公開

看護師が患者さんと英会話する時、英文法は必要?
English grammar for Nursing

看護師が患者さんと英会話する時、英文法は必要ですか?とご質問がありましたので、私の考えをまとめてみました。

看護師は人と関わる職業なので常に患者さんと病気について、これから看護ケアを提供する前になどにカンバセーションが必要となります。特に看護留学したばかりの頃は特に、英語ネイティブの患者さんがベラベラーベラーと速いスピードで話しかけてくると、慣れない環境もあるためか英会話パニックになることがあります。

仕事を始めたばかりの頃、具合の悪い患者さんは機嫌も良くないことが多く、看護師なのにこれくらいの英語も話せないのか!とバカにした態度をされる方もいらっしゃいます(いました)。高校でも看護学校でも大学でも英語の授業を受けていたのに話せないの.....ごめんなさいという気持ちでいっぱいでした。

世界がグローバル化し、日本へ旅行に来られる海外旅行者も年々増加。今や、コンビニやファストフード店などで活躍している外国人の方も多く見かけるようになって来ました。少子化に伴い日本人の労働人口が減少する中、医療の分野では看護師不足、介護職員不足で海外の方に日本で仕事してもらう為の政策がビシビシ検討されてます。

日本語は世界中の言語の中でも、習得するのが難しい方の言語だとされてます。
日本人の看護師の方が英会話できるようになる、 今後の看護を英語で考える、ご質問してくださった方、将来を見据えててとても素敵だなと思いました。いくらAIに英会話を集約し翻訳や通訳機能が発達したとしても、随分便利にはなると思いますが、人が話す温かみまでは補うことはできないのではないかな?と感じます。

英会話パニック
English conversation panic

日本語と英語では文を構成する時の順番が違うのはご承知のとおり。
医療英単語はたくさん知ってるけれど、何だかんだ会話が通じてない。そんな経験があるあるあなのかもしれません。

例えば、簡単なところで、
「血圧を測りたい」
血圧 ブラッド・プレシャー Blood pressure. 
測りたい
ブラジャー買いに行った時に胸のサイズ測ってもらった時、メジャーを使ってたな。
ブラッド・プレシャー メジャー Blood pressure measure.
測りたい want
Blood pressure measure want.
これで通じるでしょ。
この文では、
主語がBlood pressureになってしまっているために通じない。
何おかしなこと言ってるの?
となり、患者さんに嫌な顔をされてしまったりすると、英会話をするのことに恐怖を感じてしまう人も...

英語パニック&恐怖にならないためには、英文を組み立てる必要最低限の中高レベルくらいの英文法の知識は必要かなと思います。患者さんの言ってることがわかって、自分の言いたいことを伝えることができれば良いと思うんです。

I will take your blood pressure, Please place your right arm on that stand and relax your arm muscles. Your blood pressure is 78 over 54. you have low blood pressure. Are you alright?
I'm going to take your blood pressure one more time, could you pull up your shirt sleeve?
血圧をお測りしますね。右手をスタンドの上に乗せてリラックスしてくださいね。血圧は78/54でした。血圧低いですね。大丈夫ですか?
もう一度血圧を測って見るのでシャツの袖を上げてもらっていいですか?

時々、今でも
英会話に英文法は必要ない。
赤ちゃんは文法なんて知らないでしゃべりる。
だから英文法は勉強しなくても覚えなくても良い。
と言っているのを聞いたりもしますが、赤ちゃんから思春期前までの脳は急速に発達することは、看護師の勉強をした人なら、子供の発達段階で勉強済みだからどのように赤ちゃんと大人では異なる違うのかすぐ想像ついちゃいます。

英語ネイティブの赤ちゃんのように、他の言語を覚えていない、真っさら脳に、毎日英語を聞ける環境で、英語シャワーを浴びることができる以外は、最低限の英文法を覚えるほうが良いと私は思いますが、みなさんはどう思われますか?患者さんとの会話だけなら、最低限の文法で問題なさそうと感じませんか?

もし、アメリカの看護学校や大学に行く場合は、英文で論文を提出することがめちゃ多いので、一般に言われるビジネス英語も通用する文法を習得していないと、大変な思いを人によってはしてしまうかもしれないです...

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事