公開 更新

アメリカ看護基礎知識!人種の特徴・宗教の特徴を日本語で理解 #4

こんにちは
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師+ネイリストのカメナースです。

アメリカ看護師試験NCLEX-RNに高頻度で出題される。
人種・宗教の基礎知識を問う問題。

日本では外国人の患者さんが入院してこない限り知ることもない内容がテストに出題される。

アメリカは人種のるつぼ(Melting pot)、サラダボール(Salad bowl)などの表現で示されるように、多種多様な人々が一緒に生活している。

この多彩な人々を看護することはアメリカナースの醍醐味。

  • 「患者さんの生活そのものを知る」
  • 「人種や宗教」
  • 「どんなことを好むのか」
  • 「どんなことを嫌がるのか」

この記事では、人種の特徴・宗教の特徴をまとめてます。日本語で要領よく理解して1回目合格を狙いましょう!
Basic knowledge of race and religion Summary

アメリカ看護知識!必ず知るべき人種の特徴・宗教の特徴を日本語で理解

フィリピン系のアメリカンの特徴 Filipino

  • 痛みを自分から訴えてこない
  • 痛みをすごく我慢する

ヨーロピアン系アメリカンの特徴 European American

  • アイコンタクトは信頼(trust worthiness)できることを意味して良く行う
  • コミュニティーソーシャルが重要
  • 冷静&ストイックに見える(appear stoic)
  • 男が支配的(Man is dominant)

アフリカン系アメリカンの特徴 African American

  • 死んだ人と話したりするのはカルチャーによるものなので異常ではない
  • 病気は悪魔(demon)と精神・魂(spirit)の不調和(disharmonious)によるものだと思っている
  • 初対面で個人的なパーソナルな質問を嫌がる傾向が強い

アフリカン系アメリカンの特徴を知っておかないと正解回答できない可能性が高い問題

A nurse in an ambulatory care clinic is performing an admission assessment for an African-American client scheduled for a cataract removal with an intraocular lens implant. Which question would be inappropriate for the nurse to ask on an initial assessment?

  1. "Do you ever experience chest pain?"
  2. "Do you have any difficulty breathing?"
  3. " Do you have a close family relationship?"
  4. "Do you frequently have episodes of headache?"

Answer: 3

外来診療クリニックの看護師が、白内障眼内レンズインプラントを予定しているアフリカ系アメリカ人の患者さんの入院評価を行っています。 看護師が初期評価で尋ねるにはどの質問が不適切ですか?か問われている問題です。回答3は、初対面で個人的なパーソナルな質問を嫌がる傾向が強いアフリカ系アメリカ人患者さんの特徴を考慮していない質問です。

出典/参照:SAUNDERS

メキシカン系アメリカンの特徴 Mexican American

  • 挨拶はシェークハンド(shake hands)握手をする
  • 食事は社交(socialization)と思っていて家族や友人を含めて大切にしている
  • スキンシップやタッチするのOK
  • うなずきやスマイルで接するのが良い
  • ユーモアはカルチャーによって違うので避けた方が良い
  • ミルクをたくさんのみないことが多い

チャイニーズ系アメリカンの特徴 Chinese American

  • 目を合わせたがらない
  • 病気は陰(yin)と陽(yang)のアンバランスによってなると思っている
  • ミルクにイントレランス(intolerance)不耐性なことが多い
  • ベジタブルが好き
  • デザートに砂糖多目を嫌がる

チャイニーズ系アメリカンの特徴を問われている問題紹介

A Chinese-American client experiencing anemia, which is believed to be a yin disorder, is likely to treat it with:

  1. Magnetic therapy.
  2. Intercessory prayer.
  3. Foods considered to be yin.
  4. Foods considered to be yang.

Answer: 4

病気は「陰」と「陽」のバランスが悪い場合に罹患するとされています。貧血は体が冷えてしまう「陰」の疾病とされています。「陰」の疾病の時は、体を冷やす「陰」の食べ物は食べないようにして、体を温める「陽」の食べ物を摂取するように考慮して治療する可能性が高いとされてます。体を温める「陽」の食べ物は、ニンジン、カボチャ、肉類、鮭、卵など、暖色系の食物で冬が旬の食べ物が含まれます。

出典/参照:SAUNDERS

アジアン系アメリカンの特徴 Asian American

  • フィジカルスペースをあける
  • アイコンタクトにリミットがある
  • ハンドジャスチャーも苦手・ダメ

ネイティブアメリカンの特徴 Native American

  • タッチしちゃダメ
  • アルコール中毒になりやすい
  • ミルクをあまり摂取しないからビタミンD(VD)欠乏しやすい
  • 油ぽい食べ物やコーンを食べる
  • アイコンタクトを避ける
  • スピリチャルヒーリングや宗教をすごく大切に使っている

ナバホネイティブアメリカンの特徴 Navajo American

  • アイコンタクトを避けるけれど異常ではない

キューバン系アメリカンの特徴 Cuban American

  • 人前で大きな声で泣いたり感情を思いっきり外に出すことを好ましいとしてる

キューバン系アメリカンの特徴を知っておかないと正解回答できない可能性が高い問題

The nurse is providing care to a cuban-American client who is terminally ill. Numerous family members are present most of the time and many of the family members are very emotional. The appropriate action is to:

  1. Restrict the number of family members visiting at one time.
  2. Inform the family that emotional outbursts are to be avoided
  3. Request permission to move the client to a private room and allow the family members to visit.
  4. Contact the physician to speak to the family regarding their behaviors.

Answer: 3

看護師は、末期症状のキューバ系アメリカ人の患者さんにケアを提供しています。たくさん家族がいつもお見舞いにきていて、その家族は感情的を思いっきり出している状態です。 看護師の適切な対応は次のどれになるか問われている問題です。キューバン系アメリカンの特徴を考慮して看護すると回答は3の選択になります。

出典/参照:SAUNDERS

アーミッシュの特徴 Amish

  • 特にアーミッシュの女性は教育が十分でないので医療専門用語(Medical jargon:ジャーゴン)や科学的(Scientific)な語を使って話さない

ヒスパニック系子供の特徴 Hispanic child

  • 悪意・魔眼に満ちた目(Evil eye)を信じているので、ジーと見つめたりしては駄目、ダイレクトアイコンタクト駄目
  • 過度に称賛(Overly admiring)はダメ
  • 病気は罪(Sin:シン)からなっちゃうと信じている
  • ボディーランゲージやリアクションが大きい

アパラチアンの特徴 Appalachian

  • アパラチア山脈に住んでいる白人でパーソナルリレーションシップを好む
  • 役所的なオリエンテーション(Bureaucratic orientation)を嫌う

ギリシャ系の人達の特徴 Greek

  • Bad eyeやEvil eyeを信じている
  • 魔よけのお守り(amulet)を外したがらない

以上が私がアメリカ看護師資格試験を受ける前に暗記した多種多様な人々が生活するアメリカ看護に必要な人々の特徴でした。

今日も勉強お疲れ様でした。

About Me

看護師応援サイト
カメナース
運営者情報
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しく運営情報ページへどうぞ。

運営情報:詳細ページ

カメナース note

カメナースのノート

学位授与機構単位振り表ノート

亀ソーシャルメディア

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事

上へ