公開 更新

日本で取得した学士号・修士号をアメリカで証明する方法

日本で取得した学位は審査が必要

当然のことですが、日本で取得した学士号・修士号をアメリカで証明するには、審査を受ける必要があります。

例えば、

  • アメリカナース免許をとった後に、日本で学士号へ学位をアップグレードしたとき

このようなときに、

日本でとった学位を審査してもらいます。

このような審査を受けるの面倒臭い、
そんな声もあるかと思います、

このような面倒を避けるためには、アメリカナース免許を取る前に、自分の学位を「学士号」へしておくことで、回避できます。

日本の看護師免許を持っていると、州によっては、英語でテストを受けるだけでアメリカナースの免許が取れます そのテストを受ける前の外国人看護師のための審査「CGFNS」と呼ばれている機関の審査 のみで「学士号」を持つ看護師と証明されるので。

学位証明に必要な物と注意点

  • 「学位授与証明書」英文
  • 「成績証明書」英文
  • 「証明書発行手数料」約$200前後

上記の各証明書は、直接のWORLD EDUCATION SERVICEやNACESのメンバーに加盟している、審査元へ発行機関から直接送付が推奨されています。

もし、直接送付ができない場合は、各証明書の封筒は全体に閉じられた状態で送る必要があります。(開封厳禁です!)

成績を見たい理由で、封筒を開けてしまわないように注意しましょう!

下は、各証明書を入れる封筒のサンプルです。
大学や証明書を発行機関の公印サインが入り、誰かが偽装したりしたものでないことを示すため厳重に、発行機関の責任で封筒を閉じてくれます。

WES引用

日本で取得の学位をアメリカで証明してくれるサービス

このサービスは、

看護師だけが利用するサービスはありません。
アメリカの大学や大学院に行く人も利用します。

45年以上、留学生や専門家が目標を達成できるよう資格の評価を支援しているサービス

WORLD EDUCATION SERVICE(WES)

30年以上に渡って、留学生や専門家の資格評価を支援保証しているNACESが、メンバーを紹介しています

National Association of Credential Evaluation Services (NACES)

手続きはオンラインでできます。

WORLD EDUCATION SERVICE(WES)の手続き方法を詳しく日本語で説明のブロガーさんの記事は見やすいです。
リンクを貼っておきます。
アメリカ留学生必見!World Education Services (WES) の使い方 

関連するQ&A

看護準学士(Associates Degree in Nursing:ADN)から看護学士(Bachelor of science in nursing:BSN)に変わった場合、州へ登録したり、新たな免許証みたいなのが発行されるわけではないですか?

おっしゃる通りです。
ADNからBSNに変わったからといって、州へ登録したりすることはなかったです。

看護準学士(Associates Degree in Nursing:ADN)から看護学士(Bachelor of science in nursing:BSN)に変わった場合、職場に英訳した卒業証書の提出必要ですか?

職場へ伝えたり、提出したほうが良いです。
給与が変わります。

ナースとして職場にはどのような物を提出するのでしょうか?

新規に就職する際は、
アメリカはオンラインにて、
各看護師の免許登録情報が確認できますので、
卒業証書や成績証明書の提出ではなく、
看護師免許番号と履歴書(BSNであることを記入)、
職歴書の提出、
州によっては指紋の提出になります。

日本の病院就職のように、看護師免許のコピーを持ってきてくださいは無いです。アメリカ看護師免許をコピー機で印刷しては駄目なので、気をつけてください。

その他、病院就職の際に、一次救命処置(Basic life support : BLS)の証明書が必要なところが多いです。

日本の大学学位を認めてもらえるか、アメリカでのBSNとして認めないなんて言われたりしないかな...というのが心配ですがどうでしょうか?

就職する病院や施設にもよるかもしれません。
しかし、今のところ「日本の大学の学位が認められなかった」ということは聞いたことがないです。

このブログを読んでくださっている方で、「認められなかった」方がいらっしゃいましたら、これからの方たちに役に立つと思いますので是非、詳しい情報を添えて教えてください。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事