サムネールはカメナースお気に入りのBrittany Fusonピンタレストフォロワー 14.5k
https://brittanyfuson.comの看護師のイラストレーションです。ポストカードなどの販売もされてます。
公開 更新

【アメリカ美容看護師になる方法】コスメとエステ看護師の違い

こんにちは!
日本看護師、アメリカ・ニューヨーク、カリフォルニア国際看護師、1級ネイリストのカメナースです。

久しぶりに
美容系の内容です!

コスメ科学、エステ、痩身ダイエット、アートメイク、代替医療、予防医療、美肌治療、薄毛治療、巻き爪治療、美容外科治療、審美歯科、長寿アンチエイジング医療など

さまざまな 美容系の医療分野で

看護師の需要が急上昇しています!

【アメリカ美容看護師になる方法】コスメとエステ看護師の違い

米国労働統計局(BLS)によると、美容看護師の雇用は2028年まで12%増加すると予想されています。

コロナ禍による巣ごもりの期間やマスク着用が義務付けられる期間を利用して美容施術や美容手術を検討している方や、
すでに施術済みの方もいらっしゃいます。

日本とアメリカの両国で美容看護師の経験があるカメナースは、アメリカ留学中の方や駐在中の方に、どこか良い美容外科知らない?と尋ねられることもよくあることです。

さて、美容大国・世界一はどこの国だと思いますか?

「日本のお隣の国、韓国が1位なのでは...?」
そう思った方もいるかもしれませんね。

韓国とアメリカでは
人口と経済規模が全く違います。
なんだかんだ言ってアメリカが一番なんですね!

世界ではどんな美容医療が人気?の記事で、世界順位をみて頂けます。
日本の順位も掲載していますので興味ある方は必見です!

ウィキペディアによると、アメリカの2019年の人口は下記の通りです。

2019年の人口推移

アメリカ合衆国
(United States of America)
335,624,927 
韓国
(Korea
)51,225,300
引用元:国の人口順リスト:ウィキペディア(Wikipedia)

美容大国と言われる韓国の約6倍もの人口があり、経済規模も世界一、さまざまな人種がそれぞれの個性を主張するアメリカ。

それもあってか世界で一番美容看護師が必要とされている国でもあるんです。

アメリカ美容看護

前置きはこのくらいにして、本題に入ります。

ちなみに余談ですが、本記事のサムネイルはカメナースお気に入りのBrittany Fuson
brittanyfuson.comの看護師のイラストレーションです。ポストカード、レシピカード、タンブラー、プランナーなどを販売をしています。

コスメ看護師とエステ看護師の違い

美容学会論文などで

コスメティック看護師(Cosmetic Nurse)
エステティック看護師(Aesthetic Nurse)

の単語を見かけますが、

この2つは同じです。
呼び方が違うだけです。

どちらも美容を専門にする看護師(ナース)です。

さらに看護師には2種類あり、

1つが准看護師です。
LPN(Licensed Practical Nurse)
または
LVN(Licensed Vocational Nurse)
のどちらかの英語名で呼ばれ、略語が使われることも多く、州によって呼ばれ方が異なる場合がありますね。

看護師(日本では正看護師ですね)は、どの州でもRN(Registered Nurse)です。
登録されている看護師という意味になります。

アメリカ美容国際看護師になる方法

医師・看護師・医療者のイラストレーション
Brittany Fuson

日本の看護師免許を持っている場合

日本で看護師の国試を合格した方がアメリカで看護師になるには、

NCLEX-RNと呼ばれる試験を受けて合格しなければいけません。

その後、アメリカで美容看護師として就職先を探し、働くためのビザ、または永住権を取得したら晴れて美容看護師デビューとなります。
アメリカで就職するには、4年制の大学を卒業した看護学士(BSN)を取得している方が探しやすくなることもありますが、看護短大の学位でもあきらめる必要はありません。アメリカは自由と移民の国です、あなたにとって良い方法はいくらでもあります。

