公開

アメリカで流行ってる新しい月経・生理用品
看護師は知ってた方が安心かも

アメリカの月経・生理用品にも日本と同じように月経・生理用ナプキン、タンポンなど色々な種類がありますが、ここ数年アメリカではナプキン、タンポンにとってかわる月経・生理用品を使用する人が続々と増えています。それは、月経カップとナプキンもタンポンも月経カップも必要ない月経用ショーツ。

日本では月経・生理用ナプキンを使用している人が一番多く、温泉旅行やプール、海へ行く場合に運悪く月経・生理になってしまった場合のみタンポンを使うといった人が一番多いと調査されていました。

何故?
一番面倒で、月経血が漏れて嫌な思いもする、月経・生理用ナプキンを使う人が多いのかな?
その理由は様々なようです。

  • 日本人は女子は耐えるのに慣れている、耐えることを美徳と感じている

  • タンポンなど膣の中に挿入する物を怖いものと思ってしまう傾向がある

  • 毎月、膣の中に挿入する物を使うと膣がゆるゆるになるかもしれないと心配してる

  • 生理やセックスなど女性の性に関して閉鎖的な日本の環境が影響している

  • 昔からある物を使い続けるコンサバ的な人が多く、新しく便利な物の情報を取り入れない

その他にも色々な理由で、
月経・生理用ナプキン+タンポン使用派が多い様子です。

SNSやネットの情報や新しいものを取り入れることへのハードルが下がっている日本の若いイケイケ女子達は徐々にアメリカ開発される便利で快適なものを月経・生理の期間にも流行の服やメイクを取り入れるように取り入れているようです。

そこで看護師としては、これから月経・生理が始まる(初潮)を迎える思春期の女子達へ月経・生理についての正しい知識と共に、月経・生理期間に使うことが可能な月経・生理用品の選択肢についても新しい知識を持ち合わせていることが必要かと思いました。

月経カップとは・特徴は?
What is menstruation cup?

月経カップとは、ナプキン、タンポンに替わる生理用品で生理カップとも呼ばれることもある商品があります。
アメリカでは英語でMenstrual cup(メンストルラル・カップ)と言われていて、天然ゴム、医療用シリコーン素材で作られた鈴(ベル)状の形のカップをタンポンと同じように膣の中に入れて使用します。

月経カップは随分昔に開発されていたようですが、天然ゴムの質が昔はよくなかった為にアメリカの女子にも流行ることはなかったようです。しかし昨今の天然ゴム、医療用シリコーン素材の質の向上によって、流行に敏感で嫌なことを我慢したくない女子の間で流行り始めるとその勢いは徐々に日本の流行敏感女子にも広まっていっています。

アメリカでは、アメリカ食品医薬品局(アメリカしょくひんいやくひんきょく、Food and Drug Administration; FDA)で認可された、さまざまな種類月経カップブランドの商品がたくさん販売されています。

日本では現在のところ、
アメリカから輸入され販売されている2つのブランドと日本で生産されている1つのブランドが販売されています。アメリカでの流行を見てみると今後、日本の月経・生理用品メーカーブランドがこぞって月経カップの開発販売を始める可能性が高いので看護師は正しい使用方法を知っておく必要がますます高くなるのかと思います。

アメリカ看護師免許取得(NCLEX-RNを受験)を目指している看護師さんの場合は特に、アメリカのティーンエージャーから使用する月経・生理用品に関することは知っている必要かと思います。

月経カップが流行る理由
Why menstruation cups are in fashion

  • 膣の中で月経・生理の時にでる血(経血)をキャッチするため、月経・生理ナプキンのような蒸れやかぶれが発生することが無い

  • 膣の中で月経・生理の時にでる血(経血)をキャッチするため、不快な臭いが無い

  • 最大12時間連続使用が可能なので月経・生理ナプキン、タンポンを取り替えるような頻度で取り替えなくて大丈夫なので面倒でない

  • 月経カップのサイズをしっかり自分の膣サイズに合ったサイズを選ぶことで、パンティー、ショーツ、パンツを汚す心配がない

  • 膣の中で月経・生理の時にでる血(経血)の量や色をカップにたまった状態で見れるので子宮の健康を知ることができる

  • 繰り返し使えるので、お財布にやさしい(経済的)&エコフレンドリーだから

看護師が知っておくべき
月経カップの正しい使い方説明

  • 月経カップ使用前後は必ず石鹸で手を洗うよう説明する

  • ラテックスアレルギーがある女子には天然ゴム製の月経カップを使用しないように説明する。

  • 月経カップは月経・生理の前に必ず煮沸消毒、または専用の洗浄液で洗ったものを使うように説明する

  • 月経カップを必ず1日1回は流水で洗浄するよう説明する

  • 最大時間の12時間以上は月経カップを入れたままにしないように説明する

  • 月経カップを膣へ挿入する時の月経カップのたたみ方を指導する
    (シーボールドC FOLD/ セブン・フォールドSEVEN FOLD/パンチ・ダウンPUNCH-DOWN FOLD)
    Youtubeカメナースチャンネルで月経カップのたたみ方の実際を動画にしています。

