公開

留学に失敗してしまう看護留学生の特徴とは
残念な結果にならない為に知っておきたい

世界を飛び回る国際看護師になりたいです。日本にやってくる外国人の方に母国語で看護提供したいです。海外の看護師の給料が良いので海外で看護師の免許を取得したいです。

どのような理由にせよ、日本で産まれ育ち、他の外国の国で看護師免許を取得するとなると超天才な人は別かもしれないが、通常は相当な努力が必要であることに間違いないと思います。

では、海外で看護師免許を取得して世界で活躍している看護師さんと、そうでない看護師さんは何か異なるか?

残念な結果にならない為に知っておきたい、留学に失敗してしまう看護留学生の特徴をリストしてみました。

看護留学に失敗する留学生の特徴

  • 身体も精神も弱い、もろい
  • 計画性が無く、留学資金の貯金をしていない
  • 計画性が無く根性も努力もしない(努力し気になっている)
  • 十分な貯金がなく、親からの金銭的留学援助もしてもらえない
  • スカラシップをもらえる状況にない十分
  • 臨機応変な対応ができない
  • 社交性に乏しすぎる
  • 海外の看護師の給料が日本より高いと云う理由だけで留学する
  • 妬みが激しい
  • 悪いものごとが起きた時、「誰かのせい」と考える傾向がある

上記の多くに心当たりがある人は、留学する前にもっと考えてみたほうが良いのかなとは個人的に思います。

上記の特徴がある人が目標や夢を叶えることができていない状況をたくさん見てきました。ひと昔前のアメリカでは、海外から看護師になりたい人へ優先的に労働ビザと永住権(グリーンカード)が発行されていました。しかし現在は、看護師に対しての優遇がなくなってしまってます。

その為に、前よりさらに心して看護留学を考えたほうが良い状況になっているので、上記にあげた特徴がある場合、一度、自分自身を客観的に見直し改善してから留学へ望むのが良いのかもしれないです。

看護留学に成功する留学生の特徴

  • 身体も精神もかなり健康・タフ
  • 計画性があり、十分な留学資金に使える貯金をしている
  • いざという際に親からの金銭的留学援助をしてもらえる
  • スカラシップを利用できる能力がある
  • 計画性があり、何事もあきらめない根性があり、努力もするタイプ
  • 計画的に勉強をしてきた実績がある
  • 計画的に勉強をしてきた実績がなくても、留学後に計画的に勉強することができる
  • 臨機応変な対応ができる
  • 社交性があり、人との繋がりをもてる
  • 情報収集をしっかりしている
  • 非常に運が良く、運を引き寄せる行動パターンをしている
  • 自分を客観的に冷静に観察できる力がある

上記にあてはまる人は留学して、自分の夢や目標を達成できる力をもていると思います。まずは行動を起こすことから始めてみるのは、どんな人も同じなのではないでしょうか。世界は広く、日本の外に飛び出した経験は、もしも看護留学が失敗に終わったとしても、その人の中で大きな価値となって、そのひとの看護に関する価値観や人生観を変えていると思います......

アメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダへ看護留学を比べてみた感想

世界は広いですね。日本の外に飛び出してアメリカ・イギリス・オーストラリア・カナダなど海外の各国の看護留学を比べてみました。

アメリカ・イギリス・オーストラリアは、まず英語のアクセントが異なるので、自分が慣れていない圏の場合、特に医療英語の聞き取りが難しいことがあります。アメリカとカナダはすごく大きな差は無いように感じます。

◆アメリカで看護留学しその後、アメリカで働きたいなと思った場合、H1Cの看護師専用の労働ビザが廃止されている為、H1Bや永住権(グリンカード)を通常の職業の人と同じように取得するしかなくなってしまったことで看護師への優先枠というアドバンテージが無くなっている状況。しかし、優先ではないものの一般の職業の人と同じように永住権の申請許可がおりるのが以前より早くなっている。

◆オーストラリアに留学した友はオーストラリア看護師資格を取得せずに日本に帰国しました。学士号(4年制)を取得しないとオーストラリア看護師資格を取れないからです。もう少し頑張る資金が足りなくなってしまったようです。

◆イギリスは看護師への待遇と賃金が安いためか、我友の中にはイギリスへの看護留学を試みた友はいない。

YouTubeカメナースちゃんねる

看護学生・看護・看護師・アメリカ看護・海外生活などに関するVLOG動画配信中

YouTubeカメナース・チャンネルのリンク

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事