BSNなど、アメリカ看護師の種類は、下記の記事を参照ください。

アメリカ看護師試験NCLEX-RN

日本の国試のようにアメリカにも国家試験があります。それが「NCLEX-RN」と呼ばれるテストです。

日本の看護師免許を持っている方の大半はCGFNSと呼ばれる機関へまず最初に申請します。

この時、日本で修了した学校の単位(教育を受けた時間数)などをチェックされ、申請が通れば、受験番号が届きます。
受験番号が届くまで、約半年〜1年の長い期間がかかります。
中には受験番号をもらうのに2年近く経っている方もいます。
(現在はコロナの影響もあり、通常より手続きが長引く可能性があると、アナウンスされてます)

NCLEX-RNテストの勉強は、下の本から始めるのが一番のおすすめです。

Saunders Comprehensive Review for the NCLEX-RN Examination, 8e

サンダース(Saunders)の本は、アメリカの大学の先生や、アメリカ人で看護師になった友人も薦める本で「NCLEX-RN試験対策用の本の中ではベストセラー」になっている本です。

日本のアマゾンでも買うことができるようになってます。

アマゾンで詳しく見てみる

アメリカに既に住んでいる人は、USAアマゾンから買った方が安いです。

USAアマゾンで詳しく見てみる

上のNCLEX教材がおすすめな理由は、勉強方法と合わせて下記の記事に書いてます。覗いてみて下さいね。

日本の看護師免許を持ってない場合

看護師免許を持ってない方は、まず免許をとりましょう。
アメリカに看護留学をして「NCLEX-RN」テストを受ける受験資格を獲得することもできますよ。

美容看護師の収入

美容看護師の給与は、州、市、雇用年数、保持している学位と資格、経験年数、雇用主によって大きく異なります。

ZipRecruiterの報告によると
美容看護師の平均年収は約90,142ドルです。
日本円にして約950万円ほどです。
(現在1ドル=約105円で計算)

ZipRecruiterとは

ZipRecruiterとは
カリフォルニア州、サンタモニカに本社があります。ラップトップを使わずに、アプリで簡単に求人を検索、履歴書アップロードができる!をうりにしています。求職者へは無料で求人のあれこれを提供している企業です。

アメリカ看護師の求人、ワクワクする求人がたくさんあると思います。ZipRecruiter、是非、チェックしてみてください。

ZipRecruiter

美容看護師、どこの場所が一番年収が高い?

ZipRecruiterの調査:トップ10

トップ10のうち、カリフォルニア州(CA)が7つランクインしています。トップ3もカリフォルニア州。

他の州では、トップ5にバージニア州(VA)の独立都市アレクサンドリア (Alexandria)。アメリカ合衆国の首都ワシントンD.Cに近いので、お金持ちがたくさん住んでいて美容にお金を使っているのかな...

アラスカ州(AK)が2つランクインしてます。

美容看護師、どこの場所が一番年収が高い:トップ10

他の美容に関わる職種の年収は?

ZipRecruiterの調査:トップ5

美容に関わる職種の年収はどの職種が一番?:トップ5

1位は、コスメティック・サージャン(Cosmetic Surgon)美容手術をする医師。

2位は、コスメティック・ダーマトロジスト(Cosmetic Dermatologist)美容皮膚科医。

3位に、リモートコスメティック・ダーマトロジスト(Remote Cosmetic Dermatologist)がランクイン。

アメリカ美容看護師の仕事内容は日本とは違うの?!

アメリカ美容看護師の仕事内容:求人・働く場所

アメリカ美容看護師の仕事内容は
働く場所により、ずいぶん違っています。

看護師が電話受付から、施術、手術介助、点滴の管理、術後・施術後患者ケアまでトータルケアをする職場もあれば

看護師は、美容手術の直接介助はせず、点滴や薬の管理、間接介助(外回り)のみをする場合もあります。

では、誰が手術の直接介助をするの?
准看護師、メディカルアシスタント(看護助手)、サージカルテクニシャン(外科技術者)が、美容外科医の介助をします。

日本では、准看護師が手術直接介助をすることはありますが、看護助手さんが手術の直接介助を担当することはないです。
日本の美容外科で勤務経験がある方は、びっくりするかもしれないですね。

「助手さんが直介してる!」
「アメリカは日本とずいぶん違いますね!」
先輩看護師へ思わず言っちゃいました。
そんな新人美容看護師の頃がなつかしいです。

アメリカでは看護助手さんの地位がしっかり登録され、仕事の内容も確立されています。

手術介助:サージカルテクニシャン:Surgical Technicianやサージカルアシスタント:Surgical Assistant
サージカルテクニシャン:Surgical Technicianやサージカルアシスタント:Surgical Assistant