  • 月経カップを取り出す時、爪で膣内を傷つける危険があるので、鈴状カップのおしり部分(ステムと呼ばれている部分)をゆっくり引っ張り、勢いよく無理に取り出さないように説明する

  • 月経カップに溜まってる血液(経血)の正常な量と経血の正常について説明する
    (1回の経血量:20−140ml(平均60ml)日本産科婦人科学会)
    アメリカの学会でも表示の仕方が異なってましたが1回の経血量に大きな差はありませんでした。

  • トイレ個室内に月経カップを洗う流水が無い場合は、ペットボトルなどに水を用意しておくと便利であることを説明

ナプキン/タンポン/月経カップ必要ない生理ショーツ
シンクス&エヴァウェア

繰り返し使える経血を吸収するサニタリーショーツがアメリカでは次々と開発販売されて流行している。経血を直接ショーツ吸収する、でもオムツをはいているようなゴワゴワ、モコモコな感覚は全く無くて、見た目やはき心地はいつものショーツと変わらない。
ショーツの形も色々な形から選べる。
ビキニ、ヒップハンガー、ブリーフ、ボーイショーツ、ハイウエストなど。

もうナプキンは要らない?NY生まれの生理用ショーツのキャッチフレーズで日本でもお馴染みになっているTHINX(シンクス)やアメリカ・カリフォルニア生まれの超吸収型サニタリーショーツAniganアニガン(エヴァウェア)など色々なブランドメーカーがあります。

今のところ、
ナプキンもタンポンも月経カップも必要ない月経用ショーツは日本製のブランドは無く、 日本で欲しい場合は、アメリカから輸入している物をアマゾンジャパン内から購入するしかないようです。
アメリカのTHINX(シンクス)やAnigan (アニガン)のEvaWear (エヴァウェア)アメリカ価格$24.95のブランドショッピングサイトから個人輸入の形で購入。

Anigan (アニガン)のEvaWear (エヴァウェア)のブランドインフォメーション

アメリカ・カリフォルニア州に本拠を置く月経・生理製品販売会社。すべての女性がフェミニンな製品を使って快適で心配のない月経期間を過ごして欲しいと月経カップやナプキンもタンポンも月経カップも必要ない月経用エヴァウェアショーツや月経痛やひどいけいれんを軽くするハート型の可愛いヒートパッドなどを開発販売してる。アニガンは、女性が自宅だけでなく社会でも重要な役割を果たしている現代の女性の夢をもっともっと追求して欲しいとしているようです。

エヴァウェア:
素材&製品構成: ナイロン85%、スパンデックス15%/内側の防水布:コットン95%、スパンデックス5% 最大でタンポン約2本分(20ml)の経血量を吸収。
スタイリッシュで、生地がやわらかく優れた通気性があり、履き心地も快適。経血量に応じて、布ナプキンの代わりにもなりますし、月経カップのバックアップとしても使用。
経血量が多い日には布ナプキン、月経カップと併用し、バックアップとしてエヴァウェアを着用。特に絶対漏れたくない旅行期間や生理が始まりそうな日にもおすすめ商品。産後や更年期の経血量増加時や軽い尿漏れが心配な人も使ってるみたいです。

シンクスとは違って、パディングが前後に伸びている。洗濯もエヴァウェアの方がすぐに経血を洗い流せる感じがするかな。シンクスの良いところは、なんと言っても繰り返し使える経血を吸収するショーツをこの世に初めて出したブランドでアフリカの月経・生理用品を買うことができない思春期の女性に貢献していることろかと私は感じています。

About Me

看護師ブログ
カメナース
プロフィール
Kame Nurse, BSN, RN
Japan
New York State
California state

北海道生まれ。九州と中部の看護学校を卒業後、准看護師 → 看護師免許を取得。看護奨学金を返済後に上京する。看護が好きすぎて、ほぼずっと2つ3つの病院をかけもちしながら働いてました。その後ニューヨークへ渡米。NCLEX-RN試験に合格。ニューヨーク州国際看護師 New York State Registered Nurse になる。その後、ライセンスをCalifornia State, RNにエンドース。外科、内科、循環器外科、集中治療室、整形外科、耳鼻咽喉科、訪問看護、在宅看護、夜勤専門看護師、オペ室、ファミリープラクティス、美容外科、美容皮膚科、メディカル・スパの診療科に勤務。看護師になりたいと思ったきっかけは幼少のころから父の転勤が多かったこと。どこに住んでも活かせる絶対安定の資格とスキルを身に付けておきたいと思い、現在進行中。さらに詳しくという方は詳細ページへどうぞ。

プロフィール詳細

カメナース note

CGFNS私の提出書類 note

学位授与機構単位振り分 note

亀ソーシャルメディア
フォローはこちらから

アメリカ看護師

なるには?種類いろいろ
ニューヨーク看護師勉強方法
カリフォルニア看護師難易度
ハワイ看護師服装って?
海外で看護師仕事内容は?
高収入・麻酔科看護師求人・就職

日本看護師

なるには?看護師の服装って?
看護学生の休み仕事満足?
看護実習のコツ求人・就職
国家試験難易度年収

CGFNS

学位授与機構(通信大学)

カテゴリー

サイト内検索

人気の記事

ピックアップ記事