわからないのでアドバイスして欲しいです。

今日は医療用語電子辞書、買ったほうが良いのか?ということについて私の考えを書いてみます。

家で看護の勉強をするとき、看護学校で自習のとき、電子辞書を活用している学生さんはたくさんいらっしゃいます。

スマホ持ち込み禁止のこともあり、また、インターネットで、わからないことを調べることもできますが正しい情報源から調べることができないこともあるからです。

例えば、

看護医学電子辞書13の中には、 看護師に必須の専門コンテンツを常に新しくのコンセプトで

  • 看護大事典
  • 図解 看護医学事典
  • ポケット医学英和辞典
  • カルテを読むための医学用語略語ミニ辞典
  • 目でみる人体の構造
  • 治療薬マニュアル
  • 治療薬マニュアル 識別コード検索
  • 臨床検査データブック
  • NANDA-I看護診断
  • 症状からみた看護過程の展開
  • 看護英会話入門
  • 看護師国試 必修チェック
  • KAN-TAN看護の実習マナー

など、看護師になってからも利用できるコンテンツをインターネットなしで調べることができます。

看護学校によって教育の方針も違うので、必要なときに購入すると良いかと思います。

アメリカに語学留学したり、アメリカ看護師を目指す場合におすすめの電子辞書

日本の看護学校を卒業後、アメリカに語学留学したり、アメリカ看護師を目指す場合は、

看護医学電子辞書13では、看護英会話入門になるので、
医学生用のプロフェッショナルモデルの方が良いです。

下の写真は、私が使用していた、カバーボロボロの医学生用のプロフェッショナルモデル電子辞書です。

カメナース医学生用のプロフェッショナルモデル

医学生用のプロフェッショナルモデル電子辞書の中には、ステッドマン医学英英辞典 / 医学英和大辞典が搭載されています。

英語医療用語の意味調べるならスマホで十分?アメリカ看護師試験 NCLEX対策もスマホで十分なのでは?

パソコンやスマホで意味調べられるから十分なのかも、その考えももちろんあると思います。

でも電子辞書があればいつでもどこでも、ネット環境が無い場所でも正確な情報や知識を得ることができます。

私が購入して使っていた医学生用のプロフェッショナルモデルの電子辞書はステッドマン医学英英辞典 / 医学英和大辞典も搭載の辞書です。

そのため、医療用語が入った医学プロフェッショナルモデルの電子辞書を購入する必要が出てきてしまいます。

しかし、医学生用のプロフェッショナルモデルはお値段が高く、アマゾンで検索してみたら59800万円します。パソコンやスマホで調べて不便を感じてから購入を検討して遅くはないのかなと思います。

パソコンやスマホで意味を調べる際も医療用語専用電子辞書で調べる際も、どちらにしても同じになりますが、アメリカ看護師資格を取るためには、一般の英語にプラスして医療英語を習得していきます。

まずは、わからない英単語の意味を英語で調べてみる、もしもあまりにもその英文説明を読んで意味が理解できない。

そんな場合は英語の単語を日本語で調べて意味をわかってから、もう一度、先ほど英単語の意味を英語で調べた英文での説明を理解する努力をして読んでみるのがおすすめです。

そうすることによって、徐々に辞書を使う頻度が減ってくることを実感できると思います!

昨今、英語ネーティブスピーカーの読み上げ機能もあるので活用しない手はないです。

あまりにも何度も同じ単語を調べてしまうなどのトラブルがある場合は、覚えられないリストなどを作成して隙間時間を利用して何度も意味を見直してみるのはいかかでしょうか。

その他の電子辞書

ちなみにアマゾンで「電子辞書 医療用語」の検索ワードで検索して結果をみてみたところ48件ヒットしました。

アメリカに語学留学したり
看護や医学関係の英語の勉強をするとき、
オンラインで英語を勉強するときと、全く同じです。単語の意味がわからないと何を書いてあるのか全く理解できない状態になります。

そこで高校生くらいを対象にした2-3万円くらいの電子辞書。

こちらの電子辞書には看護英会話入門など入ってるようですが、ステッドマン医学英英辞典 / 医学英和大辞典が搭載されていないのが残念かな...

この電子辞書では、医療用語の意味の多くを調べることが出来ないのです。

まとめ

今回は、医療用語電子辞書、買ったほうが良い? 実際に電子辞書を使ってみたレビューとして書いてみました。

電子辞書もやすいものではないので、本当に必要に迫られたときに購入してみる。軽いスタンスで大丈夫なのかと思います。

著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師、1級ネイリスト カメナース

【完全版】こんなに違う!日本とアメリカの看護師を徹底比較!

【完全版】こんなに違う!日本とアメリカの看護師を徹底比較!

看護職には、看護助手、准看護師、看護師、保健師、助産師、ナースプラクティショナー、麻酔看護師と種類がありますが、日米比べて「一体何がどこまで違うのか?」こんな疑問に答えます。仕事内容から年収まで、アメリカ看護師の魅力も含めて徹底比較してみました。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事