公開 更新

【アメリカ看護師NCLEX-RN】合格後に必要な手続き

【アメリカ看護師NCLEX-RN】合格後に必要な手続き

こんにちはカメナースです。

アメリカ看護師試験NCLEX-RNに合格して、ひと休みしたいけど、それもつかのま....

合格したのに、まだ手続きがあるの?

はいあります。もう少しだけ手続きがあります。

ニューヨーク州では、感染管理(インフェクションコントロール)の証明書(サティフィケート)を取得する必要があるんです。

ニューヨーク州看護師ボードへ登録する

ニューヨーク州の場合は、NYSED(New York State Education Department:ニューヨーク州のRN免許を管轄する機関)に自分の情報を登録します。

現在の料金は$ 143です。
制限付き許可の料金は35ドルです。
(料金は、記事をみている時期により変更になることがあります)

ニューヨーク州看護師ボードへ登録
CGFNSで審査した場合は、審査された私が提出した書類や情報は、自動的にCGFNSがNYSEDへ転送してくれました。
CGFNSへ提出した看護学校の単位証明書や日本の看護師免許などは『提出する必要なし』で便利です。
しかし、自分自身でやることがあります。

それは、ニューヨーク州の場合は、『インフェクションコントロール・サティフィケート』を提出することです。

インフェクションコントロール・サティフィケートをNYSEDへ提出し終わると、『ニューヨーク州看護師免許が交付』されます。

子供に関わる仕事をする場合は、チャイルドアビュースのサティフィケートの提出も必要です。

ちなみに、カリフォルニア州の場合は、インフェクションコントロール・サティフィケートやチャイルドアビュースのサティフィケートはいりません。そのかわり、『指紋の提出』が必要です。

NCLEX-RN試験合格
インフェクションコントロール・サティフィケートを提出した後、
ニューヨーク州ナーシングボード(Board of Registered Nursing)から発行される看護師免許(RN:Registered Nurse license)は、日本の看護師免許と同じようなの大きな賞状タイプです。

アメリカ看護免許カメナース
アメリカ・ニューヨーク州看護師RN免許・賞状タイプ

インフェクションコントロール講義終了証明書(Infection Control Certificate)

ニューヨーク州では、ニューヨーク看護師協会(Board of Registered Nursing)が、インフェクションコントロール証明書(サティフィケート)の提出を医療従事者に求めています。

医師、看護師、歯科医、歯科衛生士、歯科医など医療関係の仕事をする者は、インフェクションコントロール(感染管理)の講義、または試験を受け、証明書を提出する必要があります。

開催場所や時期の都合が合えば、看護シンポジウムを利用すると「無料」で証明書をとることができます。

Googleで「Infection control certificate」「Nursing Symposium」で検索してみてください。

私は、マディソン・スクエア・ガーデンで行われた、看護シンポジウムへ行き、証明書を取りました。

マディソン・スクエア・ガーデンで行われた、看護シンポジウムについては、下記の記事にまとめてあります。

開催場所や時期の都合が合わない、そんな時はオンラインコースもあるので利用できます。

オンラインコースは、いつでもどこでもできるので便利ですが、有料です。

新規にNCLEX-RN試験に合格した看護師はもちろん、インフェクションコントロール証明書は、ニューヨーク州看護師免許の更新ごとに提出する必要があります。

ニューヨーク州看護師プロフェッショナルフォトIDカードを作る
(Professional Photo Identification)

クレジットカードの大きさの「ニューヨーク州看護師免許証」を発行してもらいたい場合は、DMV(Department of Motor Vehicles:日本で言えば運転免許センター)に申請が必要です。

費用は2017年の時点で$30です。
(費用は、記事をみている時期により変更になることがあります)

プロフェッショナルフォトIDカードには、名前、職業、ライセンス番号、署名、DMV識別番号、ライセンス登録有効期限が記載されています。

このカードは携帯するのに便利です。

ニューヨーク州でのプロフェッショナルフォトIDカードの申請は下記からできます。
New York State Professional Photo Identification (ID) Programオンラインページ

プロフェッショナルフォトIDカードは、病院へ就職の時に必要なかったので、申請しなくても大丈夫!わざわざ作る必要はなしです。

ただ、大きな紙のアメリカ看護師免許は携帯するには不向きなので、プロフェッショナルフォトIDカードを作りました。
善きサマリア人の法(Good Samaritan law)って、何か知ってますか?
何か知らないよ...
そんな方は、
看護師として知っておいた方が良いことなので調べてみてくださいね。

ニューヨーク州のアメリカ看護師(RN)免許更新手続き 

ニューヨーク州のアメリカ看護師(RN)免許更新手続き 

日本の看護師免許は更新手続きないです。しかしアメリカの看護師免許は取得後、ある一定期間ごとに更新手続きをしなければいけません。私のニューヨーク州看護師免許更新の覚書です。これから更新の方は何か役に立ててください!

余談
カリフォルニア州は、賞状タイプ看護師免許が先に送られてきて、その後、申請しなくても、自動的にクレジットカード型の大きさの免許も送られてきます。

アメリカ・カリフォルニア州看護師免許カードタイプ・カメナース
アメリカ・カリフォルニア州看護師免許カードタイプ

追記
カリフォルニア州は2017年の免許更新からクレジットカード型の配布が中止になりました。

さあ、ここまできたら次はいよいよ就職活動です。次の記事ではアメリカ看護師の就活について解説しています。

著者:日本看護師、アメリカ・ニューヨーク州、カリフォルニア州国際看護師、1級ネイリスト、投資家 カメナース

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

完全ロードマップCGFNSとは?
なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師おすすめ教材
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事