公開 更新

アメリカ看護師免許システム|いろいろな場所で働けるアメリカナース免許提携とは|NLC|Nurse Licensure Compact

こんにちは、日本とアメリカ看護師+ネイリストのカメナースです。

日本の看護師はアリゾナ州の看護師免許を、
英語スコアなし、
SSNもなし、
日本でも受験ができる。

とりやすいアメリカ看護師免許だから、
ニューヨーク州のアメリカ看護師免許をとる人が、
他の州に比べ、たくさんいます。
しかし、
ニューヨーク州はとりやすいから取るだけで、
実際に住むのは、
ニューヨーク州ではなく、
他の場所なんです。

そのような場合は、
また、再度、他の場所で、看護師試験(NCLEX-RN)を受ける必要があるのでしょうか?

この記事は、その疑問を解決できる内容です。

アメリカナース免許提携は活用できる度が大きい

アメリカナースの資格、将来のために取っておこうかなと思った、アメリカナースの免許は、日本の看護師免許のように、

どの県や市で働くことができる免許と違って、各州の免許になるので、どの州のナース免許を取るか決めかねている看護師さんもいらっしゃるようです。

その他には、
アメリカ看護情報をある程度、収集済みの方は、免許取りやすいニューヨーク州の免許の取得を考えているんですけど、実は働きたい州は、マイアミビーチがあるフロリダ州なんです。

こんなナースさんもいました。
アリゾナ州看護師免許を持っているのですが、パートナーの転勤でニューヨーク州に引っ越しする。

このようなときに、知っておくと便利なのが、アメリカナース免許提携複数の州で有効な1つのアメリカナース免許を持つことができるNLC:Nurse Licensure Compactシステムです。

アメリカ看護師も意外に便利|いろいろな場所で働ける

アメリカ看護師になってアメリカでも看護の仕事がしたい

海外旅行だけでなくて、
・海外で生活したい
・アメリカの人と国際結婚するんです
・結婚するなら国際結婚がしたいんです
・地震の多い日本を脱出したいんです
・気候最高のハワイ、カリフォルニア、フロリダで過ごしたいです。

いろいろな事情や理由で、以前に増して世界へ飛び出したい看護師さん増えていると、Youtubeやブログをはじめてから感じる今日この頃です。芸能人の方や資金に余裕のある方など、だいぶアメリカ移住していますね。

アメリカ移住しても、看護師の仕事がしたいと希望している、日本の看護師もたくさんいます。私もその一人です。

しかし、アメリカの看護師の免許、
ニューヨーク州の免許はとりやすいと知っているけど、
他の場所で実際には働く場合、また、試験受けるの?

受けなくて大丈夫な場所がたくさんあります。

カナダ、メキシコなどの、
アメリカ以外の国もそうですし、
アメリカナース免許提携に加盟している州であれば、 アメリカ看護師試験(NCLEX-RN)を再度、受けなくても大丈夫です。

アメリカナース免許提携への加盟一覧

複数の州で有効な1つのアメリカナース免許を持つことができるアメリカナース免許提携:NLCに加盟している州リストになります。

2020年1月9日の時点で、現在34の州がNLCからeNLCへアップデートされました。

  1. アラバマ州(AL:Alabama)
  2. アリゾナ州(AZ:Arizona)
  3. アーカンソー州(AR:Arkansas)
  4. コロラド州(CO:Colorado)
  5. デラウェア州(DE:Delaware)
  6. フロリダ州(FL:Florida)
  7. ジョージア州(GA:Georgia)
  8. アイダホ州(ID:Idaho)
  9. インディアナ州(IN:Indiana)TBD
  10. アイオワ州(IA:Iowa)
  11. カンサス州(KS:Kansas)
  12. ケンタッキー州(KY:Kentucky)
  13. ルイジアナ州(LA:Louisiana)
  14. メイン州(ME:Maine)
  15. メリーランド州(MD:Maryland)
  16. ミシシッピ州(MS:Mississippi)
  17. ミズーリ州(MO:Missouri)
  18. モンタナ州(MT:Montana)
  19. ネブラスカ州(NB:Nebraska)
  20. ニューハンプシャー州(NH:New Hampshire)
  21. ニュー・ジャージー州(NJ:New Jersey)TBD
  22. ニューメキシコ州(NM:New Mexico)
  23. ノースカロライナ州(NC:North Carolina)
  24. ノースダコタ(ND:North Dakota)
  25. オクラホマ州(OK:Oklahoma)
  26. サウスカロライナ州(SC:South Carolina)
  27. サウスダコタ州(SD:South Dakota)
  28. テネシー州(TN:Tennessee)
  29. テキサス州(TX:Texas)
  30. ユタ州(UT:Utah)
  31. バージニア州(VA:Virginia)
  32. ウェストバージニア州(WV:West Virginia)
  33. ウィスコンシン州(WI:Wisconsin)
  34. ワイオミング州(WY:Wyoming)

アメリカ国内で、引越しをたくさんする予定がある方やトラベルナースでいろんな州で仕事をしたいと思われている方、このシステムを利用するのが良いと思います。

私のアメリカ看護師免許こと

私は以前、
ニューヨーク州看護師免許を取り、
数年、ニューヨークで働いた後に、
カリフォルニア州に引っ越しが決まりました。
そのときカリフォルニア州もニューヨーク州も、
まだ、
NLC州に登録されていない州であることを知ってガッカリでした。
(2020年の時点でも、カリフォルニア州もニューヨーク州もまだ、加盟してません)

NLC加盟の一覧のアメリカの各州を眺めて見ると、
今のところ日本人に人気のハワイ州、カリフォルニア州、ニューヨーク州、オレゴン州、ワシントン州、アラスカ州、グアム、サイパンもNLCに登録されていないのが残念です。
しかし現在、アメリカのどの州も1つの免許で、どの場所でも働けるように議論が続けれれています。

今のところ、カリフォルニア州は、NCLを利用することはできませんので、ニューヨーク州で免許した情報をカリフォルニア看護ボードに『エンドース』する手続きをしました。

『エンドース』は簡単です。再度、NCLEX-RN試験を受けることなく、ニューヨーク州とカリフォルニア州の両方の免許を持つことができています。
このように手続きのみで免許を取得することを『エンドース』『免許を移す』、『トランスファー』、『移管』、と表現します。

では、今日はここまでで、

最後までお読みくださりありがとうございました。

ニューヨーク州看護師免許をカリフォルニア州にエンドース|かかる時間はどのくらい?費用は?

ニューヨーク州看護師免許が取りやすい州であるため、まずニューヨークで取得後にカリフォルニア州へエンドースする人が増えているようです。エンドースメント時間や費用、準備しておいたほうがスムーズになるもの、eSAVEの新情報をまとめた記事です。

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。