公開 更新

看護学校選び|どこ行こうか?どの病院に就職しよう?迷う学生さんへ
知らないと差がでる看護師のあれこれ

看護師を目指す学校へ行く前、看護師国家試験に合格後、病院へ就職を決める前に知っておいたほうが絶対に良いことまとめ。

知らないと看護師の格差に巻き込まれる可能性がアップ!

Youtube動画を視聴しながら、このブログ記事を読むと、よりわかり易いかなと思います。

YouTube・カメナースチャンネル

看護師が仕事をする職場の中には、

”私生活や労働環境の充実を大切にしてる職場”
”人の自己成長をしっかりサポートしてくれる職場”
”患者さんの安全第一にしていて安心な職場”
この3つの大切なこと全てに気を配っている職場もあります。

これから看護師になる、そんなこのブログを読んでいる方が目指す先は、充実した生活、安定の給与、やりがいと安心がある職場へ行くための看護学校と出会うことです。

私が、看護学校を選んだときは、看護大学は全国にわずか10校ほどしかありませんでした。しかし、今は看護大学の数も263校にまで増えました。

文部科学省|都道府県別看護大学数(H30)引用

おしくも看護大学に、行けなくても、看護師として働いて資金と知識を少し貯めてから、4年制大学卒業と同じ学位を通信で取れる制度も整っています。

日本の看護師国家試験に合格すると、アメリカナースの免許を取る受験資格も手に入ります。

しかし、もしも看護学校との出会いが悪いと日本の社会問題に、まんまと巻き込まれてしまうのです。

看護師が働く現在の日本の職場には、
医師不足、
看護師不足、
介護士不足、
少子化、超高齢化社会
問題があります。

”医療職者人手不足により急変があっても対応できる医師も看護師もいない”
”看護学校を卒業後、就職した先の病院の新人看護教育制度整っていない”
”ナースコールをすぐに取れる看護師がいない”
”患者さんをお待たせしすぎてクレームばかりの病院”

このような、ブラック病院と呼ばれそうな職場がある反面、

給与も安定、ボーナスも良い、休みもしっかりある、福利厚生もめちゃ良い、新人教育体制もしっかりしている、だから医師も看護師も定着率が高い職場もあるのです。

もちろん、人間の生死に関わる仕事なので大変なこともありますが、良い職場はブラックな野戦病院とは全く違います。

「どの看護大学、看護短大、看護専門学校、看護専攻科、5年制一貫看護教育どこに行こうかな?」
「どこの病院に就職しよう?」
など、
決定する前に、
私のYoutube動画で、まずは、どんな看護師の種類があって、どのような給与になっているのか知ってくださいね。そして看護学校選びの段階から間違いを犯してしまわないように吟味してください。

看護・医療系の国家資格をめざす人のための大学進学ガイド

看護になりたいと思ったら、看護学校を選ぶ前に、一度、大学病院や一般病院の求人募集要項を見てみよう

Youtube動画で、大学病院や一般病院と呼ばれている看護師の求人募集要項(看護師の求人広告/求人表)を見ながら、看護大学院、看護短大卒業、看護専門学校、4年制、3年制、2年制など各学校を卒業した場合の給与(給料)、昇給、賞与(ボーナス)、年収の差、休日(休暇)について比べています。

一般病院の求人広告の中には、
ブラック病院な気配のある求人募集も解説しています。
ブラックの感じ方には個人差もあるかと思いますので、
良いと思う情報だけ取り入れて、ゆるりとYoutube視聴して下さい。

大学病院の求人募集要項をみるメリットとは?

各卒業学校別の給与の差をみることができるところです。

看護大学院卒業と看護師4年制卒業の差は12810円
看護師4年制卒業と看護師3年制卒業の差は6190円
看護師3年制卒業と看護師2年制卒業の差は5830円
看護大学院卒業と看護師2年制卒業の差は24830円

看護師の仕事お休みの日数(年間休日数)は平均どのくらい?

世の中は4週8休制を取り入れているところが多くなってきていますが、大学病院は4週6休制の看護師のお休みを設定している大学病院の方がまだ多くお休みが少ないです。

年間休日が120日以下の職場はお休みが少ないと言われています。

有給休暇、慶弔休暇、産前・産後休暇、育児休暇、介護休暇、大学設立休暇など色々なお休みがあるので把握しておくと良いと思います。

看護師のお給与の総額は?

社会保険、介護保険、雇用保険など保険は毎月の給与から引かれるので手元にもらえる金額は全体の7-8割くらいになると思っていた方がいいです。

健康診断は無料でやってもらえるの?

夜勤をする看護師は年に2回の健康診断をするので自分の健康状態もチェックすることができます。

大学病院で働く看護師にとってのメリットやデメリットとは?

メリット
  • 新人教育制度が整っている。
  • たくさんの医療時従事者との出会いがある。
  • 頭の良い先輩が多い。
  • 重症の患者さんや難しい病気の患者さんの看護をする機会も多いから経験値が上がる
デメリット
  • 看護研究や勉強会、学会の準備などで、お休みを返上して取り組まないとならないこともあるので嫌だという方もいますが、自分の為になることも事実
  • 研修医師が採血や静脈点滴をすることが多いので看護師のそのスキルが上がらない

看護学校選びまとめ

これから看護師になる方がこれから進むロードは、充実した幸せな生活、安定の給与、やりがいと安心がある職場へ行くための看護学校を自分の「努力」と「先見の明」で探し出会うことです。

自分の希望にあったクリーンな看護学校を卒業して、
患者さんやそのご家族に、
いつも「ありがとう」の言葉をかけていただける、 やりがいのある職場で働きけますように。

GOOD LUCK TO ALL!

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事