公開

アメリカ看護師不足、ほんとなの?【2020年-2030年】就職・難易度

こんにちは、
日本看護師
アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア看護師
+ネイリスト
カメナースです。

アメリカ看護師や国際看護師になりたいと、たくさんのメッセージ。

  • 中学生や高校生の方が、将来の進路を考え、なんとなく海外に住みたい、海外で仕事がしてみたい
  • 国際結婚、パートナーの転勤で、真剣に海外アメリカで、看護師免許を取ると情報収集をしている方など

親戚が「ねーちゃんみないな、看護師になりたい」が1つのきっかけで、
書き始めた、
私の文才ないブログ、
見てくださりうれしい限りです。

【 YouTube フォローはこちらから 】 
【 note フォローはこちらから 】 
【 twitter フォローはこちらから 】 

そこで、この記事では、

『アメリカ留学する場所選び』『アメリカ看護師求人募集をみるとき』『就職するときの難易度』に大きく関係する、

  • アメリカの看護師不足は、解消されてきているのか?
  • それとも、まだまだ看護師不足は続いているのか?

アメリカで看護就職を目指すなら、是非、知っておいて損はない情報をまとめました。

アメリカ看護師不足、ほんとなの?【2020年-2030年】就職・難易度

アメリカの看護師不足は、解消されているのか?

現在、50歳以上のアメリカ看護師は約100万人。
この看護師たちは、次の10〜15年で定年退職を迎えることになります。

アメリカ国民、民間企業、アメリカ看護師の頑張りで、現在のアメリカの看護師不足は、少しずつ解消されてきているとされています。

しかし、地域の差があると、
アメリカ労働統計局が発表を出しました。

下の表は、各地域で、2030年までに、どれくらいのアメリカ看護師が不足か予測された表です。

2030年までの不足・看護師・予測

引用:Bureau of Health Workforce

カリフォルニア州、テキサス、ニュージャージー、サウスカロライナ、アラスカ、ジョージア、サウスダコタの看護師不足しています。

このことは、この州の看護師求人はこれからも多くでる。看護師を確保したい病院が多くあることを意味しています。

テキサスは、日本企業のトヨタがカリフォルニア州から移動したことから、日本語と英語のバイリンガル看護師の需要もアップするとされています。グリンカードのスポンサーをしてでも、バイリンガル看護師を雇いたい病院に目を向けてみるとよいかもしれません。

カリフォルニア州は、シリコンバレー、シリコンビーチ周辺に、Apple , Amazon, Youtube, Facebookなど、名だたるIT系企業がある影響で物価が上昇している州です。それにより看護師の給料も世界一位。

アメリカ国内看護師給料ランキング上位5では、
カリフォルニア州が上位をしめています。

     
  1. カリフォルニア州サンフランシスコ:約136,000
  2. カリフォルニア州サンタクルーズ:約124,000ドル
  3. カリフォルニア州ヴァレーオ:約124,000ドル
  4. カリフォルニア州サンノゼ:約120,000ドル
  5. カリフォルニア州サリナス:約120,000ドル

看護師でこの給料、麻酔科看護師、ナースプラクティショナーは、これ以上に。日本で、この給料は看護部長、師長レベルです。やりがいのある仕事+安定の給料額は、さすがアメリカです。

同局によると、定年する看護師がいなくなる分の看護師を教育してく学校が、まだまだ足りてないらしいのです。
ベテラン看護師の定年は病院にとって大きな打撃。学校の増加率は3.8%とのこと。
日本とアメリカの看護大学教育の記事もあわせて、ここをタップしてご覧いただけます。 

しかし、フロリダ州、オハイオ州、バージニア州、ニューヨーク州、ミズーリ州、ノー​​スカロライナ州には、たくさんのアメリカ看護師が、、

ニューヨーク州のアメリカ看護師免許を取ろうと思っていた人には、悲報.....です。しかし、ハドソンリバーを渡るだけで移動可能、ニューヨーク州の摩天楼を眺めるにも最高のニュージャージー州は、看護師不足。

ニューヨーク州看護師の求人募集が少なく、就職がむずかしい状況でも、なんとか回避できるかも知れません。

この記事のまとめ

アメリカの看護師不足は、解消されてきてはいるものの、ベテラン看護師の退職する人数をカバーする『学校の不足』の問題と、

アメリカ看護師不足には『地域差』があります。

日本の看護師免許を持っていると、
アメリカの『学校の不足』問題を気にする必要はなくなります。
アメリカの学校へ行かなくても、『アメリカ看護師受験の資格』が与えらているので。
この点、『日本看護師にとって大きなメリット』です。

トランプ大統領さまのアメリカへの移民、受け入れの締め付けで、アメリカへ就職するのがむずかしい時期が続いていましたが、今年は、海外での素敵な生活を目指している方に、追い風になる変化がある2020年かも知れません。

トランプ大統領選挙から目が話せない年です。

サイト内検索

カテゴリー

人気の記事

ピックアップ記事

About Me

About Me

カメナースブログでは日本とアメリカの看護経験、看護師として伝えたいこと、アメリカ生活や旅情報「この情報を知ってもらえば!」「いろいろな道が選べる!」一人でも多くの「私にもできた!」を増やしたくてネットに載ってない情報や体験談を書いています。 どんな人がブログを書いているの?血液型、O型。性格、冷静で優しい性格とよく言われます。 さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。