公開 更新

【2020年〜2030年】看護師不足なのはアメリカのどこの州?

【2020年〜2030年】看護師不足なのはアメリカのどこの州?

こんにちは、カメナースです。

今回は、アメリカで看護師が不足しているとよく聞きますが、
「それは一体どこの州?」こんなテーマでお話させていただきます。

アメリカには50の州があり、州によって大きく事情が違います。

将来アメリカで看護師として就職を目指すなら、知っておいて損はない、そんな情報をまとめました。

そもそも看護師不足って本当?

現在、50歳以上のアメリカ看護師は約100万人。
この人たちは、次の10〜15年で定年退職を迎えることになります。

アメリカ国民、民間企業、アメリカ看護師の頑張りで、現在のアメリカの看護師不足は、少しずつ解消されてきているとされています。

しかし、アメリカ労働統計局の発表によると、それには地域によって差がある、とのことです。

下の表は、各地域で、2030年までに、どれくらいのアメリカ看護師が不足か予測された表です。

引用:Bureau of Health Workforce

カリフォルニア、テキサス、ニュージャージー、サウスカロライナ、アラスカ、ジョージア、サウスダコタの州の看護師が不足する、ということなので、これら州の求人がこれから多くなる、と予想できます。

テキサス州は「トヨタ自動車」がカリフォルニア州から本拠地を移転したことから、日本語と英語のバイリンガル看護師の需要もアップするとされています。永住権のスポンサーをしてでも、バイリンガル看護師を雇いたい、こんな病院が将来的に増えると予想されますので目を向けてみるとよいかもしれません。

続いてカリフォルニア州は、シリコンバレー、シリコンビーチ周辺に、Apple , Amazon, Youtube, Facebookなど、名だたるIT系企業がある影響で、物価が大きく上昇している州です。それにより看護師の給料も世界一位。

アメリカ国内看護師年収ランキング上位5位までを独占しています。

  1. サンフランシスコ:約$136,000ドル
  2. サンタクルーズ:約$124,000ドル
  3. ヴァレーオ:約$124,000ドル
  4. サンノゼ:約$120,000ドル
  5. サリナス:約$120,000ドル

正看護師でこの給料ですから、麻酔科看護師やナースプラクティショナーは、さらに高い年収になります。日本でこの給料は「医師」レベルです。やりがいのある仕事+安定の給料額は、さすがアメリカです。

当局によると、定年する看護師がいなくなる分、新人の看護師を教育してくれる学校が、まだまだ足りてないらしいのです。今現在で学校の増加率は3.8%とのこと。

ベテラン看護師の定年は、病院にとっても大きな打撃なのですね。

一方、フロリダ州、オハイオ州、バージニア州、ニューヨーク州、ミズーリ州、ノー​​スカロライナ州は、看護師が余っています、、

ニューヨーク州の看護師免許を取ろうと思っていた人には悲報.....です。しかし、ハドソンリバーを渡るだけで移動可能な隣の「ニュージャージー州」では不足する模様です。ニューヨークの摩天楼を眺めながら仕事をするのもいいかもしれません。

この記事のまとめ

アメリカの看護師不足は、年々解消されてはいるものの、ベテラン看護師の退職で、それをカバーする学校が不足している。

そのため、アメリカの看護師不足には『地域差』がある、ということです。

日本の看護師免許を持っていれば、『学校の不足』は気にする必要はありません。
なぜなら、学校へ行かなくても『アメリカ看護師NCLEX-RNの受験資格』が与えらているからです。
この点は、『日本看護師にとって大きなメリット』です。

トランプ大統領の移民政策により、アメリカへの就職がむずかしい時期が続いていましたが、2020年は、海外での生活を目指している方には、追い風になる変化があるかも知れません。

トランプ大統領選挙から目が話せない年です。

カメナースブログでは、アメリカの看護師や国際看護師になりたいと、たくさんの読者さまからメッセージをいただきます。

将来の進路を考え、なんとなく海外に住みたい、海外で仕事がしてみたい、そう考える中学生や高校生の方。

そして、国際結婚、パートナーの転勤で、真剣にアメリカで看護師免許を取得しよう情報収集をしている方など様々です。

姪っ子から「ねーちゃんみないな看護師になりたい」と言われて始めたのがこのブログです。こんなド下手な文章をいつも読んでくださる読者さまには、感謝の気持ちでいっぱいです。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事