公開 更新

病原微生物&感染症・アメリカ看護師免許試験 NCLEX-RN受験勉強 #6

ニューヨーク州のアメリカ看護師は免許更新時にインフェクションコントロール(Infection control) : 感染症制御の履修証明(サティフィケート)を提出しなければならないほど重要視されている。アメリカ看護師免許試験NCLEX-RNでは、感染に関しての問題は高頻度で出題されます。

そこでこのページでは、病原微生物&感染症について暗記しておいてよかったなと思った内容をまとめています。

病原微生物と主な感染症

Pathogenic microorganisms and major infections

パソジェニック・マイクロオギニズムズ・アンド・メージャー・インフェクションズ

病原微生物主な感染症
Protozoiasis :プロトゾイアシズ : 原虫Entamoeba histolytica : エンタモバ・ヒストリティカ:赤痢アメーバー
Trichomonas vaginalis : 膣トリコモナス
Plasmodium spp : プラズモディウム : マラリア
Toxoplasma : トキソプラズマ
Pneumocystis carinii pneumonia (PCP): ニュモシスティスカリニ肺炎
Fungal : ファンガル : 真菌Candidiasis : カンジタ症
Tinea : ティニア: 白癬
Bacterial : 細菌(マイコプラズマ含む)Respiratory, urinary tract,
intestinal tract infection : 呼吸器・尿路・腸管感染症
Rickettsial : リケッチアTsutsugamushi : ツツガムシ病
Epidemic typhus : 発疹チフス
Chlamydia : クラミジアNongonococcal urethritis : ノンゴノコカル・ユレスライティス:
非淋菌性尿道炎

Trachoma : トラコーマ : 慢性角結膜炎
Spirochaete : スピロヘータSyphilis : シフィリス : 梅毒
Weil disease : ワイル病 : 黄疸出血、
ネズミの尿で汚染された水などから感染
Virus : ウイルス : Nucleic acids核酸1つ
しかないため極めて小さい生物

Acquired immune deficiency syndrome(AIDS) :
後天性免疫不全症候群、エイズ
Viral hepatitis : ウイルス性肝炎
Influenza (Flu) : インフルエンザ

菌の種類

Types of bacteria

Gram positive bacterium
グラム陽性菌
(濃い紫に染まる)
Bacillus anthracis : バシラス・アンスラシズ: 炭疽菌
Tuberculosis : トユーバーキュローシス : 結核菌
Diphtheriae : ジフテリア菌
Tetanus bacillus : テタナス・バシラス : 破傷風菌
Staphylococcus : スタフィロコカス : 黄色ブドウ球菌
Streptococci : ストレプトコッカイ: レンサ球菌
Botulinus : ボツリヌス菌
Gram positive bacterium
Gram negative bacterium
グラム陽性菌
(淡紅色に染まる)
Typhoid : タイフォイド: 腸チフス
Pest : ペスト菌
Shigella : シゲラー : 赤痢菌
E. coli : イーコーリ: 大腸菌
Cholera : コレラ菌
Gonococcus : ゴノコカス: 淋菌
Meningococcus : メニンゴコカス : 髄膜炎菌
Aerobic bacterium
エロービック・バクティアリアム
好気性菌
Facultative anaerobes
ファクルテティブ・アネロブズ通性嫌気性菌
Staphylococcus : スタフィロコカス : 黄色ブドウ球菌
などの多くの細菌

細菌と主な疾患

黄色ブドウ球菌の代表的な疾患
Staphylococcus スタフィロコカス
  • 化膿性疾患(皮膚感染・Otitis media 中耳炎 ・尿路感染症 UTI ・肺炎・骨髄炎・敗血症)
  • Food poisoning 食中毒(菌が賛成するEnterotoxin外毒素 による)
  • Infective endocarditis 感染性心内膜炎
  • MRSA
  • A型溶接性連鎖球菌の代表的な疾患
    Staphylococcus pyogenes スタフィロコカス ピオゲネス
    • Scarlet Fever:スカーレッドフィーバー : 猩紅熱
    • Acute glomerulonephritis : アキュート・グローメユローネフライティス: 急性糸球体腎炎
    • リウマチ熱
    肺炎球菌の代表的な疾患
    Streptococcus pneumoniae ストレプトコカス・ニューモニエ
    • Otitis media :オタイティス・ミーディア:中耳炎
    • Acute pneumonia : アキュート・ニューモーニア : 急性肺炎
    • Sinusitis :サイナサイティス : 副鼻腔炎
    • Enteritis : エンタライティス : 腸炎