サージカルテクニシャン:Surgical Technician(外科技術者)やサージカルアシスタント:Surgical Assistant(外科助手)の資格職は、「日本には存在していない資格」になります。

これらの日本にはない資格にも興味ある方もいると思うので、また別記事で紹介します。

美容施術の内容

  • 脱毛(Laser hair removal)
  • スキンケアトリートメント(Skincare treatments)
  • 光およびレーザー治療(Light and laser treatments)
  • ダーマブレーション(Dermabrasion)
  • ボトックス(Botox)
  • フィラー注入(Injections and fillers)
  • 豊胸手術(Breast Augmentation)
  • 脂肪吸引(Liposuction)
  • まぶたの手術(Eyelid Surgery)
  • 鼻形成術 (Rhinoplasty)

などの
美容施術で日本にあってアメリカにない施術はないと思います。

基礎化粧品、サプリメント、医薬品などの物販をする。コミッションのあるなしなども日本とほぼ同様です。

患者さまやお客様に大満足していただけるように、高級ホテルスタッフのような接客マナー・言葉遣い・カスタマーサービスのスキルが必要な職場もあります。

そのため
日本で

  • 美容外科看護師
  • 美容内科看護師
  • 美容皮膚科看護師

など、美容系の分野で仕事をした経験がかなり役に立ちます。もちろん就職先を探す際も有利になることが多いです。
秘書経験や接客業の経験も有利になります。
経験は私たち看護師の最大の武器です!

アメリカの国際美容看護師になりたい場合は

なる前に、一般病院での経験にプラスして日本語で美容知識(形成外科を含む)をつけておくと

言語を英語に置き換えるだけで、手技は日本で習得済みなので安心してアメリカで就職活動できるかと思います!

美容系の看護師は
看護大学、専門学校、一般病院では学習しなかったことを就職してから学ぶことが多くなりますので...

日本スキンケア協会公認
【スキンケアアドバイザー資格通信講座】

アメリカ美容看護師が活躍する職場の種類とは?

アメリカ美容看護師VS日本の美容看護師

アメリカ美容看護師は、日本の美容看護師よりも職場を選択できる幅が広い資格職です。

少しアメリカ美容看護師が活躍する職場の例をあげてみますね。

メッドスパ:Med Spas

メッドスパは、メディカルスパ(Medical spas)、メディスパ(Medi-spas)、医療ブティック(Medical boutique)、ウェルネスセンター(Wellness Center)など、いろいろな呼ばれ方をしています。

メディカルセンターとエステティックとデイスパを組み合わせた、ハイブリッドのようなものが多いです。

資格のある医師の監督の下で、非外科的なエステティック医療サービスを提供しています。体をより良く変えることができる高品質の医療処置を提供することに焦点を当てています。

近年は、男性にも人気が高まっています。

カメナース:アメリカ国際看護師による看護師応援サイト:メッドスパ:Med Spas

提供しているメニューは、メディカルスパによって異なりますが、

パーソナルケアトリートメントを通じて、健康、美容、リラクゼーションの向上を目的としたさまざまなサービスがあり、

にきび、肌の老化治療&予防、脱毛、注入、ケミカルピーリング、ダーマブレーションなど治療をはじめ、伝統的なデイスパのように、マッサージ、フェイシャルトリートメント、リラクゼーションメニューは、どこのメッドスパでも提供されています。

外科センター:Surgery Center

外科センター・サージェリーセンターは、日帰りで手術を提供しています。

日本の美容外科の場合、クリニック内に手術室を完備しているところが圧倒的に多いかと思います。

アメリカでは、何人かの異なるクリニックの美容外科医が1つの外科センターを使い患者さんに手術を提供していることもあります。もちろん、日本と同じように独自の手術室を持っているクリニックもあります。

アメリカに日本人の美容看護師の需要はあるのか?

