公開

弾丸ナース旅!イタリア第二の都市・ローマの休日で事件!

今回の弾丸ナース旅、うつ病の気配がある看護師の友人にとっても、きっと良い影響しか与えないに違いない旅。

アラブ首長国連邦・ドバイ

ギリシャ・アテネ

ギリシャ・サントリーニ島

イタリア・ナポリ・カプリ島・青の洞窟

そして次の目的地はイタリア・ローマへ看護師2人、ローマでの休日ゆったり過ごすため、弾丸ナース旅は続きます。

ヨーロッパ内を移動する場合、国と国が密接しているので飛行機やフェリー、長距離列車、メトロなど色々な移動手段を選択して旅ができる所も魅力の1つだと思います。

イタリア・ナポリからローマまでの移動方法は、長距離列車での旅を満喫してみたいと「トレニタリアTrenitalia」のチケットを購入から始めます。私達は、ナポリ市街地のナポリ中央駅 Napoli Centraleへ行き日本で言う駅ビュープラザみたいな、トレニタリアオフィッスで列車のチケットを購入しました。しかしヨーロッパの列車は全て同じようですが早めに予定が決まっている場合、前もってチケットをオンラインで購入した方が安くチケットを買うことができるので知ってて損はないです。

「トレニタリアTrenitalia」の席の様子

イタリア・ナポリ中央駅 からローマの最大の駅、ローマ・テルミニ駅までのトレニタリア所要時間は1時間ちょっと。意外にも早く都市から都市へと移動できます。

ホテルはローマ・テルミニ駅から徒歩圏内のホテルを利用してみました。ローマ・テルミニ駅周辺は治安があまり良くないことで有名なのですが、カプリ島・青の洞窟からナポリへ戻り、その後にローマ着の弾丸ナース到着は夜暗くなってからだったので、少しでも早くホテルにインしたいと思って選んでみました。

イタリア・ローマ・テルミニ駅からホテルまでは明るい道を歩いて約5分。用心しながらホテルへ向かう途中、治安が悪いにも程がある!といわざる事件が起きました。

私が小さなお店でお水を買っている間、わずかな時間ほんの少し外で待っていた友人へ警官を服を来て車で近づいてきて、最近この付近は治安が悪化してるから見回りをしているとのこと。「パスポートを見せてください」パスポートを見せると、見てあっさりパスポートを返してくれたそうです。

次は「お金はいくら所持している?」と聞いてきました。何か怪しいと思い、前日、日本円からユーロに両替したばかりで結構な額の現金を所持していましたが、旅慣れしている友人は、いつも現金をまとめて一箇所に入れて持ったりはしません。

「いっぱい使っちゃったから50ユーロくらいしかないかも」と答えると「財布を見せなさい」と言われたのです。長財布と小銭入れを持ってましたが、いつも長財布はバック内側のジッパーポケットの奥の奥に入れているので、小銭入れだけを見せました。財布の中を確認するのもほんの数秒の時間。後々思い出して観ると、1人の警官が財布中を確認している間、もう一人の警官がその警官の盾になるような位置に立っていたそう。そして、「旅行者が現金をたくさん持っているのは違法だ」なんだと話してきてました。

数秒で財布の点検を終わらせたようで、財布を返してきました。その後、どこに向かっているのか聞かれ「そこのホテルへ」と答えると「気をつけて、良い夜を」と言い残し車で去って行きました。

ホテルのロビーに着いて、先ほどの警官が偽警官であることが発覚。小銭入れに入れていた、クレジットカード、小銭はそのまま財布に入っているのですが、お札が1ユーロを数枚残して、10ユーロ2枚と20ユーロ1枚が無くなっていることに気が付いたのです。こんなこともあるので、治安が悪い地域ではもっともっと注意が必要です。

ローマ・ポリスレポートの一部

パスポートや持っていた現金より高い財布を取られなくて幸いでしたが、次の日に現地の警察署へ行ってポリスレポートを提出しました。ローマポリスレポートはイタリア語で書かれていますが、日本語が横に書かれている書類も用意してくれるので、もし旅行保険へ被害提出する時にも使えます。今回は現金盗難なので保険は使えなさそうです。

本物のローマ警察の方

気を取り直してローマの休日らしく、ローマの観光地へ出かけます。続きはまた。

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。