    グラム陽性桿菌は芽胞形成菌と非芽胞形成菌に分ける

    グラム陽性桿菌/芽胞形成菌
    ボツリヌス菌:Clostridium botulinum クロストリディーウム・ボタリナムが賛成するどっくそにより食中毒を起こす。いち早くチャコールで胃洗浄する必要あり!嚥下障害や呼吸麻痺を起こす。小児のボツリヌス症は”ハチミツ”の摂取。1歳過ぎると菌分解するエンザイムできるけどInfantちゃんはエンザイムがないからボツリヌス菌にやられちゃう
    破傷風菌:Anaerobes アネローブズ嫌気性菌で強力な外毒素による中毒を起こす。土の中に+++で傷から侵入。けいれん、呼吸筋麻痺を起こす。Tetanus toxoid (im) テタナス破傷風トキソイド筋肉注射要。
    グラム陽性桿菌/非芽胞形成菌

    Tuberculosis 結核菌

    Diphtheriae ジフテリア菌

    グラム陰性桿菌

    グラム陰性桿菌Pseudomonas aeruginosa シュードモナス・エルジノーサ 緑膿菌
    抗生剤、消毒薬に抵抗性が高いためOpportunistic infection オポトゥニスティック・インフェクション 日和見感染を引き起こす。

    抗菌薬の選択と使用方法

    Coccus 球菌Baculus 桿菌
    G+
    Gram positive
    Staphylococcus *: スタフィロコカス : 黄色ブドウ球菌
    Streptococci : ストレプトコッカイ: レンサ球菌
    Streptococcus pneumoniae :ストレプトコカス・ニューモニエ 肺炎球菌
    enterococcus :エンテロコカス 腸球菌
    Diphtheriae *: ジフテリア菌
    Tetanus bacillus : テタナス・バシラス : 破傷風菌
    G-
    Gram negative
    Meningococcus : メニンゴコカス : 髄膜炎菌
    Gonococcus : ゴノコカス: 淋菌
    E. coli ●: イーコーリ: 大腸菌
    Influenza (Flu) : インフルエンザ

    *はペニシリン剤使用
    ●ペニシリン、セファム、アミノグルコイドを使う

    MRSA:Methicillin-resistant Staphylococcus aureus
    メチシリン耐性黄色ブドウ球菌
    セファム系の抗生剤を中心とした薬に耐性が誘導される代表的な感染
    Sepsis : セプシス : 敗血症
    pneumonia : ニューモーニア : 肺炎
    Enterocolitis : エンタローコーライティス : 腸炎
    治療薬:
    バンコマイシン(VCM)
    アルベカシン(Arbekacin sulfate)

    看護ゴロ覚え

    主なグラム陽性菌の看護ゴロ覚え

    ボケハジブヨウ

    ボ:ボツリヌス
    ケ:結核
    ハ:破傷風
    ジ:ジフテリア
    ブ:ブドウ
    ヨウ:陽性

    テトラサイクリンが有効の看護ゴロ覚え

    テント張ったらマリコを暗やみに

    テント張ったら:テトラサイクリン
    マ:マイコプラズマ
    リ:リケッチア
    コ:コレラ
    を:オウム病
    暗やみに:クラミジア感染

    About Me

    看護師応援サイト
    カメナース
    運営者情報
    Kame Nurse, BSN, RN
    Japan
    New York State
    California state

    北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しく運営情報ページへどうぞ。

    運営情報:詳細ページ

    カメナース note

    カメナースのノート

    学位授与機構単位振り表ノート

    亀ソーシャルメディア

    アメリカ看護師

    完全ロードマップCGFNSとは?
    なるには?種類いろいろ
    ニューヨーク看護師勉強方法
    カリフォルニア看護師難易度
    ハワイ看護師おすすめ教材
    海外で看護師仕事内容は?
    高収入・麻酔科看護師求人・就職

    日本看護師

    なるには?看護師の服装って?
    看護学生の休み仕事満足?
    看護実習のコツ求人・就職
    国家試験難易度年収

    学位授与機構(通信大学)

    カテゴリー

    サイト内検索

    人気の記事

    ピックアップ記事

    上へ