公開 更新

3K仕事と言われてても看護師になって良かったと思うこと

看護師になってから、早くも10年以上になりました。看護師になって良かったと思うことは?何とよく聞かれることがあります。汚い、きつい、危険な仕事として3Kいや6K言われることもある看護師の仕事。私が個人的に看護師になって良かったと思うことを書いています。
by カメナース

人に感謝されることが多い

看護学校でも教わったように、看護師は人が精神的にも肉体的にも、そして社会的にも健康な状態になるように援助することが看護師のお仕事です。

私は、人が大好きです。人間観察も大好きです。更には刺激が大好きです。スターバックスでお茶をしている時、お買い物している時、どんな時でも人を観察している自分がいます。看護師には観察力がすごく必要だと思っています。病気の患者さんはみんな何かを悩んでいる、痛みが強かったり、気分がほんとにすぐれない患者さんなど色々な方がいらっしゃいます。

看護師として人として、その患者さん達を観察していると、その人が何を求めているかわかるようになってくる感じがします。痛みがある、気分が悪いときは、誰しもがわがままになってしまいますよね。そんな人間臭いわがままな部分も、新人の看護師の時は嫌だなと思っていましたが、看護師の経験を積んでいくと許容できるようになってきているなと思います。

誰かに優しくしてもらいたい、こころ細さを埋めてほしい、そんな患者さんに優しく、思いやりを持って接することができるようになっていく感覚が自分の中に産まれてることに徐々に気が付いてきています。すごくわがままな患者さんでさえ、ほんとのこの患者さんの本質ではない。痛みや気分不快、病気への不安がこの患者さんをそうさせていると思えるようになりました。

すごくわがままだった患者さんも退院時には「ありがとう」と感謝の言葉を残してくれます。そんな時が看護師をやっていて、ほんとに良かったと思える瞬間です。もちろん、看護師をしていると元気に退院していく患者さん達だけではありません。死亡退院の場合もあります。患者さんの家族は、悲しみの中、私達看護師に感謝の言葉を残してくれます。感謝の言葉を聞くことがなくても、私、カメナースは看護師という職業は「得を積み」をさせて頂いている職業であると思っています。

交代勤務なので、休みの調節をつけることができる

看護師をどんなところでやるかにもよりますが、(病院、クリニック、訪問看護etc看護師が働く場所はたくさんあります)通常、看護師はチームで仕事をします。チームワークが嫌いな人は、その点で看護師に向いていない場合があるかもしれない職場もあります。反対にチームワークを大切にできる人は、看護師に向いていると私は思ってます。なぜなら、お互いに助け合う精神で良い職場環境になるからです。「看護師の同僚に助けてもらったら、そのお返しをしたくなる」この精神をチームみんなが持っていることで、そのチームで仕事できることがほんとに心地よくなってきます。旅行などに行きたい、親戚や両親が具合が悪くなったりで、長期お休みを希望したい場合も、お互いに勤務の調整をつけることが可能になり、一般企業の会社員の方達が長期お休みをとらない時期でも、月のお休みと有給休暇を合わせて長期のお休みを頂いくことが可能となります。皆さんがお休みをとらない時期はオフシーズンで、旅行代金も通常よりお安くお得感を感じることができます。私、カメナースも1年に1-2回は、近場は、日本各地の温泉から遠くはヨーロッパ方面まで旅行へ。病棟勤務での最長連休は14日間いただきました。ありがとう、病棟のみんな。

資格職なので、再就職が容易である

アメリカの看護師免許は2-3年に一回、免許の更新が必要ですが、日本の看護師免許はご存知のとうり国家資格で永久免許になっています。一度、取得した看護師免許は、重大な犯罪などを犯さない限り終身保持されます。看護師以外の友人の再就職の経験談と比べると、看護師は国家資格免許保持しており、看護師は人手不足ということからも再就職がわりとスムーズだと感じています。しかし、こんな調査を発見しました。それは、日本看護協会から発表されているもの。「看護職の賃金に関する課題」の中に、「看護師の経験者の採用で充分な評価が行われていない場合、転職や再就職した際の賃金が低くなる。」といったものです。再就職する際は、自身の経験を十分にアピールする履歴書と補足資料(カバーレター)を用意して、納得のいく賃金の提示を求めるのが大切なのかなと感じました。

家族や友人、また自分の具合が悪い時の状況が判断でき、診察・治療を受けることができる

看護師は看護学校で耳鼻科、外科、内科、整形外科、小児科、産婦人科、精神科とすべての分野の勉強をしました。看護学校で修学後、国家試験を受けて看護師免許を取得した後に、自分はOOO科の看護師になりたいと就職先病院に希望を出します。なので、一応、人間の身体からこころまで、すべての知識を看護師の私たちは持っています。家族や友人、また自分の具合が悪い時には、「あ!この病気だ!」「このような応急対応をした方が良い」「一刻も早く診察を受けるべき」「今は夜中なので朝まで様子みて良さそう」など、おおよその判断ができます。さらには、これは私の経験ですが、日勤勤務をしていた時、自分が働いていた病院の食堂で食べた物で食中毒を起こしてしまい、深夜勤務に出勤する前から嘔吐、下痢と発熱が。都会で一人暮らしをしていたカメナースにとって、自分の具合が悪く、その時はほんとに心細かったです。そんな時に、看護師以外の同僚や看護師、先生などの気の知れた仲間が診察・治療を施してくれたことは、ほんとに心強く、嬉しい限りで、感謝でいっぱいの気持ちになりました。

看護師はモテちゃう?

医師、患者、検査技師、理学療法士、作業療法士、EM、機械や薬を病院へ届けにきているプロパーさん達などなど、看護師は常に人と関わって仕事をしています。患者さんとの出会いも含めると、看護師の職業は人との出会いが多いのは間違いないかと思います。出会いあれば、モテのチャンスですかね?付き合いたい、結婚したい職業に看護師が上位にきているのを度々見かけます。そのような内容をみて私が感じるのは、看護師をしている仲間は、基本的にみんな献身的で、優しい心の持ち主が多い気がします、これがモテに関係するのかな?と思ったりまします。これは私のだたの憶測です......

カメナースはYouTubeカメナースちゃんねるにて、看護学生・看護・看護師・アメリカ看護・海外生活などに関するVLOG配信中です

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事