公開

看護師と患者さんの身を守る・4種類のプリコーション #16

病原微生物&感染症の知識を持ちインフェクションコントロール(感染症制御)の履修サティフィケートの提出が必要なほど大切なことは以前に紹介。

このページでは、インフェクションコントロールにも関係する4種類のプリコーションについて日本語と英語でまとめ。アメリカ看護師試験を受ける前に暗記するように教わった内容を書いています。英語で書いてある部分はアメリカ看護師試験を受ける前に MUSTで覚えておいたほうが安心です。

プリコーションとは、予防措置、用心、予防(策)、警戒、事前注意などの意味の言葉です。

看護師として自分の身を感染源から守り、患者さんも守る為に重要、アメリカ看護師試験のためだけでは無く就職してからもとっても大切になるので熟知しておきたい内容です。

標準予防策:スタンダードプリコーション:Standard precaution

普遍的予防策:ユニバーサルプリコーション:Universal precaution

スタンダードプリコーションとユニバーサルプリコーションは呼び方を変えているだけ。

医療従事者の保護を中心とした考え方であるが、感染症の有無にかかわらず全ての患者さんの血液、体液、排泄物を感染の可能性として取り扱う予防策のこと。

全ての対象者に接触する際に、適切な手洗いを実施。血液、体液、排泄物に触れる場合や飛び散りの可能性があることを考慮して適切な手袋、マスク、アイプロテクション、ガウンの着用が必要。

空気感染予防策:エアボーンプリコーション:Airborne precaution

患者さんは個室に入ってもらい、ドアは必ず閉める。同じ病原体を持つ患者さん同士は同室OK。患者さんが部屋の外へ移動する時はマスクを着用してもらう。

対象感染症

麻疹:Measles(rubeola)

帯状疱疹:shingles(herpes zoster)

水痘:Chickenpox (Varicella)

結核:tuberculosis

散在性帯状疱疹:scattered shingles

飛沫感染予防策:Droplet precaution

患者さんは個室に入ってもらい、ドアは必ず閉める。同じ病原体をもつ患者さんと同室はOK。

対象感染症

連鎖球菌性の咽頭炎:Streptococcal pharyngitis

連鎖球菌性の肺炎:Streptococcal pneumonia

マイコプラズマ肺炎:mycoplasma pneumonia

髄膜炎菌性肺炎:meningococcal pneumonia

おたふく:mumps

インフルエンザ菌:haemophilus influenza

ジフテリア:diphtheria

百日咳:pertussis

猩紅熱:scarlet fever

髄膜炎:Meningitis

風疹:rubella

接触感染予防策:Contact precaution

患者さんは個室もしくは同じ病原体をもつ患者さんと同室はOK。看護師が部屋へ入る時は清潔な手袋、ガウンを着用して部屋から出る前に着脱する。飛び散る物がなければマスクは不要。

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌:MRSA:Methicillin-resistant Staphylococcus aureus

疥癬:scabies

シラミ:lice

単純ヘルペス:herpes simplex

腸内感染:Enteric infection

RSウイルス感染症:Respiratory syncytial virus:RSV

伝染性膿痂疹(とびひ): impetigo

ウイルス性出血熱:viral hemorrhagic conjunctions

皮膚/創傷感染:skin/wound infection

Private roomGlovesMaskGown
Universal precautionYesYes if splashing is likelyWhen soiling is likely
Airborne precautionYes Doors closednot necessaryhepa filternot necessary
Droplet precautionYes Doors closednot necessarySurgical mask
workings 3ft of patient
not necessary
Contact precautionYesYesNoYes

プリコーションに関する問題

看護師は、髄膜炎と診断された患者さんにどの感染に基づく予防措置を実施するべきか問われています。

The nurse is caring for a client diagnosed with meningitis and implements which transmission-based precautions for this clients?

  1. Private room or cohort client
  2. Personal respiratory precaution device
  3. Private room with negative airflow pressure
  4. Mask worn by staff when the client needs to leave the room

Answer: 1

髄膜炎は飛沫感染する疾患です。この診断の患者さんへはプライベートルームもしくは同じ疾患の患者さんと同室OKなので回答は1となります。2の個人用呼吸器保護具や3の空気がお部屋の外へ漏れ出ないように陰圧をかけている部屋が必要なのは、結核などの空気感染予防策が必要な時です。4の患者さんが部屋を出る時に医療スタッフがマスク着用するのではなく、患者さんがマスクを着用しなければならない。

出典/引用/参考:SAUNDERS

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事