日本人の美容看護師の需要

ニューヨーク州、カリフォルニア州、テキサス州など、アジア人が多く住んでいる地域では、他の地域より多くの日本人の美容看護師の需要があります。

日本、韓国、中国の美容クリニックや審美歯科がアメリカへ進出を始めているからです。

求人が公開されていなくても、看護師を必要としていることがあります。
アメリカ看護師免許取得後の就職アプローチは積極的に!
が筆者からのメッセージです。

日本の医師の手術手技の丁寧さ、日本人看護師の思いやりのある丁寧なケアもアメリカ国内で受け入れられています。

反対
ブラック・ライブズ・マター:BLM 黒人差別
中国発生の感染症が蔓延しアジア人差別
このような差別が一部である。
これもアメリカの現実です。

美容看護師!日本、ニューヨーク州、カリフォルニア州、ハワイ州の違いが凄い!

日本人看護師にも人気の3州
ニューヨーク州、カリフォルニア州、ハワイ州

ニューヨーク州の場合は
看護師資格がなくても医療用レーザー機器を使って脱毛、入れ墨を消す、美肌施術ができます。
カリフォルニア州、ハワイ州では資格が必要です。

日本の美容看護師とアメリカの美容看護師の大きな違い

アメリカの美容看護師は
ニューヨーク州、カリフォルニア州、ハワイ州でも
ボトックスや注入などの「インジェクション施術」を患者さんに提供しています。日本の美容看護師は、これらの施術を提供していません。
このことはアメリカと日本の美容看護の大きな違いです。

この違い
美容医療に関わりたい看護師さんの中にはワクワクする方もいるのではないでしょうか。

施術できる範囲が日本と比べ広いため、アメリカ美容看護師は美容業界で起業することも多いのです。

アメリカ美容看護師のスキル&年収アップ方法

美容看護師認定協会:PSNCB - Plastic Surgical Nursing Certification Board
PSNCB - Plastic Surgical Nursing Certification Board

美容看護師認定協会:PSNCB - Plastic Surgical Nursing Certification Board

エステティック/コスメティックナースは、PSNCBで認定を受けることができます。

認定を受けるためには、エステティック/コスメティックナースとして2年間の実務経験が必要です。

実務経験2年間の後に、PSNCB申請してテストを受けます。その他、申請に必要条件はPSNCBのホームページリンクより確認してくださいね。

認定テストの料金は395ドルです。PSNCBの年間会員になると100ドル認定テスト費用が安くなります。

PSNCBの他にも、美容看護師キャリア&スキルアップに役立つ組織があります。

  • 皮膚科看護師協会(Dermatology Nurses Association
  • 国際美容外科&コスメティック看護師協会(International Society of Plastic and Cosmetic Nurses
  • アメリカ美容医学&美容外科学会(The American Association of Aesthetic Medicine and Surgery

これらの組織や学会では、美容看護についてさらに学び、サティフィケートや会員証を取得することができます。

アメリカの美容看護学位パス

アメリカ看護師は、保持している看護学位と経験スキルにより年収がアップします。
アメリカ看護学位パスは下記になります。

看護学位パス

  • Diploma in Nursing
  • LPN Degree
  • LPN-to-RN
  • Associate Degree in Nursing (ADN/ASN)
  • LPN-to-BSN
  • Bachelor's Degree in Nursing (BS/BSN)
  • RN-to-BSN
  • Accelerated Bachelor's in Nursing Degree (BSN)
  • Master's of Science in Nursing (MSN)
  • RN-to-MSN
  • Doctor of Nursing (DNP)
  • Doctor of Nursing Science (DNSc, DNS or DSN)
  • Ph.D./Doctoral Nursing Degree

順次、記事をコラム形式でアップしていきます。
次回を楽しみにしてくださいね。

著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師 BRN、1級ネイリスト カメナース

医療者必見のハンドマッサージ方法|効能|オイルの種類

医療者必見のハンドマッサージ方法|効能|オイルの種類

看護師がハンドマッサージの施術できると、自分、同僚のため、そして患者さんをリラックスさせてあげることもできます。カメナースがハンドマッサージ施術手順、利点、注意点、アロマ、キャリアオイルとは?について医療用語を使いながら解説してます。

About Me

看護師応援サイト
カメナース
運営者情報
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。グローバル・エデュケーション・ニューヨーク、コロンビア大学留学後、NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の国家資格とスキルを身に付けておきたいと思い現在も進行形。さらに詳しく運営情報ページへどうぞ。

運営情報:詳細ページ

カメナース note

カメナースのノート

学位授与機構単位振り表ノート

亀ソーシャルメディア

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事

上へ