公開

【凄い&深刻】アマゾン・アップルは看護師の救世主!?

こんにちは、
日本看護師
アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア看護師
+ネイリスト
カメナースです。

【 YouTube フォローはこちらから 】 
【 note フォローはこちらから 】 
【 twitter フォローはこちらから 】 

【凄い&深刻】アマゾン・アップルは看護師の救世主!?

アマゾン、みんなが知ってる『お買い物できるサイト』、
アップルは『アップルウォッチに、マックPC』、

今日は、このアマゾンやアップルが、医師や看護師、医療者にとって、救世主な存在の話です。

アマゾン(Amazon)とは?

アマゾンは、アメリカ・ワシントン州のシアトルに本社があります。
スターバックスコーヒーも生まれた場所です。

『ECショッピングサイト』『Webサービス』の2つを主なサービスにしている会社です。ショッピング熟知がものすごく、どんなWebサービスをしているか、知らない人は多いはず。コロナウイルスの影響で、宅配業務が↑↑、約10万人を新規雇用するニュースが出たばかり。詳しい、Webサービスについては、後ほどお楽しみに。

アップル(Apple)とは?

アップルは、
アマゾンの本拠地のちょっと下、アメリカ・カリフォルニア州に本社があります。本社がすごい、UFO?宇宙ステーション?丸いですね。

『インターネット製品』や『デジタル電化製品』『ソフトウェア』の開発もしている会社。もはや、アップルを知らない人はいませんね。

アマゾン、看護師の救世主って?

アメリカの巨大企業・アマゾンは『ショッピング』『Web』のサービスをしてる会社、知らない人はいないですね。その中でも、ここ数年、めちゃくちゃ、医療プロジェクトに役立つ『Webサービス』を開発してくれています。

その1つが、アマゾン・コンプリヘンドメディカルです。 (Amazon Comprehend Medical)

コンプリヘンドメディカル
(Amazon Comprehend Medical)

これは、患者さんの診断、症状、医療検査の詳細、治療、投与量などの情報、 忙しくても、ぱぱっと引き出してくれる、電子カルテみたいなもの。

その次に開発されたのが、
アマゾン・トランスクライブ・メディカル (Amazon Transcribe Medical)

トランスクライブ・メディカル
(Amazon Transcribe Medical)

これは、医師、看護師などの医療者と患者さんの話しを文字に変換するもの。自動音声認識のアプリケーションを利用して、効率的で正確な医療メモ取りを提供するサービス。AI機械学習を活用した医療転写サービス。

アップル社のアップルウォッチ

アメリカの看護師たちにも、大人気のアップルウォッチ。日本でもアップルユーザーに大人気ですね。Mac PCとi Phone と相性がめちゃ良いですからね。

『アップルウォッチでできること』『看護学生・看護師にも役立つアップルウォッチでも発見できる不整脈、心電図』 も、あわせてご覧ください。

アマゾン・アップルは看護たちの救世主!

AIやITが人の仕事を奪うより、看護師に他のより重要な仕事をさせる救世主。
そんな開発が続いています。


アマゾン、アップル、今みんながよく使うグーグル、マイクロソフトなど、アメリカ巨大企業がこぞって、医療者の不足をテクノロジーで後押し。

看護師は、患者さんの状態を事細かく聞き、電子カルテ記録するため、患者さんとのやりとりが、自動的にカルテに記録されるとすごくに助かります。文字でも、音声でも動画でも。全自動で。

おそらく、日本の多くの病院の看護師の残業は、この作業によるところも多いのです。

新人の看護師ほどその負担は大きく、この作業の簡略化は急務です。

日本の企業のテクノロジー系サービスの導入、セキュリティの問題など、大臣がUSBすら知らなかった遅れの影響も強いのかも知れません。

看護師と電子カルテ・看護記録

これからは、ますます日本の看護師の不足は、深刻化して行きます。

これから看護師になりたいと思っている、ブログ読者さんは、看護大学へ行き、資金が豊富にあるところへの就職をしていかなければ、バーンアウト(燃えて疲れて、体と心が壊れる)する可能性が高くなります。

看護師になるためには|どの方法が一番良いの? もあわせてご覧ください。

看護師になるためには|どの方法が一番良いの?

看護師になるには、どの方法が一番良いの?これは、私が中学生のころ、高校の進路を決めるときに、疑問に思ったことでした。あの頃は、世間をよく知らなかった...ばかりに.. 私はかなり遠回りして国際看護師になりました。亀仙人の経験、世の中の流れを知って素敵な未来を!

この記事のまとめ

コロナウイルスの影響で、働き方改革ますます必要です。
問題は、時期がくれば、鎮静化。
時が経過すると、未来は自然にあなたのもとへ。

生活しにくいと感じたら、環境を変えてみるのもアリかも知れないです。私は、環境をたくさん変えて、変えるたびに、良くなってます。

あなたの未来にも、もっと身近な救世主がいますよ...
では、今日も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。