公開 更新

アメリカ看護師免許取得または移管の時の卒業、単位取得、成績証明書、審査機関への証明書に提出Q&A

こんにちはカメナースです。
下記のようなご質問を頂きました。

カリフォルニア州の正看護師免許をアリゾナ州へ移す為に看護学校に外国看護学校卒業生の成績を審議・審査する機関(CGFNS)に提出する書類をお願いしています。ですが、今までにCGFNSの手続きをした方がおらず、学校側が書類の記入を難しく感じているようで、一緒にシラバスを見て当てはまりそうな項目に記入していってる状態です。心配な事が必要単位数を満たしているのか、いないのか手探り状態なことです。カメナースさん、最低時間数とか分かりますでしょうか?

看護師が看護専門学校・看護専攻科・看護短大・看護大学を卒業して、 看護師国家試験に合格し看護師免許を取得後
キャリアアップを目指し様々な時

  • 新たに学校へ行きたい時
  • 大学院へ進学をしたい時
  • アメリカの看護師免許を取得したい時
  • アメリカのある州のRN(正看護師)の免許を他の州に移す時
  • 通信大学へ行き学位授与機構を利用して学士を取得したい時etc

に卒業証明書、単位取得証明書、成績証明書が必要になります。

看護学校卒業生側が注意することは、
証明書類のの保存期間が決まっているので注意が必要です。
私の場合もそうでしたが、
保存期間を過ぎていても保存してくれている卒業学校もあるりますが、そうでない学校もありますので、将来証明書が必要になるかもしれないと思っている方は、学校に保存をお願いしておいたほうが良いかと思います。文部科学省学校教育法 第28条などに詳細が書かれているようでした。
(私の卒業校へは感謝の言葉もないほど感謝しております)

ご質問の内容の最低時間数に関して、
看護専攻科&専門学校2年制の卒業生の単位取得時間は一番時間数が少なく、日本の看護国家資格を取得する資格を得ることができることから、文部科学省告示第63号を参照が良いかと思うのです。取得済み時間を当てはめる際、取得済み全時間数をどこかに当てはめるように指示を受けましたので、削りはしない方が良いかと思います。

私の場合、看護分野と一般教科4年間分の単位と時間の証明を提出しました。その時間の合計は、4375時間になってました。

看護専攻科・卒業証明書や成績証明書・関連法令

文部科学省学校教育法告示 第63号
概要:
平成28年4月から、一定の基準を満たす高等学校の専攻科の課程を修了した者の大学への編入学が可能となりました。
この制度は、高等学校の専攻科のうち、その課程を修了した者が大学に編入学することができる高等学校の専攻科の課程の基準を定めるとともに、一定の要件を満たす高等学校の専攻科の課程における学修を大学、短期大学及び高等専門学校において単位認定することができる学修に加えたものです。
また、短期大学及び高等専門学校の入学資格に、大学に編入学することができる専攻科の課程を修了した者を加えるとともに、独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が学士の学位を与えることができる対象として、大学に編入学することができる専攻科の課程を修了した者を加えました。
この制度は、中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部の専攻科も対象としています。

【CGFNS提出へ単位取得証明書コピー】


Youtubeへご質問いただいた内容:

CGFNSのRequest for Academic Records/ Transcripts の2ページ目のとても独特な内容(1.Community Health Concepts, 2.Geriatric Nursing, 3.Physical Assessment 4.Anatomy and Physiology 5. Ethical Considerations 6. Health Counseling 7. Human and Growth and Development Throughout the Lifespan, 8. Interparsonal Relationships, 9. Leadership in Nursing 10.Leagal Aspects in Nursing 11. Personal and Family Health Consepts 12. Nutrition 13.Phamacology and Administration of Medications 14.Professional Roles & Functions)なものを記入されたことありますでしょうか?その項目が細かすぎていったいどのくらいの時間あればいいのか悩んでおります。どのように対応されましたでしょうか?

当方が保存してあるCGFNS提出へ単位取得証明書コピーの
内容を比べてみるとCommunity Health Concepts、Ethical Considerations、Health Counseling、Human and Growth and Development Throughout the Lifespan、etc はないです。
すごく細かい分類に変わったんですね。
1から14全部勉強したような記憶があるので、単位時間数はどこかにまとめて入っているのかと思うのですが、こうなるとおっしゃるようにシラバスと取得単位を見て当てはまりそうな項目を看護科の先生に振りして頂くしかなくなると思います。大変なお願いを引き受けていただいていることになっているかとは思いますが、時間をかけてでも学校のご協力が必須になるので頑張ってください。あまり役に立てず申し訳ありません。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事