公開

日本美容外科学会
どうして同名で2団体あるの?

美容外科の看護師をしていた頃から、美容外科には何故、同名で2団体の学会があるのか気になっていました。そのことについて、2つの学会について調べて見てわかったことをまとめました。これから美容外科看護師を目指している看護師さん参考にして見てください。

1955年にストックホルムで第一回国際形成外科学会(ISAPS: International Society of Aesthetic Plastic Surgery)が開催され、これに刺激を受けて1958年に日本形成外科学会(JSPRS: Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery) が誕生し、形成外科・美容外科が浸透のきっかけとなったようです。

その後、日本美容外科学会という同名の団体誕生発足しました。一つは、英語名JSAPS: Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery、もう一つは、JSAS: Japan Society of Aesthetic Surgery。

学会とは?

看護師さんの中にも1度は学会に参加したことがある方も多いと思いますが、辞書に学会とは、それぞれの学問分野で、学術研究の進展・連絡などを目的として、研究者を中心に運営される団体のこと、またその集会と定義されています。

美容外科でいえば、同じ美容分野従事者が自分の研究発表をしたり、その研究成果を公聴したり、新しく考案した手術術式などを見学したり、新薬についての研究発表がなされたりの情報交換や情報収集の場となっています。

ではこの、JSAPSとJSASの2団体では、何がどう異なっているのでしょうか?

JSAPS:Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery

JSAPSは1977年(昭和52)に発足しているようです。

JSPRSに所属している医師は必ず形成外科研修をした上で美容外科診療科に携わっている医師が集まった団体で、このJSPRSの認定医になるには形成外科の認定医でなければならないとされています。

形成外科の認定医になるためには6年間の形成外科研修と認定医試験、70症例の手術レポートの提出が必要となっているようです。さらに、美容外科の認定医は、それに加えて3年の美容外科研修を受け、20症例のレポート提出が必要となっているようです。

そもそも形成外科とは?

形成外科では、肌の表面にできた傷痕(きずあと)をできるだけきれいに目立たなくしてもらえます。そのため、形成外科の医師は傷を丁寧に縫合する訓練を徹底的に行ってるようです。また、顔や身体の変形を修復して正常近づけるのも形成外科の医師の仕事です。例えば、事故で陥没した頬の骨を元のとうりに修復手術したり、骨折した鼻の骨を綺麗に元のとうりにしたり、ガンで切り取った乳房を作り直したりしてくれます。

私がもし美容外科手術をするならば、JSAPSに所属されていらっしゃる、形成外科で傷を綺麗に治す、専門技術を長い間修行して、その後に美容外科の外科研修を終了された美容外科医師に手術をお任せしたいと思っています。

JSAS:Japan Society of Aesthetic Surgery

JSASは形成外科以外の医師が美容外科診療科を行っている医師が所属する団体のようです。

医師国家試験合格者は、科によってはさらに後期研修期間が設けられている科もありますが、最低2年間の初期研修期間を希望の科にて研修し、その後にその科の正式な医師となられています。一般外科や麻酔科など、形成外科以外の分野で研修をされ医師になった方が、美容外科をされている場合はこちらの学会に参加されているようです。

これは、あくまで個人的考えなので、参考までに読んでください。もちろんJSASの学会に加入の医師にも腕の良い医師もいらっしゃいました。自分が勤めていた美容外科では、この医師はあの手術が上手い!やっぱりJSAPS所属なのね、と思うこともありました。JSAPS所属なんだけど、あの医師には手術してもらいたくないという医師もいました。自分が患者になることを想像すると、医師の手術手技をみることができない患者様が、どの医師が腕が良いのか見極めが難しいのは本当によくわかります。手先の器用さや美的センスも大切でしょうが美容手術は特に、見える部分も多い手術ですので失敗したら取り返しの効かないことになっちゃいますからね。

どちらの学会に所属してる医師なのかで美容外科を選ぶ目安になるのでは?

元に戻すのが完全には不可能な美容手術なだけに、美容外科手術をどの医師にしてもらうか決断するのは本当に難しいことと思います。

手術を受ける前に色々な医師のカウンセリングを受けて見て、この医師にお願いして見ようかなと候補に上がっている医師がJSAPS所属かJSAS所属か、どちらの学会に所属して進化する美容外科の知識や技術を切磋琢磨されているかということも、医師を選ぶ目安にされるのは良いのかなと思います。やりたい美容手術の内容によっては、JSAPS所属の医師の方が優れていたり、JSAS所属の医師の方が良かったりの可能性もあると思います。美容の分野で何年の経験年数がある医師なのかも選ぶ目安になると思います。その医師が過去に行った手術前後の写真が自分の好みにあるかも選ぶ目安になると思います。

私の個人的な考えでは、どちらの学会にも所属せず、古い知識のみの美容外科医師には、美容手術という重大決定を委ねることは絶対にできないですね。儲け主義すぎな考えで、カウンセリングに時間をかけてくれない医師も避けたいなと思います。

これから美容外科への就職を検討していらっしゃる看護師さんの場合は、就職先の医師はJSAPS所属かJSAS所属か、カウンセリングに時間をかけて丁寧に患者さまの希望を聞いている医師どうか、儲け主義すぎな考えのみで手術を進めたりする医師ではないかを一度、自身が美容手術を受けるつもりでカウンセリングに行ってみることをおすすめしたいです。医師によってはクレームが患者さまから多く寄せられて、そのクレームへの対処を看護師がする必要もあるので、就職前によく検討して楽しいやり甲斐のある職場を探してくださいね。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事